ポラロイド写真
  • チャレンジ富士五湖2014

回り込み解除

回り込み解除

ステラシアターの最後の関門を越え、残り5㎞の標識の前を通過する。
時計を見ると制限時間まであと45分。
㌔9分で行けば間に合う。
…のだが、ここから3㎞は最後の激坂。
「3km登って2km下る。」
昨日のさぶろうさんの教えをそらんじてみる。
坂が始まった。
ムリすれば走れないこともなさそうだが、走っても歩いているのとさほどスピードに変わりがない。
逆にラスト2kmで坂を駆け降りる脚を残しておかなければならない。
費用対効果を考えて必死で早歩き。
頭の中で計算する。



㌔10分×3+㌔7分半×2



これで行ければ御の字だが、たぶんこの坂を㌔10分で歩くのはキツイ。



㌔11分×3+㌔6分×2




これが最低ライン。
ラスト2kmはいくら下りとはいえ、さすがに㌔6分を切るのはムリ。
従って、坂にかけることのできる時間は㌔11分まで。
それを超えたら費用対効果などとは言っていられないので、無理やりにでも走ることに決める。








坂道はすでに真っ暗。
灯りは時折設置されている方向を示す矢印マークと、ごくまれに通る車のヘッドライトのみ。
必死で歩いてようやく残り4㎞の標識が見えた。
何とか㌔10分台で歩けているようだ。
よって走らない(笑)
残り3㎞。
この1㌔も10分台でカバー。
激坂ももう少し。
周りで何人かのランナーの荒い息遣いが聞こえる。
EPSONくんをチラ見する回数が増えてくる。
まだ?まだ坂は終わらへんのか??







坂はふいに終わった。
信号待ちで止められる。
青信号の向きに走る車は1台もないのに。
だんだん信号待ちのランナーの数が増えてくる。
信号が青に変わる。
転がるように走り出したのはワタクシを含む数人。
急げ急げ。
転ばないようにだけ気を付けて、とにかく脚をフル回転させる。
残り2kmの標識は見逃した。
気が付くと最終エイド。
もちろん立ち寄る余裕はないが
「ゴールまであと1.9km」
の標識を発見。
時計を見ると残り12分。
本当に㌔6分で走らないと間に合わない。
「さすがに無理か??」
という考えが頭をよぎる。
すぐに
「あきらめるのはタイムアップしてからでいい」
と頭の中でネガティブな考えを打ち消す。
もう時計は見ない。
残り1kmの標識も見落とした。
とにかく全力で下る下る下る。







右手にゴール地点の富士北麓公園が見えてきた。
競技場への取り付け道路に向かって右折する。
それまでほとんど真っ暗だったのが一気に明るくなったような気がした。
先にゴールしたランナーや応援の方々が口々に声援を送って下さる。



「お帰り~

「間に合ったぞーー




右手から聞き覚えのある声が。





「カブさん、○▼※△☆▲※◎★●!?」





あやたさんとたーはるパパさんだ。
もはや何を叫んでいるのか聞き取れない。







残りあと1分です







MCのお姉さんの絶叫が競技場外まで響き渡る。
ちなみにゴール付近の見取り図はこんな風になっている。









競技場案内図








取り付け道路に入ってから競技場に向かって走った後、右に曲がって競技場沿いに少し走ってからトラックに入る。
ワタクシが残り1分の声を聴いたのは、競技場沿いに走り始めるかどうかといったところ。
どれぐらい走ればトラックが見えるのか、じりじりしながら必死で走る。
ゼイハア、ゼイハア、ゼイハア・・・





残り30秒






その声を聴くのとほぼ同時にトラックに入る。
なんとか間に合った。
あとゴールまで50mぐらい。
ようやく長かった旅が終わる。
最後まで一歩一歩かみしめながら




ゴーーーール






61km~ゴールまでのLAP(EPSONくん調べ)


10'16"  
10'14"
9'52"    
8'46"     
9'04"
9'29" 
10'11"
8'47"
9'16"  
10'35"

61km~70kmLAP  1:36'53"

70km地点通過    10:29'37"


10'56"
9'20"
6'27"
3'20" (0.55km・・・6'00"/km )


ゴールタイム  10:59'43"






ゴールするとあやたさんとたーはるパパさんが駆け寄ってきてくれた。
どうやら丹後の残像がよほど強烈だったのか、チップを回収するところ、メダルとタオルをもらうところ、完走証をもらうところ、競技場の外に出て預け荷物を受け取るところとすべて二人のアテンド付き。
どこかでバッタリ倒れてしまわないかご心配をかけたようだが、今回は大丈夫。
うーーーむ、これだけ至れりつくせりだと


全国ウン千万人の熱狂的なあやた&たーはるパパファンから

大いに嫉妬されまくるに違いないwww






そんなこんなで何とか完走。
一緒に走った皆さま
応援のために足を運んでくださった皆さま
大会関係者・ボランティアの皆さま
そして、ブログを読んで応援してくださった皆さま
この大会に関わったすべての皆さまに感謝します。
お疲れ様でした。




<チャレンジ富士五湖72kmレポ完>












にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。








さて今日の本題。
チャレ富士レポの続編です。
いよいよ河口湖に戻り、ゴールを目指します。






(以下レポ)





西湖に別れを告げ、西浜小・中学校に向かって下っていく。
下りなんだけれど脚は思うように動かない。
距離的には60kmにも達していない。
練習で琵琶湖50kmを走った際には最後まできっちり脚が動いたのになあ・・・などと思いながら、歩く(笑)
やはりアップダウンの繰り返しが脚に負担をかけているようだ。
丹後に向けては坂道の練習をせにゃあかんなあ~などと思いながら、やはり歩く。







西浜小・中学校を過ぎ、坂道を降りて河口湖畔に到達。
すると、本日3度目の振り向きざまの一声。




『カブトムシさんですよね??』





・・・そんなに後ろからでもわかりやすいですかね(笑)
今度は長身の爽やかな男性ランナー。
やはり当ブログを読んでくださっているようだ。
颯爽と追い抜いていかれた。
たぶん好タイムでゴールしておられるはずなので、もし読んでおられたらぜひコメントでも…(笑)
結局72km走リ切る、いや歩き切るまでの間に、都合3度はじめましての方に声をかけていただいた。
ゴールしてからAやたさんに聞いてみた。



カブ『後ろからでもそんなにわかりやすいもんですかね??』


Aやたさん『すぐわかるわ(゚Д゚)ゴルァ!!』






・・・即答。一刀両断(苦笑)









51km~60kmまでのLAP(EPSONくん調べ)


9'01"  
10'54"
9'18"    
9'42"     
9'39"
10'10" 
10'16"
9'54"
9'33"  
9'21"

51km~60kmLAP  1:37'48"

60km地点通過    8:52'43"








残り㌔10分でも間に合うという計算ができた瞬間にキレイに㌔10分近辺に収めているのは、何というべきか。
河口湖に別れを告げ、往路でも通過した小作の前を通るころにはそろそろあたりも暗くなり始める。
何度か信号で止まられるたびにランナーが何人も集まるけれど、信号が変わった瞬間に思い思いのスピードでばらけて走り出す。
いつの間にか9時間切り、10時間切りから制限時間ギリギリでの完走に目標が切り替わってしまっているが、その最低限の目標を達成するためには、最後の関門であるステラシアターをどれぐらいのタイムで通過できるかが鍵である。






(続きます。次回ラスト






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。









今日もさっさと本題へ。
チャレ富士レポの続編。
できればこの週末にはゴールしたいと思っているのですが、果たして間に合うのか??
こんなとこでも制限時間ギリギリの戦いをしています・・・。








(以下レポ)








本栖湖からの帰り。
あやたさん&たーはるパパさんコンビに抜き去られ、まちゃさんにもかわされる。
トボトボと歩いていると、後ろから走ってきた女性ランナーが振り向きざまに一言。




『カブトムシさんですよね??』




またもや後ろからワタクシと気づかれてしまった。
なんで?なんでやねん??(笑)
お話を聞いてみると、名古屋ウィメンズの時にも声をかけていただいたそうだ(ただし山ちゃんさんとは別人)。
72km組で西湖へ向かうダラダラ坂を軽快に走っていかれる。
しかも




『さあ、行きますよ 付いてきてください






と暖かく声をかけていただいたが、当然のことながらついていくだけの脚がない(涙
大変残念だったが先に行っていただいた。
えーーと、こちらの方もおそらく好タイムで完走されたことと信じております。
もし読んでおられましたらコメントでも・・・(笑)



















こんな感じの坂道をひたすら歩いて西湖へ戻る。







41km~50kmまでのLAP(EPSONくん調べ)


9'35"  
8'09"
13'20"    (本栖湖県営駐車場エイド)
9'34"     
8'38"
8'26" 
8'35"
11'41"
11'47"  
10'03"

41km~50kmLAP  1:39'45"

50km地点通過    7:14'49"






50kmを過ぎて再び野鳥の森公園。
うどんをいただこうと思ったら超低速ランナー恒例の『うどんがない』
代わりに紙コップに出汁だけ入れて配っていたので一杯いただく。
・・・うまい。
やはりうどんが欲しかった









52.5kmの標識を通過した際に制限時間まで残り3時間20分、つまり残り200分ほどだったので


『㌔10分でも間に合う』


と思ったのを覚えている。
西湖湖畔をほとんど歩いて、たまに走ってを繰り返しながら距離を稼いでいく。
さあ、もうすぐ西浜小・中学校を超えて河口湖に戻るのだ・・・






(続きます。)







にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。









さっそく今日の本題。
チャレ富士レポの続編です。
40kmを過ぎ本栖湖で折り返し。
レースは終盤戦に突入します。






(以下レポ)






精進湖の周回を終え、再び富士パノラマラインへ。
先行ランナーとのすれ違いが再開される。
本栖湖エイドの1~2km手前でさぶろうさん&アレキさんコンビとすれ違う。
昨晩の決意表明では極めて後ろ向きな発言に終始しておられたアレキさんも、その発言とは裏腹に快調に走っておられる。
そう言えばもう一組のランデブーコンビの姿を全く見かけないが、おそらくだいぶ先行しているのだろう。
精進湖を周回している間にすれ違うことができなかったに違いない。
パノラマラインを右折し地下道をくぐって程なくすると本栖湖エイド。



















ここでは神出鬼没のマーマンさんに声をかけていただいた。
ドロップバッグを預けていたが、補充するものは何もないので素通り。
コーラを2杯ほど飲んで戦線復帰。
折り返して今来た道を戻る。







富士パノラマラインはここまで下り基調。
ということは当然ながら帰りは登り
もちろん躊躇なく歩き倒す。
本栖湖を目指すランナーとすれ違う際に軽く声をかけながら進んでいくと、後ろの方から何やらゴニョゴニョ声がする。






カブ発見





とか言いながら後ろから現れたのは浪速尾張のランデブーコンビ。
あれ~?もっと前にいるもんだと思ってたが、彼らなりに112km組しか走らない本栖湖折り返しを堪能してきたのだろう。
ホントはすごく付いていきたかったが全然ムリ。
さぶろうさん&アレキさんコンビを追撃するとのことで、ぐんぐん離れていってしまった







遠くなる背中を眺めながらトボトボ歩いていると、また後ろから声をかけられた。
まちゃさんだ
まちゃさんと言えばコレ。








オット










どうやらワタクシ、まちゃさんの愛しのオットさんとサイズが激似らしいのだ。
たぶんワタクシの後ろ姿はまちゃさんにとってはどこか懐かしい、見慣れたものだったに違いない。
どうでしたか?少しは和んでいただけましたか??(笑)
そんな感じで登り坂をボチボチ歩いていると、なななんとまたもや驚きの出会いが・・・。








(続きます。)






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。









連休も終わり、今日から平常運転。
昨日行った40km走のせいか、ダメージというほどでもないのですがややハリと疲労感があったので、今朝はおとなしくランオフ。
ホントに走る人なら「疲労抜きのジョグ」をするんでしょうが、ワタクシ的にはどうしてもジョグで疲労が抜ける感覚が得られないのです。
例えて言うなら「二日酔いで迎え酒をする感じ」??
迎え酒と違って疲労抜きジョグにはちゃんとした根拠があるのはわかっているので一緒にしてはまずいのでしょうが、自分で体感できないのが非常に残念です。
ジョグは辛くないしむしろ好きなんですがね。
走っていればそのうち「疲労抜き」の感覚がわかる日が来ると思ってます。









さて今日の本題。
チャレ富士レポの続編。
レースは30kmを過ぎ、いよいよ佳境を迎えます…








(以下レポ)








30kmを過ぎ、西湖野鳥の森公園エイドに到着。
ここではうどんがふるまわれる。
チャレ富士と言えば吉田うどん。
とても楽しみにしていたエイドの1つだ。
早速1杯いただいた。




















噂通り腰のある固めのうどん。
暖かい出汁もおいしく、きれいに1杯たいらげた。
時間があればおかわりといきたいところだったのだが、予定より遅れていたので1杯で終了。
たしかK12R2さんと遭遇したものこのエイドだったような気がする(もしかしたら違うかもしれないが)。
『もうちょっと登ったら下りですから』と教えていただいたことと、後ろで応援に来られた美人の奥様が微笑んでおられたのを記憶している。









野鳥の森公園を出ると湖北ビューライン~富士パノラマラインと進む。
富士パノラマラインは先行しているランナーとのすれ違い区間。
怪盗紳士さん、し~やんさん、マルさんとすれ違ってエール交換。
精進湖に到着すると右折して湖畔を周回する道路に入る。
そして右折したところが『精進湖レストランあかいけ』エイド。
ここは主催者側イチオシの『?エイド』。
事前に用意する補給食を明示せず、何があるかは当日のお楽しみとなっていた。
さあ、その正体やいかに



















チ、チキンラーメン…。
うーーーーむ…。
あまり多くは語りませんが、いくらなんでも…(以下自粛。







精進湖をぐるっと一周すると再び富士パノラマラインに合流し、再びすれ違い区間となる。






31km~40kmまでのLAP(EPSONくん調べ)


15'52"  (西湖野鳥の森公園駐車場エイド)
8'35"
8'28"
9'51"   (精進湖レストランあかいけエイド)  
8'27"
9'40" 
7'49"
10'13"
8'59"  
9'47"

31km~40kmLAP  1:36'49"

40km地点通過    5:34'57"








…ここまで来るとだいぶペースが落ちているのがわかる。
少しでも登り坂になっていれば遠慮なく歩いたし、平地でも少しづつ歩きが入ってきていたかもしれない。
38.8km地点精進湖R139合流点エイドで10時間切りペース表から20分以上遅れている。
富士パノラマラインに入ってからは下り基調だったのにこのラップでは相当厳しい。
しかも帰りは今下ってきたところを登っていかなければならないというのに。
だんだん厳しいレースとなってきたようだ…






(続きます。)






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 6.11 飛騨高山ウルトラマラソン(71k) 2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム