ポラロイド写真
  • 京都マラソン2013

回り込み解除

回り込み解除

こんばんは。


そういえば、先日何やら大きな封筒が届いてた。
中身はこちら。





もうあれから1ヶ月以上経つ。
未だにコース上で見た風景の数々は、鮮明に思い出すことができる。
仁和寺の僧侶、狐坂の急な登り、お洒落な北山通り、雨模様の賀茂川…。


特にはっきり覚えているのが立命館大学前での『強風で乱れ飛ぶ紙コップ』www
たぶんこれからも走るごとにいろんな光景を
記憶の中に刻み込むことができるのだろう。
そう考えるとワクワクする。


ちなみにオールスポーツさんのHPで公開されている写真も見たが
どの写真を見ても圧倒的に躍動感がない。
とぼとぼ歩いてるようにしか見えない。
何でかなあ??
自分のイメージでは激走しているはずなのに
うーん、やっぱ体のフォルムのせいなんやろなあ…




↓↓↓ クリックお願いしまーす ↓↓↓



にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。



今日は京都マラソン後の初RUNでした。
90分LSD。12㌔強をゆっくりと。
万博外周はいい天気で気持ちよく走れました。
おかげさまで特に故障もないようで
順調にリカバリーしているようです。

〈万博外周〉





さて、京都マラソンレポです。

前回記事までで一応レポは終了ですが
最後に気の付いたことを五月雨式に書き記して
締め括りとさせていただきます。


〈京都マラソン2013ラップ表〉


地点名スプリット
(ネットタイム)
ラップ通過時間
5km00:50:06
(0:38:41)
0:38:419:20:05
10km01:26:32
(1:15:07)
0:36:269:56:31
15km02:02:54
(1:51:29)
0:36:2210:32:53
20km02:40:23
(2:28:58)
0:37:2911:10:22
中間点02:48:22
(2:36:57)
0:07:5911:18:21
25km03:18:02
(3:06:37)
0:29:4011:48:01
30km03:54:17
(3:42:52)
0:36:1512:24:16
35km04:29:38
(4:18:13)
0:35:2112:59:37
40km05:08:05
(4:56:40)
0:38:2713:38:04
Finish05:24:56
(5:13:31)
0:16:5113:54:55




ラップ表を見て、ペース配分がバッチリだったことを
あらためて認識した。
特にベストラップが30㌔を過ぎてから、ということが
それを如実に物語っている。

また、過去2回のフルマラソンでは歩きを織り交ぜての完走ゆえ
完走後のダメージはさほどではなかったが
今回は脚から二の腕から全身に至るまで、ものすごい筋肉痛。
おまけに内蔵にも疲労感があり、
これがフルマラソンのダメージなんだと実感した。
ただ不思議なもので、レース中はさほど痛みは感じなかったのは
アドレナリンの成せる業なのだろう。
また、心配していた痙攣は芍薬甘湯草の効果からか問題なし。
あと、体重は結局出走時91kg(ゴール後88kg)と
前回出走時と比べて大して減らなかったが、
膝腰などの故障が全くなかった点は感謝せねばなるまい。



京都のコースは試走時に
① 狭い
② 折り返しが多い
③ 坂が多い
という特徴を持つ難コースだという印象を持ったが

① 狭い ⇒ 声援が近く力になる
② 折り返しが多い ⇒ 先行するランナーとすれ違い力になる
③ 坂が多い ⇒ 何故か坂は苦にならなかった
とすべていい方に転がった。

途中からの雨・強風・気温低下と厳しいコンディションとなりましたが
多くの皆様の応援とボランティア・関係者のご尽力により
楽しく走ることができたことを感謝して
京都マラソンの締め括りにしたいと思います。

本当にありがとうございました。







うわ、明日からのネタがない…(  ̄▽ ̄)




↓↓↓ クリックお願いしまーす ↓↓↓



にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。

京都マラソン2013レポート、一応最終回です。


前回・前々回記事と同様のご案内ですが
覚えている限りの心の声を忠実に反映しているので、相当読みづらいとは思います。
また冗長でもありますが、記念に残したいのでご容赦ください。
なお、タイムはランナーズアップデートの速報タイムです。




20㌔を過ぎ、北山通りに入って中間点通過。
北山通りからは折り返しが続くので先行しているランナーとすれ違う。
頑張っているランナーとすれ違うたびに、自分もやるぞと思う。
宝ヶ池を左折するといよいよコース上最難関の狐坂登場。
ゆっくりでもいいので歩かないように走り続ける。
某ランニングクラブの試走会で教えてもらった上り坂の走り方がここで生きる。


700メートルほど上ると平坦になりトンネル。
確かこのトンネルの中で先行する5時間半のペースメーカーとすれ違った。
グロス5時間半ということは、ネット5時間10分台…。
よーーーし、何としても彼らを抜こうと心に誓う。


トンネルを向けると最初の折り返し、京都国際会館。
ここでも応援がスゴイ。
折り返してもっかいトンネルくぐると下り坂。
ここで脚を使ってしまわないようにストライドを狭めて慎重に進む。
ここまで給水所で立ち止まる以外は全く歩いていない。
何せ、練習を含めてもハーフ以上の距離を走り続けたことがないへっぽこランナーのワタクシ。
もはや未知との遭遇(古




25㌔通過 グロス3時間18分02秒・ネット3時間06分37秒
⇒直近5㌔ラップタイム:37分39秒





北山通りまで戻り、次の折り返しへ。
試走の時は多数あるチャペルで結婚式が行われ、花嫁さんがたくさんいた。
でも今日はマラソンだからか、はたまた悪天候だからか本日は一組も見ず。
30㌔までは我慢だぞ、と言い聞かせながら走り続け、ついに京都コンサートホール前30㌔。
レース前は30㌔を4時間以内で走ったことがなかったため、
30㌔の関門を越えることができるかどうかが大きなヤマだと思っていた
(関門、スタートロス20分差引後4時間3分)が、ぜんぜん余裕で通過。
びっくり。




30㌔通過 グロス3時間54分17秒・ネット3時間42分52秒
⇒直近5㌔ラップタイム:36分15秒






京都府立大学応援団の応援に再び鳥肌&涙目。
切れ目なく続く沿道の応援のおかげか、30㌔を過ぎても脚は全く衰える様子なし。
スーパーアドレナリンが出ているに違いない。
30㌔を過ぎたので、もはや抑える必要はない。
行けるところまで行け、とペースアップ(したつもり)。


左に曲がって再び賀茂川沿い。しばらく行くと河川敷に降りる。
このあたりでは雨も降りしきり、相当シビアなコンディションだったが
ノリに乗ってるワタクシ、どんどんペースアップ。
河川敷の足元を心配していたがどうやら大丈夫そう。
頭にスライムのぬいぐるみを乗っけたやたらハイテンションな男女3人組に引っ張ってもらい快走。



そこへ見たことある顔が。
なんと試走の際にお世話になった某ランニングクラブのコーチが2名。
向こうもワタクシに気が付いたようで、なぜか驚いた様子で声をかけてくれる。
あれはおそらく、ここまで走ってこれるとは思ってなかったに違いない。
本日、走っている最中に見つけることができた知り合いは結局この2名のみでした。


そして賀茂川河川敷でついに5時間半のペースメーカーを抜いた!!
このまま粘れば目標を大きく上回る5時間10分台。
粘れ粘れ。




35㌔通過 グロス4時間29分38秒・ネット4時間18分13秒
⇒直近5㌔ラップタイム:35分21秒…本日のベストラップ






35㌔を過ぎ、河川敷に別れを告げ川端通りを北上。
さすがにキツクなってきた。このへんでスライム軍団に引き離され始める。
ここまで5㌔近く引っ張ってくれてありがとう。



左折して京都大学。そして本当に最後の難関、今出川通りのだらだら上り坂。
試走の際もここは要注意、と思ったところ。
脚は非常に重いけど、ここでも試走の成果が。
対面に天下一品が見えたら折り返しが近いことを覚えていたので、ひたすら天一を探して脚を懸命に動かす。
…あった!! 


ほどなくして折り返し。これでキツかった上り坂は本当におしまい。
あとは折り返して下り。残り4㌔を切っている。
京大前を通過。ここも学生さんの応援がすごいすごい。そして40㌔地点通過。




40㌔通過 グロス5時間08分05秒・ネット4時間56分40秒
⇒直近5㌔ラップタイム:38分27秒






ラスト2㌔を切り、もうすぐこのマラソンも終わりかと思うとだんだんさみしさがこみ上げてきた。
東大路通りから丸太町通りに入り、岡崎通りへ。
グリル小宝の行列は相変わらずすごいなあ、などど横目で見ながら最後の折り返し。
二回左折すると向こうに大鳥居が見え、その手前にフィニッシュ地点が。
最後の力を振り絞って…ゴール!!!




FINISH グロス5時間24分56秒・ネット5時間13分31秒
⇒直近2.195㌔ラップタイム:16分51秒







結局最後までペースを落とさずに走り切ることができた。
というか、フルマラソン3回目にして初めて歩かずに走り切ることができたのは
相当うれしい。
ゴールしてからフィニッシャーズタオルをかけてもらい、念願の完走メダルを手にした。
寒さで手が凍えて、もらったドリンクのふたが開けられず、
ボランティアの方に開けてもらうぐらい厳しいコンディションになったが、
自分としては精一杯走ることができ、満足感で満たされていた。


と同時に、



次はサブ5!!



などと思い、完全にハマってしまっているのであった。。。



ちなみに、ゴールで待っているはずの嫁は、ワタクシの失速を当て込んで
みやこめっせの食べ物屋行列に並んでいたため
ゴールの瞬間は見てないそうな( ̄ー ̄)
アホか…。




もっかいまとめ記事書いて
京都マラソン関係は完結の予定です♪




↓↓↓ クリックお願いしまーす ↓↓↓



にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。


前回に引き続き
京都マラソン2013レポート、2回目です。


前回記事同様のご案内ですが
覚えている限りの心の声を忠実に反映しているので、相当読みづらいとは思います。
また冗長でもありますが、記念に残したいのでご容赦ください。
なお、タイムはランナーズアップデートの速報タイムです。



いよいよスタートした京都マラソン2013。
競技場を出るとたくさんの応援と勇壮な和太鼓の音が鳴り響く。


これまで淀川河川敷のマラソンしか走ったことのないワタクシ、その雰囲気にいきなり圧倒され、全身鳥肌。
感動で既に涙目。早いっちゅうねん。
感動と興奮で思わずハイペースで走っていることに気が付き、すぐにペースダウン。
その後の数キロは時計を十分にチェックしながら走る。


スタート直後の光華学園や京都外大の前では、学生さんが盛大に応援してくれている。
一般の方々もたくさん手を振り、ファイト、がんばれと声をかけてくださる。
これがどこまで続くんやろ、すごいなあと感動しっぱなし。


桂川に出る手前でもっかいWBCじゃなくってWCターイム。
桂川に出るとこらへんで友人が応援してくれているはずなのだが、全く見つけることができない。
結局、何人か応援に出てくれていた友人・知り合いは後程出てくる一組を除いて全く発見できませんでした。
試走の時は桂川に出ると向かい風がすごかったのだが、今日は大勢の人と一緒に走っているうえに気温も高い(このときは、ですが)のでさほど気にならない。
とか言ってるうちに最初の給水。
その後5㌔地点を通過しほどなくして第一関門。



5㌔通過 グロス50分06秒・ネット38分41秒



ここまでは早すぎず、遅すぎず、順調なペース。
一応事前に作成したペース表を確認。
スタートタイムロスも11分半ぐらいと想定の20分よりは大幅短縮。ラッキー。


第一関門を過ぎると嵐山の跨線橋。ここは試走では走れなかったところ。
最初の目立ったアップダウンだったが快調に進む。
まだまだこれから、じっくり行こうと思いながらしばらく行くと左手に広沢池。この近所の給水所で安田大サーカスの団長に遭遇。ハイタッチやボランティアの皆さんと記念撮影している。うーむ、芸人やるなあ。


そうこうするうちに上り坂が。いよいよ最初の難関に差し掛かる。
ただ事前の試走が奏功し、後どの程度上れば坂が終わるかがわかっているので、心理的にはさほど堪えない。むしろ『もう少し、もう少し』と思いながら上れるので前向きにペースが作れる。
とか言ってるうちに早くも10㌔。



10㌔通過 グロス1時間26分32秒・グロス1時間15分7秒
⇒直近5㌔のラップタイム:36分26秒




一旦坂を上り切ると仁和寺へ。
ホームページにも掲載されていた僧侶がずらっと並ぶ応援は壮観。またもや鳥肌。
仁和寺を過ぎてもアップダウンは続くものの、一度走った経験は大きい。


ところが、ここから京都の空はランナーを苛めだす。
立命館大学前に到着する頃に大粒の雨が振り強風が吹く。
給水所のドリンクが入った紙コップが向かい風に乗って舞い上がり、こちらに向かって乱れ飛ぶ。
規制のためのコーンが吹っ飛ばされ、走路を区切るためのテープもぐじゃぐじゃ。
必死で修復に走るボランティアの皆様方には、ホントに頭が下がりました。
この場を借りて御礼申し上げます。


この後、何回か雨は止んだり降ったりを繰り返す。
雨自体はそれほど苦にはならなかったものの、気温の低下には参った。
服装は完全に選択ミスで当初予定通りのレイヤースタイルにしておくんだった。


西大路通りに入ると立命館大学の応援団がエールを送ってくれている。
大学時代にブラバンに所属し応援団とも一緒に活動していたワタクシ、この手の応援にはめっぽう弱い。
この日何度目かの鳥肌と涙目。
西大路通りの秘かなだらだら坂も、試走の時に比べると全然楽勝。
体は冷えつつあったものの、順調なペースを刻む。
この辺になると大幅なペースダウンさえしなければ関門通過も大丈夫な感じ。
ただ、淀川寛平の時のように後半の大幅な失速は避けなければならないので、早すぎないように注意しながら進む。



15㌔通過 グロス2時間02分54秒・ネット1時間51分29秒
⇒直近5㌔ラップタイム:36分22秒





15㌔地点や今宮神社を過ぎ、少し北上してから右に曲がると賀茂川沿い。
北上する際は向かい風で沿道のおっちゃんが『今は向かい風やけど、帰りは追い風やでえ~』と声をかけてくれる。


そういえば、沿道でプラカードを持って応援してくださる方も多く、定番の『足が痛いのは気のせい』も多く見られたが、
時節柄多かったのは『いつ走るの?今でしょ!!』。
林先生恐るべし。


西賀茂橋を渡って今度は南下。さっきのおっちゃんの言うとおり、帰りは追い風…と思いきや、なぜか向かい風。謎。周囲のランナーが『さっきのおっさん、ウソつきやんけ~』とぼやく。
ぼやきながらやってきました20㌔。




20㌔通過 グロス2時間40分23秒・ネット2時間28分58秒
⇒直近5㌔ラップタイム:37分29秒




いよいよ佳境。
20㌔以降の模様は、じ・か・い♪



↓↓↓ クリックお願いしまーす ↓↓↓


にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。


大変長らく?お待たせいたしました。
京都マラソン2013レポート、スタートです。


まず最初に

覚えている限りの心の声を忠実に反映しているので、相当読みづらいとは思います。
また冗長でもありますが、記念に残したいのでご容赦ください。
なお、タイムはランナーズアップデートの速報タイムです。



レース前日。
前日受付も無事終了し、
嫁にあらかじめ作成してもらっていたカレーライスを2杯食べ
お腹パンパンで就寝。
緊張でなかなか寝付けなかったものの、夜11時前には眠りに落ちる。。。


と、突然静寂を切り裂く大声が響き渡る。


…ガッハッハ、あんた~ 明日はアンダー6頼むで~


うわ、飲みに行ってた嫁が帰ってきよった。
時計を見ると夜12時。
実はレース前に一番危惧していたのが嫁の飲み会。


皆さまご存知ないでしょうが、ここだけの話、嫁は大層酒癖が悪い。
思った通り泥酔状態での帰宅。
しかもアンダー6って何やねん。
それを言うならサブ6や。
ちなみに嫁のしゃべり方は綾戸智絵を想像してもらえば、ほぼそのまんまww


嫁の大声は続く。


ガッハッハ、なんやこれ??
あー、ゼッケンつけてあるやん。剥しといたろうかな~




ふざけんな、ボケ。ゼッケン引きちぎられて、計測チップがおシャカになったら
出走できひんやんけ。
あわててリビングに準備していたウェアを確保。



あ、ごめーん、起こしてもうた??



そんだけ大声で騒いだら起きるわボケ。
とりあえずウェアと計測チップの無事は確保。
危うくレース前夜にしてレース終了となるところだった。



嫁はその後も大声で友人と電話を始め朝方まで延々と話し続けた。
その間ワタクシはほとんど眠れず。
嫁が寝静まったのは夜の3時半。
ワタクシの起床予定は朝の4時。。。



かくして、睡眠時間1時間強でレースに臨むことになったワタクシ。
予定通り4時に起きて、朝食を製作。
昨年11月の初マラソン時には朝食の食べ過ぎで気分が悪くなったので
同じ間違いはしない。
昨晩のカレーライス2杯で依然満腹感が維持されているので、
朝食はトースト1枚とハムエッグという通常通りのメニューに。
決してカーボインを意識しすぎないように配慮。



ワタクシは大阪府でも比較的京都寄りに住んでいるので、
朝早いスタートにもかかわらず移動は比較的楽。
ただ、そんなワタクシでも朝5時40分過ぎには自宅を出発したので
同じ関西とはいえ神戸とかから来られる方は大変だったでしょうねえ。



阪急電車に乗ろうとすると、既におびただしいランナーが。
日曜朝6時前だというのに、座るどころかほぼ満員電車状態。
しかも電車に乗っているのがランナーと明らかに飲んで朝帰りのオネーチャンばかりという異様な組み合わせ。
2駅ぐらいで目の前で眠りこけてた朝帰りネーチャン3人組が降りて行ったので
座ることができてラッキー。



西京極についたのは6時半過ぎ。
すでに駅前はランナーで一杯。思わず身震い。



西京極球場前の広場まで歩を進め、とりあえず腰を下ろして落ち着く。
ちょうど手荷物の受付が始まったところ。
途中で買ってきたスポーツ新聞なぞ読んで、気でも紛らわそうと思うが
文字が目に入ってこない。
軽くストレッチしたりして時間をつぶすが、
観念して7時15分には上着を脱ぎ、手荷物を預ける。



今回のレースは直前まで長袖Tシャツ+半袖ピステのレイヤースタイルで走るつもりだったが
前日の余りの暑さに半袖AIRism+半袖ピステに変更。
半袖になるとちょっと寒いような気もしたが、走っているうちに暑くなるやろうと言い聞かせる。
トイレに並んだあと、既に集合が始まっているスタート地点へ。
超低速ランナーゆえもちろん本競技場ではなく補助競技場の最後尾Kブロックからのスタート。
ただ、並ぶのが早かったためにKブロックのほとんど最前列。。。




…いかん、またモヨオシテきた。
時計を見ると7時45分。
補助競技場のトイレには長々と行列が出来ていたが整列完了まであと30分もある。
楽勝♪と思いながら列に並ぶが、一向に進まない。
8時…まだ半分。
8時10分…あと15人ぐらいおる。
まあ、どうせ最後尾ブロックだから集合に遅れてもあまり影響はないけど
関門突破の為に少しでもスタートタイムロスを減らしたい身としてはできればきっちり整列したい。



と、そこへ『小の人は空いてるからどんどん行ってや~』との声。
どうやら並んでいたのは大きい方を所望されている皆さまだった模様。
何とか8時15分ギリギリに完了し、小走りでKブロックの最後尾へ。
まあ、結局最後尾なんですがね。



本競技場ではセレモニーが始まったようで、何となく音は聞こえてくるが補助競技場ではもう一つピンとこない。
とか何とかいっているうちに プスッ とかいう音が。
どうやら車いすマラソンがスタートしたらしい。
ということはあと5分でスタートか?
何だ何だ、とか思っているうちにもっかい プスッ。
どうやらスタートしたらしいぞ。
ようやく列が動き出した。けど本競技場に入るには結構な時間がかかりそうだ。
本競技場に入り、半周強回ってようやくスタートラインに。
ここでGPSウォッチのスイッチオン。この時点でスタートタイムロスはわからないが
最初の関門あたりでグロスタイムとネットタイムの差を比べれば把握できるはずだ。



ということで、ようやくスタートしましたが
続きは次回


↓↓↓ クリックお願いしまーす ↓↓↓


にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                                            2017.10.29 FAIRY TRAILびわ湖(18k)                                                    2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム