ポラロイド写真
  • 2014年10月

回り込み解除

回り込み解除

こんばんは。










我が愛しの阪神タイガースは、
ワタクシがフルマラソン前日の夜に甲子園で雨に濡れつつ声を枯らして応援することのないよう、
加えてフルマラソンを走った直後に甲子園に駆けつけるような暴挙を働くことのないよう、
気を遣ってくれたみたいです…。



というわけで、再び甲子園で日本シリーズを観戦する機会は消滅しました。
タイガース日本一の速報記事、バッチリ下書き済んでたのにムダになったやんけ、くっそwww










さて気を取り直して今日の本題。
淀川市民マラソン、直前特集の最終回。
いよいよ核心、ペース設定についてである。










これまで記事にしてきている通り、今回は未だかつてないほど走れていない。
故障明けで練習を再開してから2週間足らず。
加えて今週に入ってから風邪をひいてしまった。
日曜日の夜に甲子園レフトスタンドで冷たい雨に濡れたのが良くなかったか。
発熱と喉の痛みに悩まされている。
シゴトが休めなかったので治りも遅い。
その結果月曜日以降今日まではランオフ。
漸く熱っぽさは取れてきたが、咳と気管支がゼェゼェいう感じが残っているので、
病院でクスリもらっといた方がいいみたい。
明日は軽く数キロ流しておしまい、という感じになろう。










繰り返しになるが、今回の淀川市民は福知山→奈良に向けたペース走的位置付け。
出来れば㌔6分半ぐらいでどこまで耐えていけるかを試してみたかったのだが、
今のコンディションではとてもムリ。
したがって今回のペース設定は




30㎞までは㌔7分。




仮に30㎞まで行って余裕が残っているのなら
そこから先は全力でもがく(笑)
前にも書いたような気がするが、㌔7分でもほぼ自己ベスト。
実はこれでも背伸びしすぎかもしれない。
ペースが維持できないと思ったら


ムリせず、更に落として自重する。




今回の目的は大崩れすることなく最後まで走り切ること。
弱気な目標設定で面白くないことこの上ないのだが、圧倒的に練習不足ゆえ何卒ご了承願いたい。





どこまで粘れるかにも影響する最後の日本気象協会。






20141031






てるてる坊主、作らなきゃ。






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。









引き続き淀川市民マラソンの直前特集。
今日は補給について検討していく。







フルマラソンは今年2月の泉州国際市民マラソン以来なので、
補給をどう考えていたのか、完全に忘れてしまった。
したがってあらためて思い出してみる。
2014年2月11日の弊ブログ「泉州直前特集・補給編」によると
以下の表が掲載されている。




泉州補給






スタート前にものすごく詰め込もうとしている(笑)
朝食については泉州のレポを読むと
「予定ではご飯にハムエッグとがっつり食べる予定だったが、
木曜日からのカーボインが順調すぎてwwwカラダが重かったので、
パンとゆで卵という軽めのメニューに変更。」
と書いてある。
まあ、懸命な判断だっだのだろう。
さすがに予定通り摂取すると、スタートする頃には超重量級ランナーになってしまいそうだ。
レース中の補給食もほぼ予定通りに摂取した記憶があるが、やはり後半失速している。
失速の原因は補給不足ではなく、走力不足だったということが明らかとなった瞬間である。







さて、この結果を受けて今回はどう考えるか。
結論。



シンプルに補給食を摂取する。




昨日記載した通り淀川市民のコースは2度の折り返しがあるため、
レースを4等分するのは比較的容易である。
従って、レース全体の4分の1ごとにジェルで補給し、
ラスト35㎞過ぎにメイタン・サイクルチャージを摂取という、
極めて覚えやすい戦略を取ることにする。
走る以外のことにあんまり気を取られるのは本末転倒という気もするし、
単調な河川敷コースだからこそ、走ることに集中したいのだ。







また泉州の補給計画を見ると、脚攣りを気にしてenlytenを頻繁に取るようにしている。
このenlyten、実際に口にしてみると残念ながらマズイ。
説明しづらいのだが、紙くずを舐めているような感じすらする。
そこで今回、脚攣り対策に投入するのはこちら。




男梅
ノーベル製菓株式会社HPより転載






ランナーズかクリールか記憶がおぼろげなのだが、ナトリウム補給に最適との評が掲載されていた。
かっとび伊吹・丹後と使用してきたが、塩熱サプリの味が苦手なワタクシにとっても、これならイケる。
他のランナーさんのブログ記事によると、キャンデーではなく干し梅を一袋丸ごとスタート前に摂取しておくやり方もあるそうだ。
何となく高血圧になりそうなので、ワタクシはそこまではしないがキャンデーを5~6個持って舐めながら走るのだ。






そんな補給計画にも影響しそうな日本気象協会。






20141030






あかーん。雨やがな…。
雨装備を追加せねば。と言ってもランニングポンチョを1枚着るだけなのだが。






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。









さっそく今日の本題。
淀川市民マラソンの直前特集の第2弾は装備編。
当日予定している装備のうち、決まっているのは以下の通り。









◆キャップ(アンダーアーマー)
◆ぐわぁT:A面ニューバージョン
◆インナー(ファイントラック・パワーメッシュ)
◆アームスリーブ(SKINS)
◆短パン(アンダーアーマー)
◆ロングタイツ(SKINS)
◆ソックス(Tabio)
◆スポーツインナー(cw-x)
◆GPSウォッチ(EPSON Wristable SF-710S)
◆iPod shuffle







今のところの天気予報からすると、スポーツサングラスは不要。
通常の青メガネ(サッカー日本代表応援Ver)で行く。
ちなみに実物はこちら。











そして膝・股関節に一抹の不安がある脚回りは迷わずロングタイツで。






今のところ迷っているのがシューズとウエストポーチ。
シューズはasics GT-2000 2とadidas SNOVA Boostの二択。
今回のレースをロング走と捉えて走るのならばGT-2000で文句ないはずなのだが、
SNOVAと迷っているところに人間の卑しさが垣間見えるような気がする。
GT-2000は赤、SNOVAは青。
当日、私が青い靴を履いていたら「秘かにタイム狙ってるな」と思ってください
ただ狙うと言っても4時間40分とか、それぐらいのレベルだが(笑)
なお、エースシューズのNIKE ZOOMSPEEDLITE ST5+(アスリートクラブ製インソール付)は
コース状況によっては汚れていまいそうなので今回は温存。







もう1つ迷っているウエストポーチは、ボトルを持つか持たないかでyurenkuiかそうでないかが決まるということ。
そこまで暑くはないだろうからエイドの給水だけで間に合うとは思うけど・・・。
ただし一昨年参戦した際には、第2折り返し近辺のエイドで水分がキレていたような記憶がある。
それを考えるとう~ん、となってしまう。
これはギリギリまで悩むかな。








そんな装備に影響を及ぼす日本気象協会。



20141029




他の予報によると土曜日から一時雨というのもあり、
だんだんビミョーな感じになってきた・・・




直前特集、続きます。





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。









今週末に迫った2014年秋冬シーズンの初戦、淀川市民マラソン。
今日から直前特集記事を掲載していく。
初回はコース編。









まずコース図をご覧いただこう。





コース全体


淀川市民コース全体



コース前半。

淀川市民前半




コース後半。

淀川市民後半





高低図

淀川市民高低図









簡単にコース概要を説明するとこんな感じ。

スタート/ゴール地点は守口市の淀川河川公園の外島・太子橋地区。
まず上流である枚方公園に向かって走り、ほぼ4分の1地点で最初の折り返し。
今来た道を戻り、スタート地点近辺が中間点。
中間点を過ぎるとそのまま下流に向かって走り、25km過ぎで淀川大堰を渡って対岸へ。
ほぼ4分の3地点で2度目の折り返しをした後、35km過ぎで再び淀川大堰を渡る。
あとはゴール地点までまっしぐら。








高低図をご覧いただければわかる通り、ほぼフラットなコース。
目立ったアップダウンは淀川大堰を渡る際の登り・下りのみで、それ自体も大したことない。
高低図上は第1折り返しに向けて若干登っているようになっており、
上流に向かって走るわけだから実際そうなのだろうが、ほとんど感じない程度。





難点と言えば河川敷特有の単調さで、これを苦にされる方も多いようだが、
ワタクシ自身は枚方大橋近辺ののんびりした田園風景や
梅田界隈の高層ビル群など、河川敷なりに変化のある風景は好ましいさえと思っている。
むしろワタクシ的に気になるのは、コース路面が一定でないこと。
通常のロードレースと違って、路面が舗装面以外に土や芝生など変化するため、脚に疲労がたまりやすい。
また舗装面のみでないため、当日よりも直前の天候が気になる。
レース当日は多少雨が降っても大した問題にはならないと考えているが、
当日までの間にまとまった雨が降ると、コースの至る所に水たまりができて走りにくいことこの上ない。
できればそれは避けたいのだ。








というわけで気になる日本気象協会。




20141028








そういう意味では、やむを得ないというか上出来な予報なのかもしれない。
願わくば当日の雨はパラパラで、気温の上昇抑制に寄与していただければ幸いだ。



直前特集、続きます。




にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。








昨晩、9回裏になったあたりで突然の秋雨。
試合終了後帰宅する頃には雷を伴って本格的に振り出しました。
もしかして あの方がご帰宅されたのかと思いましたが違いますかね









さて今日の本題。
今週末から2014年秋シーズンのフルマラソン3連戦が始まるが、
その前に来年前半のレースについて少し書いておく。
年明けのフルマラソンについて、本来は泉州国際を本命にしたいと考えていた。
今年走ったがストレスのないいい大会だと思ったし、
モンスターブリッジへのリベンジも果たしたいとも思っていた。
ただ次回から抽選となってしまったので、出走できるかどうかはくじ運次第。
しかも同日開催の京都マラソンも抽選。
かつ京都に当たると泉州の結果が分かる前に入金締切日がやって来るという究極の選択。









京都マラソン当










というわけで、京都に当たったので2015年の泉州はお預け。
京都マラソンが年初の本命レースに決定。
京都と言えば昨年参戦し、当時の自己ベスト(5時間13分www)をたたき出した大会。
コースが変更され狐坂を登らなくてよくなっているので、従来のコースよりタイムは出やすいはず。
ここでサブなんちゃらを狙ってやるのだ









更にサブなんちゃらを狙う戦略の1つとして、本命レースの前にハーフマラソンを入れてみた。
高槻シティハーフマラソン
隣町で開催される大会で、一度は出てみたいと思っていたのだ。
これまでハーフマラソンを走ったのは、初めて出場したレースである2012年4月のなにわ淀川ハーフマラソンのみ。
ハーフぐらいの距離なら練習で走るので、わざわざ大会に出なくても・・・という感覚があった。
ただフルマラソンでタイムを狙うためには、ハーフのレースにも参加してスピード持久力を磨かなければならないのでは、
と思い始めた。
ま、私の場合にはどれだけがんばってもハーフ2時間を切ることは難しいので、
レースの最後方をペタペタ走るだけなのだが。
なにわ淀川のタイムは2時間29分。
これを大幅に上回りたいなあ








年明け早々で新年会代わりの信太山クロスカントリーと合わせるとなかなか充実したラインナップ。
そして2015年前半を締めくくるのは今年同様チャレンジ富士五湖だ。





・・・さ、篠山どないしょwww





昨晩の雷雨で今一つ信憑性に欠ける日本気象協会。



20141027






ありゃりゃ



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

今日は朝5時起きでゆるジョグ。
向かった先は大阪城公園。
















大阪マラソンに出走される皆さんをお見送り。
昼前から別の予定があるため、普通にお見送りすると練習時間が取れない。
よってランで移動することで時間を捻出。
ホントは大阪城公園まで15kmぐらいを走っていくつもりだったのだが、
集合時間に間に合わなくなったため、10km程で電車移動に切り替え。
もちっと早くスタートすれば良かった( ´ ▽ ` )ノ


















2km過ぎの玉造付近で応援してから所用のため離脱。
大阪はじめ各地のレースに出走された皆さま、お疲れ様でした









所用を済ませた後は今日もこちらに。


















今日も絶対に勝つ











にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除








久しぶりに長い距離を走ることができた。
LAPは以下の通り。





6´34"-6´38"-6´36"-6´36"-6´38"

6´40"-6´25"-6´35"-6´18"-6´30"

6´30"-6´44"-6´31"-6´25"-6´21"

6´38"-6´41"-6´19"-6´14"-6´21"









㌔6分40秒をメドに走った。
心肺は全く心配ないwwwが、脚力の衰えは顕著だ。
15km過ぎたぐらいから脚に力が入らなくなってきた(笑)
とてもこのままあと22km走れるとは思えない。
やっぱり来週の淀川市民は多くを望まずに淡々とペース走に徹することにしよう。
ちなみに20kmノンストップかつ給水なしで走れたのは収穫か。







明日は大阪マラソン。
出走される皆さま、一発エールを送っときます。




死ぬ気で走らんかい(゚Д゚)ゴルァ!!







ファイトでーす。


にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

いよいよ今日から29年ぶりの栄冠を勝ち取るためのタタカイが始まる。
29年前。
ワタクシは大学生だった。
リーグ優勝が決まった夜はクラブのコンパ。
神戸の街で大騒ぎした。
日本一が決まった時は雀荘にいた(笑)










11年前。
優勝が決まった日は、結婚前の嫁とミナミのスポーツバーにいた。
赤星のサヨナラヒットを見届け、夜まで待って優勝決定。
道頓堀の喧騒の中に繰り出したが、人酔いして早々に退散(笑)










9年前。
甲子園で行われたロッテとの日本シリーズ第3戦・第4戦はレフトスタンドにいた。
(我が家ではレフトスタンドで応援するのが定跡。)
チーム成績の低迷により長い間辛酸を舐めた者同士、ロッテファンとは妙に仲良くなれた。
ただ結果は無残にも4連敗。
レフトスタンドで呆然と立ち尽くすしかなかった。










そして今年。




























リーグ優勝していないのがアレだが、
29年ぶりの栄光目指してまっしぐらに駆け上がるのだ。
甲子園で行われる予定である4戦すべてのチケットを確保済み。
そのすべてを見逃さない。










絶対勝つぞタイガース








にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:阪神タイガース
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。









脇目もふらずに今日の本題。
丹後反省記の最終回。
今後のウルトラマラソンに対する取り組み方。
すなわち練習方法とか参加レースなどについて、最後にあらためて考えておきたい。
特にメニューに工夫を凝らすことなく、「普通に練習したら100km完走できました」
という方もいらっしゃるだろう。
ただ、ワタクシは必死のパッチで考えてこの体たらく。
超低速ランナーの歯ぎしりだと思って大目に見ていただきたい。








前回の記事でも記載したとおり、完走できなかった原因は




圧倒的な走力不足




以外の何者でもないと思っている。
ではどうすれば走力不足を補うことができるのか。



・・・そんなもんがわかれば

とうの昔に実行しとるわ(゚Д゚)ゴルァ!!



という本音はとりあえず置いといて。
差し当たって100kmを14時間で走り切るためには最低でも



50kmを㌔7分で走り続ける能力



が必要だと思っている。
若干の休憩を考慮しても、グロスで50km・6時間。
100km・14時間であれば平均所要ペースは8分24秒。
ただしコースのアップダウンや後半の落ち込みを考えると、
少なくとも50kmを6時間で走り切る必要があると思っている。
しかしながら前々からそう思っていたのだが、なかなか走り切ることができないのが厳しい現実なのだ。
これまではとにかく距離を踏むことにより問題の解決を図ろうというアプローチだった。
もちろん水曜日にスピード練習のメニューは組んだりしたこともあったが、
反省記その1に記載したとおり7月以降はほとんど未実施。
スピード<距離、という感覚だったことは間違いない。






ところで㌔7分というペースはワタクシにとってどのようなペースか。
先日も書いた通り、私のフルベストは4時間53分。
つまり㌔7分ペース。
これでは㌔7分で50kmという目標が達成されないのは当たり前。
だから常々。最低でもサブ4.5は達成しておきたいと考えている。
ではフルマラソンのレースペースを上げるのに、㌔7分のジョグやロング走を繰り返していていいのか。
おそらく答えは否。
サブ4.5のペースは㌔6分23秒。
このペースをレースペースにするためには㌔6分を切るペース走と
㌔7分を超えるスロージョグを組み合わせないといけない。
今回の丹後に向けた練習での一番の反省点は、㌔7分というウルトラのレースペースに拘りすぎたために、
それ以外のペースで走ってカラダの動きづくりをしたり、着地筋を鍛えたり、
反発力を利用できるフォームに改善したりといった
バリエーションに富んだ練習ができなかったことにある。
これからのフルマラソンシーズン、バリエーションに富んだ練習メニューを実践するにはもってこいの時期だ。
今のところ、2014年秋~2015年春のシーズンにおけるフルマラソンの最終戦は来年2月の京都。
ここを最終目標に定めて、もう一度メニューを組みなおしたいと思っている。






もう1つ、ウルトラマラソンの参加レースについて。
丹後DNF後、何人かの方から次のような趣旨のご意見をいただいた。


「丹後は難易度が高いので、もう少し平易なレースで100kmを狙ったらどうか?」


なるほど、ごもっともなご意見である。
例えば地元大阪では4月末に開催される水都ウルトラマラソン。
今年の同レースではRUMIOKANさん・ガブさんの伴走をさせていただいたので
大会の雰囲気は何となくわかっているし、良い大会だと思う。
コースも淀川河川敷を行ったり来たりするレースなので、単調ゆえ別の意味でのしんどさがあるのだろうが
確かにアップダウンは圧倒的に少ない。





でも、でもね…




やっぱり丹後を完走したいのだ。





理由は言葉では説明しがたい。
あえて書くとすれば、ブログ村の皆さんと初めて顔を合わせたのが昨年の丹後。
そこからブログを通じた交流はあっという間に、そして物凄い勢いで広まっていった。
いくつかの大会で全く面識のない読者の方から声をかけられることも多くなった。
ちなみになぜ背中でワタクシとわかるのかは未だに謎だwww
そんな思い出の大会だからこそ、キッチリとした成果を求めたいのだろうか。
だからウルトラマラソンにおける




次のメインレースは、

やっぱり来年の丹後なのだ(キリッ







にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村










チャレ富士2015







・・・いや、まあ。
そういうことで各方面の関係者の皆さま、ヨロシクお願いしまーす








最後に淀川市民マラソンまであと10日。
早くもこいつを掲載する時期になった。




20141024






いやあ、素晴らしいの一言に尽きる






にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。







さっそく今日の本題。
丹後反省記の第4回目。
レース当日編の続きです。
脚が痛くなってからの記録ゆえ、読んでて楽しくないのはご容赦願います。






(以下レポ)







20km足らずのところで感じた左股関節の痛み。
21km付近の磯辺神社エイドでL錠を投入し、自分の中ではなかったことになっていた。
久美浜の60kmスタート地点付近を通過すると、昨年の思い出がまざまざとよみがえってきた。
そうそう、60kmのアップダウンは七竜峠1回だけだと思っていたのに、スタートしてすぐに結構な登りがあって
「騙された~」と思ったこととか。
昨年は一日中雨だったので、覚えている丹後の風景はモノトーンだったが、今年は抜群の天候。
景色の美しさに心を癒されながら進んでいく。








しかし、順調な時間はさほど長くは続かなかった。
25km手前。
股関節の痛みがひかないところか、今度は左ひざ外側まで痛くなってきた。
ありゃりゃ、これはハナシが違うやんか。
河内公民館エイドで2回目のL錠投入。
クスリの効果が出るまで、ムリせず歩きを混ぜる。
なーに、痛くなくなりさえすればまだまだ走れるはず。
とにかく焦らず前に進むのみ。
確かこの辺でいしきちさんに抜かれたような記憶がある。
これで名実とともに仲間内では定位置の最下位。
走ったり歩いたりを繰り返しながら第一関門の久美浜臨海学校前に到着。
中学生のボランティアから「うわ、またぐわぁが来た」と声援を受けた。
ぐわぁぐわぁとやたらうるさいので


「ありがとう でも、おっちゃんが最後やで


と大きな声でお礼を言っておいた。
すると「最後やて…」という囁きがさざ波のように広がっていった。
第1関門通過時刻はほぼ予定通りだったように記憶している。
最大8分あった貯金は既に消滅していた。






21kmから30kmまでのラップ




6´55"-8´31"-7´06"-9´24"-8´22"

8´29"-7´37"-7´18"-7´51"-8´33"









第1関門を過ぎても脚の痛みは一向に治らない。
少しずつ走りよりも歩きの比重が高くなっていく。
帰りの浜詰駐車場エイドで3度目のL錠投入。
手持ちのL錠は残り1錠。
仮にそれ以上持っていたとしても、1日に服用する量としては限界だろう。
早く効き目が現れるように願うも痛みは全く引かない。
七竜峠の復路登りも懸命に歩く。
もともとここは歩く予定なのだから、しっかり歩けば予定より遅れることはない。
何とか登りきって七竜峠展望台エイドに到着。
ただし、既にタイムを確認する気にはなれなかった。
平地で相当歩いてしまったので、予定より相当オーバーしているのは確実。
とにかく、前に進むことができなくなるかタイムオーバーなどで止められるまで前進あるのみ。
七竜峠展望台で最後のL錠投入。










31kmから40kmまでのラップ




12´07"-9´47"-9´54"-12´35"-7´46"

9´12"-9´10"-8´25"-10´59"-12´41"










七竜峠の復路下りでは全く走れなくなっていた。
脚を引きずりながら前に進むのみ。
後からスタートした60kmのランナーにもどんどん抜かれはじめる。
今となってはこのあたりの記憶はあまりない。
とにかくtenkoさんとえむさんが待つ浅茂川漁港エイドまでは何としてもたどり着きたい。
結果としてお二方には大変ご心配をかけることになってしまった。
大変申し訳ない。

「やめられますか?」
「行けるところまで行きます。」

そんな会話を交わしたような気がする。
エイドでうどんをすすってから、再び歩き始める。
60km組のやべっちさんの奥さんに抜かれる。
山ちゃんにも抜かれる。
島津エイドの手前でスタッフの人に声をかけられた。
そこで待っていれば、後で迎えに来てくれるとのこと。
時計を見ると弥栄庁舎での関門、12時21分になった。
力なくゼッケンを外し、道端に座り込んだ。
そこへきんきんさんがやってきた。
「ガンバレ」と声をかける。
驚いたようにワタクシを見て、うなずきながら走り去っていった。
あまりにも早すぎる終戦。
しかし、これが現実なのだ。






圧倒的な走力不足。






頭の中にはこの言葉しか思い浮かばなかった。
スタッフの迎えの車に他のリタイア者と同乗した。
同乗者はここまでこれたことに満足しているようで、明るい声で感想をしゃべりまくる。
ワタクシは悔しくてとてもその言葉を聞いていることができなかった。
車窓の外を流れる景色をただただ見つめていた。
そして、この景色を決して忘れない。
こんな悔しい思いは二度としたくない。
そう思った。
2014年。ワタクシの丹後は、こうして終わった。





41kmからリタイアまでのラップ




8´35"-13´24"-15´19"-18´13"-17´22"

19´37"-17´39"-17´58"-9´11"(180m)








反省記、もう一回だけ続きます。





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。









新ぐわぁTが到着しましたので、恒例のフォトセッションw




前面。









背面。








今回のポイント。
メガネ画伯渾身のエンブレム。









ご覧の通り、ワタクシの太鼓腹は健在ですwww
あやたさん、ご手配ありがとうございました。









では今日の本題。
丹後反省記の3回目。
今回はレース当日編である。
引き続きいつもの楽しげなレポ形式ではなく、あくまで「反省記」でいくのだ。









スタート直後はいい感じだった。
会場に到着して荷物を預けてから並んだトイレにやたら時間がかかり、スタートの号砲はトイレの中で聞いた(笑)
完了後回り道させられスタートロスはちょうど4分。
ただ、はるな愛とは反対側を走っていったので、それほど大きなロスにはなっていなかったようだ。
スタート後しばらくしてからTHさんやじぇーてぃーさんに抜かれたので、むしろ意外と前の方にいたのかもしれない。
スタートしてから程なくして七竜峠の往路登りに差し掛かるのだが、なんと普通に走って行った。
前日の下見や昨年の60kmの際の記憶から、まさか走って登れるとは思っていなかった。
が、まだ夜も明けぬくらやみの中。
昼間の陽射しを考えてサングラス(度付き)で出走したものの、足元がよく見えず怖かったので裸眼で走っていた。
ワタクシ、裸眼の視力は0.1以下。
ぼやけてほとんど見えない。
その結果、周りの景色が全く見えなかったせいで登りを意識せずに済んだようだ。
気がついたら予定よりも8分も早く展望台エイドに到着していた
来年も往路登りは裸眼作戦で行くことに決定。
展望台手前でメガネくんが追いついてきた。
ってワタクシより後ろにおったんかい。
展望台エイドを過ぎると今度は下り。
快調に下っていく。
前日に下見をしていたおかげで、なんとなく安心感がある。
実はこの辺りまでは好調だと思っていた…。






スタートから10kmまでのラップ。




8´14"-6´29"-7´30"-6´54"-6´46"

7´31"-8´46"-6´57"-5´33"-7´33"








七竜峠の下りは㌔5分台。
今、冷静に考えればどう見ても調子に乗ってる(笑)
調子に乗ったまま七竜峠を下り、tenkoさんの第一応援ポイントに到着した際も依然快調。
ハイタッチで軽やかに通り過ぎた。
懸案の補給も予定通りに摂取。
昨年の丹後で途中から飲めなくなって困ったスポーツドリンクも全く問題なし。








最初の変調はくみはまSANKAIKANエイドと磯辺神社エイドの間。
距離にして20km足らずのところ。
違和感があった左股関節に痛みを感じるようになっていた。
ただこの時点ではさほど深刻ではなかった。
昨年末の加古川マラソンの際に左ひざをいためていたものの、
某L錠の服用により最後まで走り切ることができた。
従って、L錠さえ飲めば痛みは消え去るものと考えていたからだ。
磯辺神社エイドでバナナなどの軽食とともに最初のL錠を投入。
これで万事うまくいくはずだったのだが・・・。







11kmから20kmまでのラップ




6´30"-8´25"-7´05"-7´07"-6´50"

7´07"-8´31"-7´37"-6´59"-6´40"








反省記、続きます。





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。








し~やんさんが既に記事を更新しておられますが、丹後のグループエントリー確報がが発表され、
打倒!丹後三兄弟wwwチームは8位入賞を果たしました
何にもしていないチーム代表者のところに何か届くそうなので、到着次第ご披露させていただきます。
しかし、ホントにすげえなあ・・・










さて、今日の本題。
丹後反省記の続編である。
今日は装備について反省してみる。
事前の記事にも記載した通り、装備として予定していたのは下記の通り。








◆サンバイザー(TEAM75)
◆サングラス(ZOFF ATHLETE)
◆ぐわぁT:A面
◆インナー(ファイントラック・パワーメッシュ)
◆アームスリーブ(ZAMST)
◆短パン(アンダーアーマー)
◆ソックス(Tabio)
◆スポーツインナー(cw-x)
◆シューズ(adidas SNOVA BOOST)
◆しろくまのきもち
◆GPSウォッチ(EPSON Wristable SF-710S)
◆yurenikuiグランデ
◆SPIBELT
◆保冷ボトル(Polar)
◆iPod shuffle
◆ゼッケンベルト










記載した中でゼッケンベルトは使用せず、ゼッケンはぐわぁTに直接装着したが、それ以外は予定通り起用した。
直前まで迷っていたロングタイツかカーフゲイターかの選択については、結局skinsのロングタイツを着用した。
ただ、レースの半分手前でリタイアしてしまったので、効果があったのかなかったのかよく分からずじまい。
少なくとも走っている間はタイツにしたことを後悔する場面はなかったけど、ツラくなるのも暑くなるのも午後になってからだからなぁ。
たぶん来年も同じように悩むと思う(笑)









そして記事にはしていなかったが最後の最後まで迷ったのがシューズ。
予定していたadidas SNOVAとasics GT-2000 2以外に、フル用に温存しているNIKE SPEEDLITE ST5+まで持参して悩みまくった。
NIKEはアスリートクラブのインソールを装着しているので、それを起用するかを最後まで悩んでいたのだ。
一旦NIKEに計測タグを装着して就寝したものの、翌夜半に目覚めてからSNOVAに付け直して結局当初予定通りSNOVAで出陣。
故障の原因が体幹のブレから来る炎症に端を発しているとすると、インソール付きを履いた方が良かったのでは…と思わないでもない。
しかし、NIKEの方が薄底なので脚への負担は大きいはず。
この辺りは是非とも今後のロング走などを通じて試行錯誤しておきたいところだ。
ただしアスリートクラブのインソール付き、手持ちが1足しかない。
よって、あまりそれに依存し過ぎて手持ちシューズがへたったときのことを考えると憂鬱になる。
ちょうど丹後遠征中に大阪に期間限定出店しておられたのだが、定期的に出張してくれないかなぁ
だいぶレース経験も増えてきたので、当初に比べると装備についてそれほど悩まなくなってきたと思う。
まあ、シューズなんかは永遠の悩みということになるのだろうが・・・。







丹後反省記は続きます。





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。







さっそく今日の本題。
今さらながらではあるが丹後のレポを始めるのだ。
ただ今回はDNFゆえ、通常の時系列を追うスタイルではなく、項目ごとに振り返っていく。
完走するためには何が足らなかったのか。
今後に活かすためにしっかりと見直し、かつ書き残しておきたい。










初回は練習について。
これまでもかなり記事にしてきたが、あらためて振り返っておきたい。
レース前3ヶ月の走行距離とトピックスは以下の通り。





6月 358km…順調に距離を踏むことができた。


7月 300km…月中に気管支炎で小休止。


8月 236km…股関節故障でペースダウン。







うーむ、見事なビルドダウンだ。
特に8月に50km走レベルのロング走がこなせなかったのが響いたような気がする。
練習メニューについては水曜ゼイハア練習と週末ロング走+LSDのセット練習をベースにした。







…つもりだったが実際はどうだったか。
水曜と週末の実施メニューをあらためて抜粋してみた。
まず水曜練。





2014丹後水曜練総括




次に土曜練




2014丹後土曜練総括





そして日曜練




2014丹後日曜練総括







意外と計画通りにできなかったことがわかる。
特に水曜ゼイハア練習なんて7月以降は全くできていない(笑)


自分で考えているほど走れるわけではない。


この現実を肝に命じなければならないようだ。
具体的にはもう少し走行距離を落とし、負荷の高いポイント練習で十分に追い込む。
そうしないと全てが中途半端になりそうな気がする。
今回は中途半端になった結果、体調不良や故障を引き落とした上に狙った効果も得られていないという
典型的な『二兎を追うものは・・・』状態に陥ってしまったのだろう。








また丹後の坂対策として予定していた勝尾寺への往復走も、回数的には少なかった。
特に下りの練習をもっとやっておくべきだった。
また、距離を稼ぐことを意識する余り、自宅から登り口まで迂回しながら15km以上走ってから
勝尾寺行きを目指そうして挫折したことも何度かあった。
この辺りは自らの走力を過信して本来取り組むべきメニューをこなせなかった典型的な例だと思う。
やはり練習目的を明確にするため、例えは最寄り駅まで電車でアプローチするなどして、登り下りに集中すべきだった。









加えて練習ごとのペース設定について。
スピード練習・ペース走・つなぎジョグと練習目的に合ったペースで走らないと、目指す効果は得られない。
・・・得られないのだが、上記の通りスピード練習はできていないし、ジョグやペース走はすべて㌔6分半~7分ぐらい。
なんとなく自分にとって都合のいいペースで走ってしまっていたような気がする。
スピード練習なら心肺強化やレースペースに対する余裕度を増やす目的で、つなぎジョグは血流を良くすることにより疲労を取る。
やはり目的をしっかり認識して、計画したペースをキッチリ守らなければ意味がない。
またワタクシより相当走力のある方々のジョグペースが㌔6分~7分という記事をよく見かける。
それを考えると、ワタクシのジョグペースが㌔7分なんかでいいのか?
むしろ㌔8分とかに落として走らないとジョグの効果が得られないのではないのか??
この辺りも検討課題となろう。







総括すると、





すべてが背伸びし過ぎた結果、


練習メニューの目的を達成できぬまま


中途半端に終わった。







ということになる。






一定以上の素養をお持ちのランナーなら、何となく走っているだけでサブ4や100km完走にたどり着く方も
いらっしゃるだろう。
残念ながらワタクシにはそのような素養はない。
でも、一つ一つ乗り越えていくことを楽しみに変えることによって、目標に到達することはできると思う。
今回の失敗は、今後の練習メニュー立案に十分に生かしていきたいし、いかねばならない。





丹後反省記、続きます。





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
昨日のブログ再開記事に多くのコメントをいただきありがとうございました。
マイペースで更新してまいりますので、末永くよろしくお願いします。
また更新を再開した昨日、更に嬉しいことがヽ(・∀・)ノ
我が阪神タイガースが9年ぶりの日本シリーズ進出を決めました。
甲子園で開催される4日のうち、既に2日分のチケットはファンクラブ先行抽選でゲット済み。
残り2日も一般発売でなんとか押さえたいと思ってます
9年前、ロッテにケチョンパンにされ外野席で呆然とした借りを、
相手こそ違えどなんとか返したいと思います。
いやあ楽しみ楽しみ。









では今日の本題。
ワタクシの年内のレース予定は以下の通り。





11月 2日   淀川市民マラソン(フル)
11月23日   福知山マラソン(フル)
12月14日   奈良マラソン(フル)





現時点から次走、淀川市民まで2週間。
以降3週間ごとにレースが続く。
丹後出走前は淀川市民を福知山3週間前のロング走と位置付けて調整し、
福知山をサブ4.5を狙うガチレース。
奈良マラソンはコースを堪能しながらファンラン、という青写真を描いていた。
しかし丹後で故障したせいで大幅にスケジュールが狂っている。
まあ、この段階で走れるようになっただけでも御の字なのかもしれないが(・∀・)









とりあえず2週間後の淀川市民マラソンは福知山に向けた調整ロング走という位置づけは変わりなし。
具体的なペース設定などは直前の状態で最終決定するが、今のところは㌔7分程度のイーブンペースを考えている。
ただこれから走り込みを再開することを考えると、例えば㌔7分半などもっと設定ペースを落とさないと走りきれないかもしれない。
ちなみに、「㌔7分程度のイーブンペース」とサラッと書いたが、ワタクシのフルベストは4時間53分。
つまり㌔7分で走りきれればほぼベストに近いタイムということになる(笑)
本来は年内最終の奈良マラソンまで見据えた練習計画を立てたいのだが、現時点ではちょっと無理。
そんなわけでとりあえず淀川市民までの計画をザックリと立ててみた。
ポイント練習は以下の通り。







22日(水)   3~5kmTペース走
25日(土)   15~20kmペース走






なんと2回しかない(゚∀゚ )
まぁたった2週間なので仕方がないだろう。
距離はその時の状態によって増やしたり減らしたりするが、
30km走はちょっと難しいかな、と思っている。
普段はレース1週間前に20km走なんてしないのだが、ロング走の前なら普通にするのでたぶん問題なし。
その他の日は適当な距離をジョギング。
疲れを残さないように気をつけながら地脚を作っていく。
何せ1ヶ月余りランオフだったので、どれぐらい走れるか見当もつかない。
さて、どんな感じになるか。
実は少し楽しみだったりするのだ








にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村











・・・という記事を事前に書いておいての今日の練習。
走るのは丹後以来だから1ヶ月と5日ぶり。
コースはマイコース2km周回。
さて結果は??















とりあえず10kmという感じでスタート。
当初は㌔7分を少し切るぐらい。
徐々にペースアップしていって目標の10kmは無事通過。
おまけでもう1周。
㌔6分を切るくらいまでにペースを上げてみたが、気持ちよく走りきることができた。
久しぶりなので、ラップ表なんかも公開w




20141019





今のところは膝・股関節を始め痛いところなし。
明日は久しぶりに整骨院に行って状態を確認してみるのだ。







やっぱ走るの楽しいヽ(*´∀`)ノ







にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
お久しぶりです。









丹後終了後更新をお休みさせていただいてから、かれこれ1ヶ月が経過した。
そして、まんをぢして今日から更新を再開するのだ(・∀・)
超低速ランナーが比較的真面目にランに取り組むという、極めてビミョーな立ち位置の当ブログ。
もちろん今後もビミョーなまんま(笑)
ここんとこ何やらバタバタしていて、従来のように毎日更新できるか定かではないのだが、マイペースで書き連ねていく所存ですので、何卒宜しくお願い申し上げます











さて脚の状態だが、股関節・左ひざとも痛みはだいぶ治まった。
よって、そろそろこの週末から少しづつ練習を再開しようかと思っている。
ただ週末と言っても昨日から今日まで出張だったので、実質明日だけなのだがwww
ランオフ生活は既に1ヶ月を超えており、通常ならば走力の劣化が懸念されるところだ。
ただ、そもそも劣化するほどの走力は持ち合わせていないので、その辺は心配ないさ~♪










ではブログ更新休止中、ワタクシは何をしておったのか。
基本的にはそれまでの日常から、ランとブログ更新がすっぽり抜け落ちただけだった。
ワタクシのブログ執筆時間帯は通勤電車の中と昼休み。
この時間帯に予約投稿した記事を公開直前に再度見直すようにしている。
ブログ更新を休んでいる間はこの時間がポッカリ空く。
加えてランオフゆえ朝早く起きる必要がない分、夜寝るのが少しだけ遅くなる。
そんなわけで空いた時間にランニング雑誌を熟読。
これまでの練習メニューに足らないものや取り入れた方がいいものをいろいろと物色していた。
結構参考になるものも多かったので、適宜取り入れていくつもりだ。
またロング走などに相当の時間を費やしていた休日には、
嫁と甲子園に通ったりしながらのんびり過ごしておりましたとさ
あ、あとブログ右側に掲載している今後の予定がやたらと充実しているのもお休み中の副産物。
そのあたりについてはいずれ触れていく予定








次走、11月2日の淀川市民マラソン(フル)まであと2週間。
その後福知山・奈良と3週間ごとにレースが続く。
当初は福知山を年内のメインレースにして奈良はファンランするつもりだったが、
練習スケジュールを考えると福知山をメインにするにはあまりにも時間がない。
したがって、場合によっては奈良でガチらないといけないかもしれない。
コースを考えると避けたかったのだが、やむを得ないのか。
うーーむ。その辺も含めて、これから記事にしていこうと思っている。
ま、今日のところはこんなもんで
今後ともよろしくお願いします










にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                                            2017.10.29 FAIRY TRAILびわ湖(18k)                                                    2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                                        2017.12.23 加古川マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム