ポラロイド写真
  • 2017水都大阪ウルトラマラニック

回り込み解除

回り込み解除

こんばんは。
本日は水都大阪の総括記事を書いておきます。
まず、EPSONくんのログを一挙大放出w ドドドン。







水都ログMAP





水都ログ高低図





水都ログ1

水都ログ2

水都ログ3

水都ログ4








++++++++++






今回の水都大阪、丹後に向けた練習という観点から見て、収穫は以下の3点。




◆収穫その1 : 70km手前まで走り続けることができた。



昨年のユリカモメが50kmまで。
一昨年の丹後が55kmぐらいまで。
今回の水都はペースこそゆっくりだったけれど、一応70km手前まで走り続けることができた。
ペースはともかく、走れる距離は年々伸びている感覚。
おっさん、まだ伸びシロはあるのかw




◆収穫その2 : 胃腸の調子を大きく崩さずに済んだ



昨日の記事にも書いたが、ガスター10、陀羅尼助丸を胃腸の調子が悪くなる前に投入。
これはトレラン雑誌に書かれていたやり方を試したのだが、その効果があったのか
最後に脱水の症状が出るまで補給はキチンと行うことができた。
フル程度でも胃腸に障害が出ることもあるワタクシ。
ウルトラにおいて補給は命でもあり、胃腸障害は極力避けたいところ。
この点については、別記事でもう少し掘り下げて考えてみる予定。




◆収穫その3 : メンタル面で安定してレースに入ることができた



昨年の丹後、サブ4を狙った一昨年の篠山に代表される通り、意外と勝負弱いワタクシ。
原因はよくわからないが、メンタル面で入れ込みすぎてコンディションを崩すケースが散見されるようだ。
今回は「丹後の練習」という位置づけであったこともあり、さほど緊張せずに大会に臨むことができた。
大会の位置づけからプレッシャーがかからなかったことを考慮すればあまり参考にはならないかもしれないが、
最初から「完走あるのみ」と意気込むよりも「目の前の1kmをしっかりこなす」という感覚は大事かもしれない。







一方、課題も見つかった。以下の通り。




◆課題その1 : スピード不足



もちろんウルトラマラソンにおけるスピード不足という意味。
今回、エイド休憩も含めてキロ8分ペースで進んでいったが、最低でもあと30秒。
欲を言えばあと1分は速く進みたいところ。
レース最後までとは言わない。
丹後のコースで言えば、弥栄エイドまではグロスでキロ7分半ぐらいで行かないと
完走は難しいと思っている。
「ウルトラマラソンにおける距離とスピードの融合」が今後の練習テーマとなろう。





◆課題その2 : アップダウン対策




これは今回の水都から出た課題ではないが、水都のコースはアップダウンは皆無。
丹後本番を考えると、アップダウンの攻略は必要だ。
もちろんボス級の七竜峠・碇高原を走り切る気は毛頭ないがw
それ以外の坂はそれなりに走れるようにしておかなければならないだろう。
この点についても、今後の練習において大きなテーマとなってくる。






歩みは相当ノロいが、それでも少しずつ丹後完走に向けて前進している
・・・と信じたい(笑)
これにて水都関連の記事は終了!




にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も水都大阪ウルトラマラニック2017のレポ。
今回がラストになります。
写真は例によってLINEグループのものをお借りしています。
いつもありがとうございます。
また、お越しくださった皆さまは、お礼の意味も込めて
写真(ただしボカシあり)にてご紹介していきたいと思います。








++++++++++








水都大阪ウルトラマラニックのコース図はこちら。ドドン。








map100km








また各エイドの位置関係はこんな感じ。ドドドン。







水都エイド








++++++++++








この日ワタクシが注意していたのは以下3点。




①スタート直後から突っ込み過ぎない。


②できるだけ余裕を残しておく。


③胃腸の具合に気を配る。





昨年の丹後に象徴されるように、勝負レースでは力を入れ過ぎて失敗することが多い。
入りを突っ込み過ぎて、早々に撃沈してしまうのだ。
特に今回は股関節に不安があったため、かなり早い段階でダメになるリスクがあった。
従って①②のように、無理せず一定のペースをきっちり刻んでいこうと思った。
また、ワタクシはガタイの割には胃腸が弱く、
フルやウルトラではダメになることも多いので
異常を来たす前にガスター10や陀羅尼助を投入しておいた。
その結果ここまでは胃腸も全く問題なく、補強もキチンと摂れている。
脚もしっかり動きいいペースで来ていて、60km地点通過時点で平均ペースはキロ8分少し。
制限時間14時間の平均ペースキロ8分24秒に勝っているので上出来と思っていた。









ところが伴走して下さっていたやべっちがこう言った。



「枚方の関門が…」



実は関門があることをすっかり忘れてしまっていたのだ。
スタートから色んな人が入れ替わり立ち替わり伴走して下さって楽しくて仕方がなかったのと
自分の調子が良かったこともあり、関門の存在が完全に意識の外に押し出されていた。
水都はコース上に距離表示がないので、正確な所要ペースが計算できない。
豊里エイドに着いて確認した。
残り12.3kmを90分。
この時は暗算でキロ7分半では間に合わないと判断。
改めて計算してみるとキロ7分19秒ペースが必要だった。
何でこんなことになるのか。
理由はこうだ。








水都関門








72.7kmの枚方大橋関門を通過しようと思うと、キロ8を切って7分59秒ペースが必要だったのだ。
そうとわかっていれば走るペースはともかく、エイド滞在時間などは調整のしようもあったのに。
ただ今さらそんなこと言っても仕方がない。
ワタクシは猛然とペースを上げた。








つもりだったが、そうは言っても60km以上走ってきている身。
それまでキロ8分ぐらいだったのが7分台に上がる程度なのだが
ワタクシなりに懸命に頑張った。
新橋エイドをスルーする代わりにやべっち様(ここだけ「様」付きw)にお願いして、
エイドまで走っていってもらって、持参していた250mlのフラスクにお茶を入れてもらうこと都合4回。
こき使ってすいませんでしたm(._.)m
それでも脱水症状が出だしてジ・エンド。








<60kmから73kmまでのLAP(EPSONくん調べ)>


水都result61-73

※最終LAPは止め忘れ。DNF手続き後枚方公園駅までの徒歩時間を含む。








スピードを上げてから頑張れたのは6kmほど。
それまでのペースを維持するのであればまだまだ走れそうだっただけに
悔いの残る終戦となった。
枚方大橋エイドまでテレテレ歩いてリタイアの手続き。
枚方公園駅から京阪→環状線で大阪城公園駅まで戻り
スタート・ゴール地点で荷物をピックアップ。















ゴール地点にはレッドカーペットが敷いてあった。
できればここを走っておきたかったな。
そう思ったけれど、来年にお預けだ。







++++++++++


























お風呂に入ってから鶴橋で焼肉アフター。
駆けつけてくださった山ちゃん、りょうたさん及びこれだけが楽しみのw秘密兵器を加えて
あんな話やこんな話で盛り上がり、長い一日が終わった。







当日は本当にたくさんの皆様が応援に来て下さり、力をいただきました。
結果で報いることができなかったのはワタクシの不徳のいたすところですが
来年は関門を忘れないように頑張りますので、それでご勘弁願います。
また水都大阪、噂にたがわぬいい大会でした。
関係者の皆さま、大変お世話になりありがとうございました。
水都のレポは本日で終了。
水都関連は総括記事をあと1つ書いて終わりにしたいと思います。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も水都大阪ウルトラマラニック2017のレポ、続編です。
写真は例によってLINEグループのものをお借りしています。
いつもありがとうございます。
また、お越しくださった皆さまは、お礼の意味も込めて
写真(ただしボカシあり)にてご紹介していきたいと思います。








++++++++++








水都大阪ウルトラマラニックのコース図はこちら。ドドン。








map100km








また各エイドの位置関係はこんな感じ。ドドドン。







水都エイド








++++++++++







50kmを過ぎたが、走っているときのペースはキロ8分を少し切るペースを維持していた。
少し手前から合流したやべっちが「カブさん、いい感じですよ~」と声をかけてくれる。
そういえば、この日はたくさんの方々に伴走していただいたが
その際の対応がキャラクター豊かで密かにおもしろかった。
最初に伴走してくれたりょうたさん、ごえちゃんはひたすら雑談型。
次に伴走してくれたし~やんは壺売り型、ではなくずっとマラソンの話型。
その後に伴走してくれたえむさん・ごろみさん・おぐらさん・やべっちさんは励まし型。
それぞれのキャラクター以外にも、距離やその時のワタクシの状況など
別の要因があるのかもしれないが、今から考えてもキャラクター通りの分類となっているのが興味深いw
















豊里エイドを越えたら、次の橋である菅原城北大橋のたもとでこのお方がお待ちかね。










※かおりんさんのブログより拝借。








かおりんエイドだ(°▽°)
手前の女の子は、かおりんさんが現地でナンパしたらしい。
うーむ、かおりんさんも黒魔術が使えるのかw










※かおりんさんのブログより拝借。






家から走って来られたそうだが、会場近くの業務スーパーで仕入れたらしい。
件の女の子が「カブトムシさん頑張って下さい」と言いながらずんだ餅をくれた。
かおりんさんに仕込まれたんやなぁw










※かおりんさんのブログより拝借。








その他にもおいなりさんや凍らせたオレンジなど食材は充実。











※かおりんさんのブログより拝借。






かおりんさんとおぐらさんと…
もう1人はパスwww
おぐらさんとごろみさんはここまで。
ありがとうございましたm(._.)m

















いよいよここからはやべっちとおっさん2人旅。
ゴールまで引きずり回してでも連れて行って下さるとは心強い。
と、前方から颯爽と自転車に乗って現れたのは、いつもコメントを下さるおみつさん。
フルーツ(確かぶどうだったと思う)を摘ませていただいた。
突然の登場に写真なしw
半鯖楽しみにしてます(^^)

















毛馬エイドの折り返しが56.3km。
50kmを過ぎても脚はまだ動いている。
この辺りで左足小指辺りに血が滲んでいるのに気がついたが痛くないので問題ない。
心配していた股関節も大丈夫。
うん、今日は調子いい(°▽°)
この時はそう思っていた。






<50kmから60kmまでのLAP(EPSONくん調べ)>


水都result51-60




(続きます)







にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も水都大阪ウルトラマラニック2017のレポ、続編です。
写真は例によってLINEグループのものをお借りしています。
いつもありがとうございます。
また、お越しくださった皆さまは、お礼の意味も込めて
写真(ただしボカシあり)にてご紹介していきたいと思います。








++++++++++








水都大阪ウルトラマラニックのコース図はこちら。ドドン。








map100km








また各エイドの位置関係はこんな感じ。ドドドン。







水都エイド








++++++++++


















枚方大橋からえむさんと2人で走り出して間もなく
前方からごろみさん登場。
LINEグループをチラ見したときに、どうやら淀川河川敷を走っているらしい
ということは把握していたが、ようやく登場。
ちなみに、スマホに関しては走行中はバッテリー節約のため基本的には機内モード。
エイドに着いた際に1度か2度、LINEを確認した程度だった。
退屈しのぎに一応Bluetoothイヤホンを持って走っていたが
結局一度も使うことはなかったw
















またほどなくして後ろからおぐらさん登場。
これで美女3名を従えて走ることとなった。
うーむ、身に余る光栄・・・www
















公式エイドの充実ぶりもさることながら、私設エイドも負けてはいない。
このエイドは確か枚方~新橋間にあったものと記憶しているが、
左の方にいる女性に「35億?」と声をかけると
「35億!!」と答えが返ってきたw
なかなかノリがよろしいwww
















時刻は12時を回り、気温もかなり上がってきたので
エイドに着くたびにかぶり水。
ついでに顔を洗ってサッパリしておく。
























復路の鳥飼エイドではうどんをいただく。
ガスター10や陀羅尼助丸を定期的に服用しながら走ったのが奏功したが
胃腸の方も今のところ大きな問題はない。
しかし腹が丸い…(>_<)















そして50km手前、満を持してやべっち登場。
ここからゴールまでワタクシをひきずってでも連れて行くと鼻息も荒い。
頼んだで、やべっち(←他人事かいなwww
そしてやべっちが登場したところで、えむさんは伴走終了。
クルッっと引き返して自宅の方に走って帰って行った。
暑い中、ありがとうございました(*^_^*)






<40kmから50kmまでのLAP(EPSONくん調べ)>



水都result41-50






50km通過が6時間32分。
大会前日に掲載したペース表比17分遅れだが、脚はまだまだ大丈夫。
むしろできるだけ余裕を持って進むように心がけてきたので、非常にいい感じだ。




(続きます)




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日より水都大阪ウルトラマラニック2017のレポ、再開です。
写真は例によってLINEグループのものをお借りしています。
いつもありがとうございます。
また、お越しくださった皆さまは、お礼の意味も込めて
写真(ただしボカシあり)にてご紹介していきたいと思います。








++++++++++








水都大阪ウルトラマラニックのコース図はこちら。ドドン。








map100km








また各エイドの位置関係はこんな感じ。ドドドン。







水都エイド








++++++++++
















30kmを過ぎるとすぐに淀川新橋エイドに到着。















そこで声をかけられ激写されるw
現れたのは「丹後の壺売り氏」ことし~やんだ。
最近は丹後のみならず、野辺山にも手を出し多忙ゆえ
ではなく、教え子が出るサッカーの試合があるので
応援には来ないようなことを言っていたはずだが、どした??















「サッカーの試合は川向こうの高校で13時半から。時間があるから走りに来た。」
だそうだ。
うーむ、なるほど。
とりあえず枚方大橋に向かって2人で走り出す。
し~やんは前日に50km走をこなしていたのだが、
そんなことは全く感じさせない軽快なしゃべりwではなく走り。
枚方大橋までの間




※丹後完走の戦略について


※腰高フォームを維持するためには


※正しいシューズの選び方




の三本立てを拝聴しながら進む。

















枚方大橋エイドの手前でえむさんと合流。

















そしてレインボーアフロコンビ、サトさん&コッシーさんも登場。
ちなみに真ん中は激沈Tのまるさきさんだ。



















枚方大橋エイドを堪能してから、し~やん、えむさんとともに第3スタンプ地点である枚方折り返しを目指す。

















途中、花壇にきれいな花が植えられていた。
2週間前に実施された試走会の際に事務局、ランナーが植樹したものとのこと。
その日は聖地甲子園だったのでワタクシは参加できなかったのだが
来年はそのあたりから参加できるといいなぁ。

















折り返しで3つめのスタンプを押してもらい、再び枚方大橋エイド。
し~やんはここでサッカーのため離脱。
伴走ありがとうございましたm(._.)m
応援隊と記念撮影して
















えむさんと2人で先へ進む。
淀川河川敷、1回目の復路だがまだまだ順調だ(°▽°)







<30kmから40kmまでのLAP(EPSONくん調べ)>



水都result31-40



(続きます)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                                            2017.10.29 FAIRY TRAILびわ湖(18k)                                                    2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム