ポラロイド写真
  • 2017年03月

回り込み解除

回り込み解除

コース図と高低図(EPSONくんベース)はこちら。







中辺路コースマップ

中辺路高低図データ







++++++++++








7.9kmの分岐点を超えると、ようやくトレイルに入って行く。
いきなり結構急な下り坂。
















小さく写っているのはのんびり休憩している隙に抜き返された女性ランナーBさんである。
今回、大会に参加してあらためて痛感したこと。
それは、ワタクシはアップダウンには特に弱いということである。
ロードの登り下りもさることながら、トレイルは更に弱い。
トレイルの下りは転ぶのが怖くてスピードを出すことができない。
しかも体重が重いため、脚に結構な負担がかかる。
トレイルに入ってから2km弱ぐらいは下り。
その後、2kmぐらいはなかなかの登りが続く。
















このあたりに来ると、32kmの部ランナーの2周目と重なるケースがちらほら見られ
何人かのランナーに道を譲る。
「ファイト~」とか「がんばって下さい」とかひと声かけあうのだが
中には「エグイコースっすね」と言っていく人も。
この辺りでワタクシを追い抜いて行くランナーは、
32kmを3時間半より速いタイムでゴールしているはずなので
それなりに速い皆さまだと思われるが
それでも一様にキツそうなので、やっぱりこのコースはキツイのだとなぜか安心した。
















アップダウンはあるけれど気持ちの良いトレイルが続く。
肝心の18kmの部だが、トレイル区間の下りで男性ランナーEと女性ランナーBを追い抜いたものの
登りで女性ランナーA・B、男性ランナーC・Dに追い抜かれ、後ろには男性ランナーEひとり。
トレイル区間は11.6kmの潮見峠で終了なので、18kmのコース中トレイル区間は3.7km。
トレイル率は20%余りであった。
ちなみに32kmコースだとトレイル比率は半分ぐらいだった模様。
















この写真は潮見峠エイドを通過後に振り返って撮影したもの。
エイドで飲み物やバナナをいただき、スタッフの方々と談笑していたが、
スイーパーを引き連れた男性ランナーEが現れたので慌ててスタート(笑)
ここからは往路で登ってきた林道をガンガン下る。
男性ランナーC・D、女性ランナーB・女性ランナーAの順番に追い抜いて行く。
4kmほど下ると最後は登り。















この写真を見ると、なぜかチャレ富士のラスト5kmの坂を思い出す(笑)
スタート直後に「最後にここを登るのか・・・」と憂鬱になったが、
予想通り厳しい登りだ。
ペタペタ歩いていくと、32kmのランナーが何人か抜いていく。
2kmほど登ってスタートゴールの中辺路総合グラウンドに到着。
何とか3時間10分は切れそうだったので、最後は少し走ってゴール。
そんなわけで、おそらく18kmの部では後ろから6番目でゴールしたはずだ。
アップダウンはきつかったが、結構楽しいコースだった。















お腹がペコペコだったので、出店のラーメンをいただく。
クルマのところで着替えていると雨が降り出したので、32kmのレースはまだ続いていたけれど
お先に帰路につかせていただくこととした。

















大会参加賞のマグカップ。
残念ながらこの大会は10回目を迎える来年で最後となるそうだ。
どう考えても32kmを7時間で走れる気がしないので
スケジュールが合えばもう一度18kmに参加したいと思わせてくれるような気持ちの良い大会だった。
最後に8km以降のEPSONくんをドドン。







20170326-3
20170326-2








大会関係者の皆さま、応援してくださった地元の皆さま
お世話になりありがとうございました。




(レポ完。)




にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

コース図と高低図はこちら。







中辺路コースマップ



中辺路高低図







ちなみに大会公式の高低図がなかったため、コース図のチェックポイントに記載されている標高をプロットして
エクセルでグラフ化したのが上記の高低図。
そして、実際に走った際のEPSONくんによる高低図はこちら。







中辺路高低図データ








あまりコースの厳しさが伝わらないのが不満だ(笑)






++++++++++







ヨーイズドンで熊野古道中辺路マウンテンラン、18kmの部がスタートした。
95人の参加者を2グループに分けているので50人弱。
みんな一斉に駆け出すが、速いのなんの。
あっという間に最下位に(笑)
それでも最初の1kmぐらい、林道を下っているときは
2~3人のランナーと「みなさん速いですね」と会話を交わす余裕もあったが
1kmを過ぎて最初の登りに差し掛かるころには本当に最下位。
最初の1kmは下りとはいえ6分15秒だからめちゃくちゃ遅いわけではないのだが。
ワタクシのすぐ後ろをピンクのビブスをつけたスイーパーが付いてきた。
まあ、焦っても仕方がないのでのんびり行こう。






ここで本日の登場人物を紹介しておく(笑)
大会の最中にワタクシが出会うランナーは極めて限られていたので
あらかじめご紹介しておく。



* 女性ランナーA:ワタクシが最初に追い抜いた女性ランナー。
* 女性ランナーB:ワタクシが2番目に追い抜いた女性ランナー。
* 男性ランナーC&D:ワタクシが3番目に追い抜いた男性ランナーコンビ。
* 男性ランナーE:ワタクシが4番目に追い抜いた男性ランナー。



以上。
彼ら・彼女らがどのように登場するのかも合わせて楽しんでいただきたい。






走り出して2km。
下りは概ね終了し、今度は林道をポクポク登って行く。
っていうか、ここから7.9kmの分岐点までずーっと登り。
大会コースマップによると2.2mk地点が94mで7.9km地点が520m。
6km弱で430mほど登ることになる。
これって仮想・七竜峠にぴったりではないか。
そんなわけで4kmぐらいまでは走るがそれ以降は歩く(笑)
















4kmぐらいで女性ランナーAに追いつく。
「キツイですね~」と声をかけると
「全国を回っていらっしゃるんですか?」との回答。
よーく話を聞いてみると、どうやらワタクシに似た体型で似たような帽子をかぶっている人が
富山マラソンで走っていたらしい。
「山の大会だと、ロードのマラソン大会と違っていろんな体型の方がいらっしゃいますもんね~」
ちょ、それどういう意味??(笑)
しばらく並走した後、とりあえず先に行かせていただく。
















5kmぐらいで設けられていた山の天然水エイド。
竹を割ったコップで飲むのがいい感じ。
しばらく休憩してから再び登りだす。
















こんな感じの林道が続いており、いつまで経ってもトレイルを現れない。
うーむ、せっかくバハダ履いてきたのになあ。
しばらくすると女性ランナーBを追い抜き、男性ランナーC&Dを追い抜く。
女性ランナーはAさんもBさんもそれなりに後半に力をためている感じっぽいのだが
男性ランナーC&Dはあきらかに余力が感じられない(笑)
フットサルかなんかのおそろいのユニフォームを着ているので
仲間内のノリで参加しちゃった感じなのだろう。
そういう観点で見ると、ワタクシはどのように見えるのだろうか?



















たまには眺めの良い場所にも出くわすので足を止めてパシャ。

















こっちもポクポク歩いているのだがいつの間にか後ろに4名(笑)
そんなこんなでロードの林道を歩き続けて7.9kmの分岐に到着。
ここからようやくトレイルに入る模様。
ちなみにこの地点でEPSONくんは7.9kmではなく7km少しを示していた。
というわけでスタートから7kmまでのEPSONくんはこちら。ドドン。








20170326-1




(続きます)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日より先週末に参戦した熊野古道中辺路マウンテンランレースのレポ、スタートです。
今回は完全ぼっち参戦だったこともあり、レース中もスマホ持参。
できるだけがんばって写真を撮ったつもりなので
そちらも併せてご覧下さい。








++++++++++








さっそくですが、大会スケジュールは概ねこんな感じ。





25日(土) 15:00~16:00 受付
       16:00~16:45 競技説明会
26日(日)  6:30~ 7:30 受付
       7:30~ 8:15 競技説明会
       8:30~ 8:45 開会式
       9:00~     32kmの部スタート
       9:30~     18kmの部スタート
       10:00~     9kmの部スタート





32km・18kmの部に参加する場合、競技説明会への出席が必須とのこと。
前泊しないので、当日早朝に自宅を出発。
自宅から会場までノンストップで行けば2時間半(Yahooカーナビ調べ)
途中で休憩したり朝食を摂ったりするので、受付開始の6時半到着をターゲットに3時半に出発だ。
ちなみに自宅を出る際、前日相撲(大阪場所)を友人と見に行き、
そのまま飲みに行っていた嫁がベロベロに酔って帰ってきたのはここだけのハナシだw
















今回の会場は紀州口熊野マラソンが開催される上富田町から国道311号線を更に山の方に走ったところにある
田辺市中辺路地区で開催される。
ちなみにこの写真は口熊野マラソンのスタート地点近くにあるコンビニで撮影したもの。
知ってる人のためだけに書くと、エバーグリーンのすぐ南側であるw
口熊野マラソンのコースでいうと35km折り返し後、路肩を走らされる国道311号線を
懐かしく思いながら山の方にひた走ると会場到着はちょうど6時半。
















当初の予報では雨が心配されたものの、その後くもり→晴れに変更となり
会場到着時も気温こそやや低いもののいい天気。

















どうやらあっちの山の方に向かって走っていくようだ。















3部門合わせて参加者は400人弱の大会。
会場は小規模ながら露店が出ていたりしていい感じ。
受付の後は協議説明会。
























スタート・ゴールの前でぼっち記念撮影。
ちなみに嫁にこの写真を見せると「小学生の遠足か!」という突っ込みをいただいたw

















開会式では勇壮な和太鼓が雰囲気を盛り上げる。

















9時になってまず32kmの部が、その後9時半に18kmの部がスタート。
18kmの部に出走するのは総勢95名だが、50人程度ずつ2つに分かれてウェーブスタートするのだが
ワタクシは9時35分の第2ウェーブ。
号砲一発、ワタクシにとって初めてのマウンテンランレースが始まった・・・。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日のテーマはレース後恒例、脚の状態シリーズ。
昨日の記事通り、脚部に不安を抱えつつ大会に参戦したワタクシ。
果たして脚の状態はどうなっているのか。







まず昨日の状態について。
アップダウンの激しいコースを走ったり歩いたり歩いたり歩いたりwww したので
前腿が張っているのは想定内。
問題は不安のあった右股関節だ。
レース終了後、約3時間運転して自宅に戻ったわけだが
運転している最中ずっと右太もも外側から臀部にかけて痛かった。
思えば篠山からバスで大阪に帰る際、車中でずっと「ケツが痛い」と言っていたのだが
その状態とまさしく一緒であった。
帰宅後、うーむ明日はどうなるのだろうと思いながら入浴したりストレッチしたりして
ケアに努めた。
昨日の状態は、一昨日のレース直後よりは回復しており
むしろある程度の距離をゆっくり移動したことで、土曜日以前に比べて解れた感じがした。
ただ、並行して主に右太もも外側に鈍い痛みがあったものこれまた事実だ。







明けて大会翌々日となる本日の状態。
練習計画通り、朝からゆるジョグ実施。
大会に参加したことに伴う脚のハリは依然残っていて、特に前腿はバリバリ。
その奥の方にうっすらと右股関節の違和感が残っている、という感じ。
例によって走り始めは若干主張するものの、少し経つと違和感は和らぐので
ゆっくり走る分には大きな問題とはならない。
要は速く(当社比)走る場合と長い距離を走る場合にどうなるか、という感じ。
今後も要経過観察といったところか。
ちなみに一番痛むのは、会社のデスクに座っているときだったりする。
同じような姿勢を継続していることに加えて、精神的にもよろしくないのだろう。きっと(笑)




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日のテーマは丹後に向けた練習メニューについて
先週の実績と今週の計画を確認しておく。
まず、先週の計画と実績は以下の通り。







RESULT20170320-0326







えーと、何が起こったかというと、右股関節の痛みが治まらなかったので
とりあえず3日ランオフしてみた。
オリンピアン猫ひろし曰く「痛かったら3日休む」だそうなので実践。
3日ランオフしてみたが、経過が今ひとつだったので、思い切って週末までランオフ継続。
土曜日は予定していた勝尾寺ランをし始めたのだが、やはり状態がもう一つだったので
山道に入る前、具体的には西田橋で折り返して帰ってきた。
そんな脚部の不安を抱えながら日曜日の大会に臨んだのだが
幸いなことに大きな問題もなく、とりあえず完走することができた、という1週間だった。







では問題の右股関節周りがどうなっているのか。
太もも前面及び側面の筋肉がカッチカチらしい。
大腿四頭筋とか大腿筋膜張筋とか。
そのせいでハムストリングスや腰周りの筋肉に負担がかかり
痛かったり怠かったりするようだ。
原因は・・・。
ま、皆さんご想像の通りです(・∀・)
ちなみに走り始めは少し痛いのだが、少し経つと痛みは消えて走れるようになる。
ただ、走っている最中に何となく違和感があるのと走り終わったあとに痛みが出ることが多い。







解決策はとにかく固まっている箇所を解すこと。
とにかくランオフしていればいい、というわけでもなさそうだ。
ストレッチも重要だが、ペースを落としたジョグを実施し
無理のない程度にジョグを繰り返すのがいいとのこと。
その際にフォームのバランスを意識する必要があるそうだ。
もちろん右だけが痛いので、現時点ではバランスが崩れているはず。
そんな状態なので今週の練習計画は以下の通り。







PLAN20170327-0402







スピード練習は取りやめでジョグに変更。
ジョグの頻度も様子を見ながら調整する。
土曜日のやべっち主催お花見マラニックは、最悪途中離脱も視野に入れて参加させていただく予定。
ま、たぶん大丈夫やと思うけど。
当初の計画からすると大幅に後退している感は否めないが、まあ仕方ない。
焦らず、無理せず、じっくり。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除






20170326






18kmの部ですがEPSONくんベースでは17km(笑)
楽しく完走(完歩?)してきました。
累積標高987mは結構キツかった(・∀・)
あと、トレイルの大会だと思っていたが18kmの部のトレイルは4kmほどで
残りは舗装路の林道だった。
あ、だから「マウンテンラン」なのかw
雨が降り出す前にゴールすることができ天候にも恵まれたし
いい大会だと思います。
ただ、来年が最後になるそうですが・・・。残念。
詳細は後日。
ちなみに完走証の写真はワタクシ


ではありません(笑)
本日各地で出走された皆さま、お疲れ様でした




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
昨日までで何とか姫路城マラソンのレポを終えたところではあるが
明日はトレイルの大会である。
今回参加するのは「熊野古道中辺路マウンテンランレース」。
大会HPはこちら
和歌山県南部の田辺市中辺路(なかへち、と読む)地区、
ワタクシ的にいうと「口熊野マラソンのコースで35km地点を折り返さずに
ズーッと登って行ったとこらへん」で開催されるレースである。
昨年秋にランウォークスタイルを訪れた際にパンフレットが置いてあったのを持ち帰り
何となく面白そうなのでポチっとした経緯。
ブログ村関係の出走もなく、嫁も同行しないので
久方ぶりの完全ぼっち参戦である。
大会は32km・18km・9kmの三部門。
ワタクシは真ん中の18kmに出走だ。
ちなみに2年前にゆるりんさんが同じ18kmの部を走られ、女子優勝されている(スゴ
ワタクシは制限時間4時間を目いっぱい使ってゴールする予定であるw








装備やら何やらいろいろ書くことはあるのだろうが、細かいことはレース後のレポで触れるとして
今日はコースについてだけ触れておく。
大会から配布されているコース図はこちら。ドドン。








中辺路コースマップ








うーむ、さっぱりわからん。
これ、当日スタートしてからも迷うんじゃないかと相当心配である。
これだけではどこでどの程度アップダウンがあるのかよくわかんないので
一応エクセルでグラフ化してみた。
それがこちら。ドドドン。








中辺路高低図








横軸のスケールが実際と違うのだが、それでもイメージ的にはほぼこんな感じ。
スタートからちょっと下って、ガーっと登ってちょっと下って
ちょっと登ってガーっと下って、ちょっと登ったらゴール。
明朝は3時起き、珍しく車で出陣だ。
ちょっと脚部に不安があるのがアレだが、天気予報も雨から晴れに変わった(・∀・)
ケガしないように楽しんできたいと思っている。
明日、とくしまはじめ各地の大会に参戦する皆さん、ファイトでーす。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

コース図と高低図はこちら。







姫路城コース


姫路城高低図









編集の都合上若干時間軸が前後するが、
今回の姫路城マラソンには山ちゃんが遠路はるばる応援に来て下さった。
最初の応援ポイントは27km付近。
この時点ではまだ快調だったワタクシの雄姿はこちら(笑)




















ただ、応援にはもう一人来ていた。
それはこの人。

















今でこそウィメンズでの人気沸騰ぶりにより、この姿だけでも誰だかわかるものの
予告なしでいきなり現れると、それはたいそう不気味であるwww
突然現れたので、当然こうなる。
















口が「誰?」って言ってる(笑)

















とにかく力強い応援をもらい、ワタクシは30km地点を過ぎ、夢前サイクリングロードに入った。
・・・そこまでだった。
急にカラダに力が入らなくなり、ペースがずるずる落ちて行った。
夢前サイクリングロードは道幅が極めて狭く、
その結果応援が非常に近い。
天気が良かったこともあるのか、たくさんに人が沿道で応援して下さっていた。
でもペースは上がらない。
下流に向けて走っているうちはそれでもまだなんとかはしていたのだが、
折り返して34kmを過ぎることには本当にカラダが動かなくなった。
立ち止まって屈伸したりストレッチしてから再び走り出すことを繰り返す。
夢はここで完全に潰えた。





<30km~35kmのLAP>(EPSONくんベース)


606-627-622-718-937=3550








35km手前から40km手前までの5kmくらいの間は本当に辛かった。
ギリギリまでがんばって潰れてしまったら、本当に脚が動かないということを痛感した。
この姫路城マラソンでフルマラソンは通算22レース目。
もちろんもっとタイムの悪い大会はたくさんあるけれど
フルマラソンで初めてリタイアしないといけないかもしれないと覚悟するぐらい
脚が前に進まなかった。
















40km付近で再び山ちゃんとかおなしサトさんの応援を受ける。
この辺りになるとゴールが見えてきたからか、脚が少し動き始める。
・・・動き始めるということは、全部出し切っていたわけではないのだろう。
またもや脳に騙されていることがわかる。
丹後に向けて、如何に脳を騙してゴールまで脚を運ぶか、というのも
大きな課題の一つだ。
残り1kmの表示を越え、姫路城公園の中に入る。
姫路城を背にゴールする形になるので、その姿は自分の目に入らない。
脚が痛くてひきずるようにしながら、何とかゴール。





<35km~ゴールのLAP>(EPSONくんベース)



945-852-841-857-719=4334


658-700-301=1659








このレースに限って言えば、30kmまでは本当にいいレース運びができたと思う。
もちろん「フルマラソンは30kmから」であり、その後をどう走るかが最重要課題なのは
言うまでもないのだが。
30km以降粘ることができなかったのは、力不足以外の何ものでもない。
したがって、悔しいけれど後悔はなかった。
幸いなことに1週間後に篠山があったので、コンディションが整えばそこでもう一勝負、と思っていた。
ただ、レース中に以前より状態があまりよくなかった右股関節回りが痛くなってきており
レース後は脚を引きずるようにして歩いていたので
「最悪、篠山DNSかもな」と思っていたこともまた事実である。
最後に姫路城の5kmごとLAP表を示しておく。ドドドン。







姫路城LAP





これが今の実力ということやね。
姫路城マラソン、ご一緒した皆さま、応援して下さった皆さま
大会関係者・ボランティアその他大会に携わったすべての皆さまに
厚く御礼申し上げます。
姫路城マラソン、ホントにいい大会だった














(レポ完)




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

さっそくコース図と高低図。







姫路城コース


姫路城高低図








10kmを過ぎるとりょうたさん曰く「激アツおやじゾーン」がやってくる。
「話を盛ってるんやろな」と思っていたが、なんのなんの。
ホントに数百メートルにわたって現場作業員風のオッサンのみが二重三重になって応援してくれている。
おっさんおっさんおっさんあーんどおっさんなのだ。
これはいったいなんなのだろうか(笑)
この辺りに来るとウルトラマラソンを彷彿とさせるような典型的な田舎道コースで
時折はっきり登りとわかる区間もあるものの、それほど走りにくさは感じない。
などと言っているうちにあっという間に塩田温泉郷の折り返し。
調子のいい時は距離が過ぎるのも速いのだ。















このあたりはさすがに応援してくれる人の数もめっきり減るのだが
かかしの応援団があったり、地元FM局による応援メッセージなどの
特別番組がスピーカーで流されていたりと寂しさを感じさせないような工夫がなされている。
なるほどなぁ~、と思っていると20km通過。





<10km~20kmのLAP>(EPSONくんベース)


544-539-536-537-543=2819

539-534-541-532-537=2803





540を超えているところは給水だと思われる。
依然としてほぼ狙ったペースで走ることができている。
ハーフ通過は1時間59分台。
うーむ、美しいw
すばらしいペース配分だ。
折り返し前と比べて折り返し後は基本的に下り基調。
ただし、何か所かはっきりとわかる登りもあって
その部分では若干ペースを乱される。
それでも、その部分は無理せず少しペースを落として
下り基調で少しずつ取り返していくような感じ。
25km付近でも540を少し切るくらいのペースを維持できていて
「もしや、これは・・・」と期待に腹が、いや胸が膨らむ。





<20km~25kmのLAP>(EPSONくんベース)



533-535-537-544-536=2805





ところが事はそううまくは運ばない。
25kmを過ぎると少しずつではあるがキツくなっている。
ここまでサブフォーペーサーの少し後ろを走っていたのだが
気を許すとペーサーとの距離が広がるようになってきた。
このような状況に陥った際に取り得る選択肢は二つ。



① 少しペースを落とし、完全に脚を使い切らないようにして、復活を待つ。


② イケるところまでガンガン行く。





本来、正解は①なんだろうな、と冷静になった今ならわかる。
ワタクシレベルでも調子のいい時とキツいときが波のように繰り返されるという感覚はわかるので
少し落として我慢すればまたペースが戻ってくるかもしれない。
でもこの時のジャッジは違った。
イケるところまで行く。
だって、今日サブフォーするんやろ?
ほな行かなアカンやろ。
・・・うーむ、悪魔の囁きである。
その結果が下記のLAPによく表れていると思う。




<25~30kmのLAP>(EPSONくんベース)


542-534-547-545-551=2839



28km以降、耐え忍んでいる様子が見て取れるだろうか。



(続きます)




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
今日のテーマは積み残しとなっている大会レポのうち姫路城マラソンについて。
2017年初旬の勝負レースと位置づけて臨んだこの大会。
結果的にはイマイチだったのだが、そのあたりも含めて振り返っておく。
なお、写真は例によってLINEグループのものをお借りしています。
いつもありがとうございます。







++++++++++







今回の姫路城マラソンは前泊して臨んだ。
自宅から姫路まで新幹線を使えば1時間半余り。
当日朝の移動も不可能ではないが、前日受付があったこともあり思い切って前泊。

















今回はホテル日航姫路に泊まったが、駅前至近で便利だし
朝食は5時半スタートで対応してもらえるし、文句なし。
(他のホテルは6時とか6時半スタートでした。)
来年も姫路を走るのなら、宿泊先はここだな。
当日朝7時にホテルをチェックアウトして、姫路駅のコンコースを通り抜けて会場に向かう。
すると改札口の前でこんな光景が。

















早朝にも関わらず、電車の到着に合わせてスタンバイしたブラスバンドがお出迎えの演奏開始。
なんじゃこれ。こんなん見たことない。
ブラバン男子だったワタクシ、この時点で既に「姫路はいい大会」と刷り込まれてしまったw
このあと会場に向かうまでの間もボランティアの方々がたくさん誘導しておられ
「がんばってください!」と気持ちのいい声掛け。
地元のおもてなしが手厚い大会だ。
















応援に来てくれた山ちゃんと、結果的に2週連続サブスリーの偉業を達成したなーさまで
スタート前の記念撮影。
同じく出走するりょうたさん・ごえちゃんはお着替え中だ。
ワタクシのBブロックがだいぶ混み始めたので先に並びに行く。
応援軍師の寛平ちゃんのなんやかんやがあったりして、9時ちょうどにズドン。
Bブロック前から1/3ぐらいのところでスタートロスは1分弱だった。








ところで、姫路城マラソンのコース図・高低図は以下の通り。








姫路城コース


姫路城高低図








スタートから塩田温泉郷折り返しの16km付近まではなだらかな登りで
折り返してから32km過ぎの夢前サイクリングロード折り返しまではなだらかな下り。
37kmまで再びなだらかに登ってその後はゴールまでなだらかな下りというコースだ。








今回の作戦は「535のオトコ」(ⓒえむさん)。
サブフォペースの540より少しだけ速いスピードでイケるところまで刻む。
厳しくなったらできるだけ粘る、という相も変わらないシンプルな作戦。
いくら調子が良くても530を切るようなペースでは行かない。
535近辺で余裕を残せれば申し分なし、というレースプランだった。
高低図を見るとスタート直後から登っているのだが、実際に走ってみるとほとんど登りは感じない。
スタート直後こそ少し混雑に巻き込まれたので最初の1kmは557だが、
それ以降は5分30秒台できれいに刻めている。





<スタート~10kmのLAP>(EPSONくんベース)


557-532-531-534-543=2817

532-533-533-533-531=2742








5kmのところはおそらく足を止めて給水を摂ったのだと思う。
自分でもそれほど時計を気にせず、カラダなりで進んだらこうなりました、という感じ。
走りながら「ええで、ええで。ウッシッシ。」と思ってましたよ、ええ(笑)



(続きます。)



にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
今シーズンの大会レポ、先週末から三連休にかけて口熊野とウィメンズ応援をやっつけたので
あとは姫路城と篠山。
わかっちゃいるけど、しかも大した内容ではないのだがなかなか筆が進まないw
鋭意取組中なので今しばらくご猶予願います。
とか言ってるうちに、今週末はトレイルのレースやし。
またレポが溜まるw







そんな今日のテーマはこれならサクサク書ける、ウルトラマラソンのシューズについて。
ウルトラのシューズといえば、昨年の丹後直前にこんな記事を書いている。



丹後2016直前特集その3 ~シューズについて。



この記事でHOKA ONEONE CLIFTON3を紹介している。
昨年の丹後、結果自体は残念なものだったがCLIFTON3はいい仕事をしてくれた。
また、先日の篠山もCLIFTON3で走った。
2週連続のフルマラソンということもあり、さすがに足にかかる負担が尋常ではないので
CLIFTONの優しさに身を委ねてみた。
結果はさすがHOKA。
足自体は最後まで痛くなることなく、無事にゴールまで運んでくれた。







であれば、なんで「シューズに悩む」なのか。
ワタクシ自身もシューズに悩む予定ではなかった。
そう。あの日までは・・・。
篠山終了後数日後。
玄関に置いてあるCLIFTON3をチラ見したワタクシ。
ん?なんか変やぞ??
少ししてその理由がわかった。
その様子がこちら。ドドン。

















ソールがペロンチョと剥がれかけている。
このCLIFTON、走行距離は200km弱。
うーむ、なんとなく耐久性に難があるとは思っていたが、あまりに早いぞ。
こうなるまえから、いずれにしても今年の丹後用には新しいCLIFTONを購入しようと思っていたので
現時点では丹後のシューズについては特に悩んでいない。
ただし、PCでご覧の方は→に記載のとおり、



4月:水都大阪100km


5月:半鯖43km


6月:飛騨高山71km




とウルトラが続く。
半鯖はトレイルシューズで走ったらいいのかな、と思っていたが
水都と高山を何で走るか。
とりあえずは来月の水都だ。
ペロンチョ部分はアロンアルファで貼り付けておいたが、
これで100kmに臨むかはたまた別のシューズを起用するか。
丹後用のCLIFTONを今買って水都で履いてしまうと
丹後までに再びペロンチョ事件が勃発する可能性がある。
うーむ、困った・・・。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日のテーマは丹後に向けた練習メニューについて
先週の実績と今週の計画を確認しておく。
まず、先週の計画と実績は以下の通り。







RESULT20170313-0319







またポイント練習、勝尾寺1回目の結果は以下の通り。






<登り>

20170318-1








<下り>

20170318-2








勝尾寺については、タイム云々よりも安定したペースでしっかり登れているか、
登りきった時にどれぐらい余裕があるかを目安に続けていきたい。
ちなみに今回はペースは不安定で余裕はほとんどなし。
伸びシロがいっぱい♪www







そして全体について。
計画のうち、土曜日の坂練=勝尾寺詣でだけは何とか実施できたが
水曜日のスピード練習(木曜日に予定変更したが)も日曜日のLSDもできなかった。
原因は右股関節の痛みが未だ引かないこと。
正確に言うと、走り初めは少し痛むがゆっくり走る分には痛まない。
ただ、スピードを上げると痛くなる。
また、下り坂は着地衝撃が強いので痛くなる。







原因は腸脛靭帯や前腿、腰周りが張っているために
右股関節の可動域がかなり狭くなってしまっていることによるものと思われる。
炎症を起こしているわけではなさそうなので、ある程度の負荷はかけたほうが良さそうだが
かけすぎないようにすることと、ストレッチをしっかりやることに注意せねばならない。。
昨晩、某スーパー銭湯でタイ式マッサージを受けたらかなり楽になったが
いつもいつもタイ式というわけにもいかないもんなぁ。
まだ丹後向け練習は始まったばかりなので焦っても仕方がない。
様子を見ながら慎重に練習を進めていく。
そんな今週の計画は以下の通り。







PLAN20170320-0326








一応当初計画の通りだが、状態を見て負荷を下げることも考えたい。
ちなみに週末はトレイルの大会♪





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
さが桜マラソン始め全国の大会で奮闘された皆さま、お疲れ様でした。
速報祭り&閲覧頻度の少ない休日にウィメンズレポの続編をこっそり上げておきます。
なお、LINEグループ及びSCENEのアルバムに収録されている写真を拝借しております。
いつもありがとうございます。







++++++++++







当日朝。
7時過ぎに集合場所に向かうと一番乗りだった模様。
正装していないのでよーく見ないと誰だかわからないだれやねん氏を皮切りに
ランナー・応援隊が次々と到着。
いつの間にかこんな感じになっていた(笑)


























8時前、ランナーの皆さんは荷物預け&整列に向かわれ、応援隊も移動開始。
最初の応援ポイントは例年通り、1km付近のローソン100前。
移動するおっさんたちのテンションはやたら高い。


















応援ポイントに到着して、応援準備したりボランティアの方と談笑したりしているうちに
レーススタート。
3分少しでトップランナーが通過したのを皮切りに、例年通りのハイタッチ祭り。
今年はかおなしの人気が凄かったw

































あっという間に第一ポイントでの応援を完了し、次のポイントへ移動。
ところで今年の応援プランは例年同様以下の通り。
















① 1km付近
② 15km付近
③ 40km付近
の3か所。
ただ、ワタクシは「応援ポイントは多ければ多いほどいい」と考えており
別動隊で応援ポイントを設けることが多い。
応援参戦4回目、名古屋の土地勘もだいぶ備わってきたので、今回は別動隊で行くことに決定。
当初は20km・25km・36km付近と3回応援できそうな日銀前の交差点を考えていたのだが
たーはる隊長に相談すると、そのポイントは激混みとのこと。
うーむと唸ったが、前日EXPOで会ったかおりんさんから「名城公園前の坂に応援ポイントが欲しい」
とのご意見を賜った。
そのポイントは応援初年度で経験済みでもあり、そちらに変更することに決定。
レース後の評判を聞いていると、どうやら応援ポイントとしては適切だった模様で一安心だ。
前夜祭二次会で星正人氏を別働隊にスカウト済み。
第二ポイントへ向かう本隊と別れて、今池駅から桜通線→名城線で市役所駅へ。
別動隊ポイントに到着。
















THさんに教えていただいた応援NAVIを駆使して応援開始。
このポイント、ランナーは歩道から一車線向こう側を走るので、本来はハイタッチできないのだが
要所要所wで越境してランナーに声掛け&ハイタッチ。
わいわい応援していると、キイミさんとおぐらさんが登場。
別動隊も4人になって更ににぎやかになってきた♪


















ブログ村関係者の応援を終了し、ナゴヤドームそばのイオンにいる本隊に合流。
4人でチャオに入店し、さああんかけスパだと思ったら、出てきたのはコレ。

















ナポリタン。
あんかけスパを食べる気満々だったのだが、ナポリタンがウマイというおぐらさんに洗脳され
おっさん3人もナポリタン。
うーむ、おぐらマジック恐るべし。
この秘術でたくさんの関西メンバーをさが桜に呼び寄せたにちがいないwww















ランチを済ませてアフターに移動。
ウィメンズのアフターにもかかわらず、男女ほぼ半々の合コン状態。
例によってあっという間に時は過ぎ、楽しかった名古屋での思い出を胸に新幹線で帰阪しました。
















ランナーの皆さん、応援隊の皆さん
今年も名古屋は熱かった。ありがとうございました。
また来年。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
明日はさが桜、板橋など各地で大会が開催されますね。
今シーズンラストの方も多いでしょうから
悔いのない走りができるよう願っています。
頑張って下さいね







++++++++++







さて、注目度の薄いこの隙に未消化のレポを上げておこうw
本日から2日間にわたって先週末の名古屋ウィメンズ、応援レポだ。
今年で4年連続4回目の応援。
自分が走るわけでもないのに、前泊してまで応援に駆り立てるものはいったい何なのか。
レポの中で鋭く探っていきたい     ・・・とは思ってますが果たしてwww








++++++++++








自宅を出発したのは土曜日朝10時ごろ。
新幹線に乗って、名古屋に到着したのは11時20分ごろ。


















名古屋に到着して最初にすべきはナゴヤメシの摂取。
3年前は当日始発での参戦だったので特段のナゴヤメシはなし。
一昨年は新幹線ホームの「住よし」できしめん。
昨年はうまいもん通りの「味仙」で台湾ラーメン。
今年は・・・


















エスカの「稲生」でひつまぶし。
着いてすぐうまいもん通りの「まるや」を覗きにいったが既に50分待ちとの張り紙。
「稲生」の方が待ち時間が少なそうだったのでそっちに並んだ。
結局30分弱の待ち時間で入店。

















皮がパリパリしてうまかった(*^_^*)
お腹がいっぱいになったところで早速移動開始。
到着したのはこちら。

















久屋大通の「RUN UP」。
前日入りしている一昨年から、必ずここを拠点にコースを試走するようにしている。
着替えて向かった先はこちら。

















名城公園。

















名古屋城の写真を撮ってからウィメンズコースの後半をコース通りに走ってナゴヤドームへ。

















エキスポはおっさんでも潜入できるので、華やかな雰囲気をしばし楽しむ。
ちなみにエキスポで遭遇したのはえむさん&サトさん夫妻とかおりんさんとごろみさん。
うーむ、大阪にいるのと何ら変わりなし。
















ランステに戻ってシャワーを浴びてからホテルにチェックインして前夜祭会場へ。
今年も会場はこちら。


















兄弟、久しぶりやったなw
ちゃうちゃうwww
















アルコールをがまんしている選手の皆さまを尻目に、90分飲み放題で盛り上がるおっさん3人。
時間いっぱいしっかり飲み食いして店を出たら、EHさん登場(笑)
ベタさん、サトさん、マッスルゴリさんも連れだって二次会へ。
一次会から通算して5時間、しっかり飲んで解散。
翌日の応援に向けて英気を養うのであった・・・




(続きます。)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除











まだまだ、あきらめない。



にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
楽しかったウィメンズの応援も最早過去の話。
名古屋ロスが激烈な今日この頃w
まだレポ書いてないけど・・・www
そんな今日のテーマは、ようやく手をつけた口熊野レポ。
細かい記憶は既に忘却の彼方なので、1回読みきりで簡潔に記しておくのだ。








++++++++++








口熊野会場までは自宅から車で2時間半ぐらいなので、当日早朝に出発すれば十分に間に合うのだが
今年も昨年同様前泊→レース→後泊のプランで参戦。




















レース前日夕方時点ではこんなにいい天気だったのだが、翌朝は予報通りしっかり雨。
きっとハマーさんのせいに違いない。

















レース会場に到着し、参戦する皆さまと記念撮影。
大会自体はフル・ハーフとも2,300人規模の大会で、特に今年は雨だったこともあり
更衣室の体育館は大混雑であったが、通常の天候ならばそれほどストレスのない大会だと思う。
昨年同様前から5列目ぐらいに並んで、よーいズドン。
スタートロスは3秒(笑)
コース図・高低図は以下の通り。








口熊野ルート図 高低図









スタートから15kmぐらいまではきっちりサブ4ペースを刻んだものの、
降りしきる雨の中、水たまりをよけるために無駄な脚を使わざるを得ない状況。
特に国道の歩道を走るところは路面全体が水たまりになっていて避けようがなく
まるで池の中を走っているよう。   
…って、走ったことないけどw
逆にこのあたりで開き直ったと言えなくもない。


















19km過ぎにそれなりの急な坂があり、昨年はそれほど苦も無く走りぬけたのだが
今年は完全にバテた。
20km以降はズルズルとペースダウン。

















昨年は30km過ぎに一度ペースダウンしたものの、35km手前で折り返してから盛り返したので
今年も何とかと思ったものの、雨で冷え切ったカラダではもはや何ともならず。
38kmぐらいのエイドでは完全に止まって休憩する始末。
かくして前年の記録より20分以上遅れてのゴールとなった。
当日のLAPはこちら。








2017口熊野リザルツ








一応昨年のLAPも併記しておいたが何の参考にもならん(笑)
ゴール直後は「コンディションも悪かったし、しゃあないな。ま、姫路城で結果出したる。」と思っていた。
結果は出ませんでしたがw
ホテルに帰ってお風呂に入ってから、もちろんコレ。



















あ、間違い(笑)
ちなみに何で右手もピースになっているのか?

















口熊野の夜は秘密兵器の笑い声と共に更けていったのであった・・・。




(口熊野レポ 簡単すぎますが(笑) 完)








にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
先週末の名古屋ウィメンズ応援レポ及び未掲載の口熊野・姫路城・篠山のレースレポ、
今しばらく猶予願います。
ぜ~んぜん書けてへん(開き直りw






さて本日のテーマは、これなら筆がスイスイ進む(笑)丹後に向けた練習計画について。
これまで練習メニューの組み立てについて書いてきたが、
残るテーマは補強運動=ウェイトトレーニングについて、である。
一昨年後半からコナミのV-BODYをベースにしたウェイトトレになんとなく取り組んできたが
ここのところ疎かになっていた感は否めない。
丹後までの半年、もう一度メニューを見直してしっかりと取り組もうと思っている。
これまで取り組んできたメニューは以下の通り。







ウェイトトレ20170310








こう書いているが実はいろいろ迷っているところがある。
例えば



・チェストプレス、フロントラットプルダウンなど上半身のメニューは必要なのだろうか
 (他にも自宅でやる腕立て伏せなんかも同義。)



・ウェイトと回数についてどう考えればいいのか→V-BODYの時は15RM×2セットだったが
 「長距離走に活かす」という目的に特化するのであれば、もう少し軽いウェイトで回数を多くする
(例えば30RM×3セットとか)方がいいのではないか。



・増やすべき種目は他にないのか。




などなど。
コナミに通ってマシンを使えるのは週2回。
時間は1回30~40分程度が望ましい。
というのは仕事帰りに行くので、あまり遅くなりたくない(眠たいからw)という事情がある。
上記メニューで15RM×2セットだと30分弱に収まっていた。
ウェイトトレーニングについては正直言ってよくわからないので、
専門家(マッスル●リさんとかm●toさんとか)のアドバイスをいただけるとすごく助かる。
このまえウィメンズ前夜祭2次会でゴリさんに聞いたら15RMでヨシ、という話だったので
とりあえず、もう一度上記メニュー、15RM×2セットを3ヶ月程度真剣にやってみようと思う。
妙案が出てきたら随時メニュー変更していくということで。
また、コナミとは別に自宅では週に2~3回、プランクとサイドプランクぐらいはやっておこう。






・・・あとテーマとしては「ダイエット」ってのもあるのだが、
これに関してはノーアイデアなのでスルーするwww
スルーするとやべっちにしばかれそうだwwwww




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除









翌日は休めないので当日帰阪。
現在前泊宿舎を絶賛探索中。
これでアップダウン対策もバッチリ     …か??
日々是鍛錬w




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
名古屋ウィメンズの興奮も冷めやらぬ中・・・ 
って、ワタクシは走っておりませんがねw
昨日走られた選手の皆さま、お疲れ様でした。
当方は今朝から通常営業だったのですが、テンションダダ下がり。
あー、名古屋ロス・・・www







さて今日の本題。
いよいよ丹後に向けた練習をスタートする。
テンション上げてまいりましょー(笑)
今週の練習計画はこちら。ズドン。







0313-0319








水曜日のスピード練習はキロ510で5km走るのを目標にする。
また、土曜日は今年の目玉である勝尾寺往復。
毎週タイムを定点観測して、その推移を楽しみにしていきたいと思っている。
今回は本年1発目なので、まずはゆるゆると登って行きたい。
日曜日もLSDでゆるゆる。
全般的にゆるーい感じでスタートだ。
これから27週間、先は長いので焦らずじっくり。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除





































※LINEグループ、sceneの写真を拝借していますm(._.)m


























今年も女子は美しく、そして強かった。
走られた皆さん、応援の皆さん、お疲れ様でした





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除



































































※えむさんの写真を拝借m(._.)m












































1日名古屋を満喫
ランナーの皆さん、頑張って下さい




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も丹後に向けた練習メニューについて。
昨日までの記事はこちら。





全ては丹後のために ① ~ 強化ポイントについて ~




全ては丹後のために ② ~ 練習メニューについて その1~






強化ポイントを明確にし、そのための具体的な練習メニューをチョイス。
次はそれらのメニューを時系列的にどのように配置していくか、ということになる。
これまで100kmに挑戦してきた過去3年間の練習プランは概ね以下の通り。




<2016年の練習コンセプト>



①  走り過ぎない。


②  基本的にはフルマラソンのメニューと同じ。


③  例外は3回のロング走。




なお、月間走行距離は250km~280kmに留めたいとしていた。





<2015年の練習コンセプト>




① 距離にこだわらない。


② ゆっくり走る。


③ ポイント練習は丹後までに2回。





<2014年の練習コンセプト>




① 基本的なメニュー構成はフルマラソン向けメニューと同じで構わない。


② ただし週末のロング走はフル向けよりも長めに。その代わり週中のスピード練習は強度を少し落とす。


③ 走行距離の目安は直前3ヶ月で1,000km。つまり月間333km目標。





これまでの流れを確認すると、




・2014年は岩本コーチのウルトラ本に書いてあるメニューを自分なりに実行しようとした。
距離も3ヶ月で1,000km目標だったが、負荷が高すぎたか8月中旬に故障し、調子を落とした。



・2015年は4月のチャレ富士で故障し、回復したのが6月下旬。あまり時間もなかったので、
距離を踏むことに拘らず調整優先。調子は3年間の中で一番良かったが、それでも走力が足らずリタイヤ。



・2016年は2015年に比較的うまく調整できたので、それを踏襲しつつ若干量を増やした。
ただ、走り過ぎないという路線は変えず。直前まで調子は良かったものの、当日は謎の失速(謎





なるほどね(・∀・)
では、これまでの失敗を踏まえて今年のコンセプトはどうするか。
こちら。ドドン。




① 月間走行距離ではなく、週間走行距離で管理する。
   ただし、月間距離は走り過ぎていないかどうかの参考値として活用する。



② 距離強化週、調整週を明確に区分け。月に1度特別強化週を設け、週100kmを目指す。



③ ただし月間走行距離は300kmを上回らないように調整する。





・・・たぶん具体例を見た方がわかりやすいと思われる。
例として水都までの練習計画はこちら。ドドドドン。






水都までの練習計画








① 月間走行距離ではなく、週間走行距離で管理する。
  ただし、月間距離は走り過ぎていないかどうかの参考値として活用する。



*週間単位で走行距離を管理し、負荷の強弱をつける。
 具体的には平日のメニューはそれほど変えようがないので、
 週末練習→坂道練習・距離練習の距離で強弱を調整する。


*週間単位の距離で理想を追い求めると、結果として走り過ぎ→故障のスパイラルに陥るリスクがあり
 それを回避するために月間走行距離を参考値とする。



② 距離強化週、調整週を明確に区分け。月に1度特別強化週を設け、週100kmを目指す。



*週ごとに距離強化週、調整週を明確に区別し、負荷をかけ過ぎないように配慮する。


*距離強化週は週間走行距離65~80km程度を目指す。


*調整週は週間走行距離50km程度に収める。


*月に1度特別強化週を設ける。現時点の予定は


4月:水都ウルトラの週

5月:半鯖の週

6月:6/24の週(60km走予定)

7月:長居ぐるぐるの週(70km予定)

8月:8/19の週(60km走予定)



それぞれ週間走行距離100kmを目指す。
(ただし、4月は水都が100kmなので週間走行距離が100kmを超える。)


*特別強化週の翌週は疲労抜き週と位置付け、週間距走行距離を30km~40kmに落とす。




③ ただし月間走行距離は300kmを上回らないように調整する。



*基本的には週単位メニューの積み上げとなるが、これまでの経験から
月間走行距離300kmを超えると故障リスクが高まるため、上回らないように調整する。






これらを考慮に入れてメニューを組んだ結果、月間走行距離の推移予定は以下の通り。







合計走行距離2








水都を走る4月は300kmオーバーだが、それ以外はほぼ300kmに収まる算段。
うーむ、なかなかいい感じに仕上がった(*^_^*)
練習スタートは来週初で、丹後まで27週間の長丁場。
しっかり積み上げていくのだ。
そして、ラン以外の練習メニュー(補強運動・ケア等)については、
週明けの記事で纏めておきたい。
明日は名古屋。楽しみ~♪





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も昨日に引き続いて丹後に向けた練習メニューについて書いていく。
・・・口熊野・姫路城・篠山のレポは全く進んでいないw
か・き・た・く・な・いwww







昨日も書いた通り、丹後に向けた強化ポイントは以下2点。




①  長い距離を走り続ける走力を身に付ける

 

②  登り坂を攻略する





これらを強化するための基本的な練習メニュー構成は、とりあえず以下の通りでスタートしてみる。




*平日は週3回。うち2回はジョグで1回はスピード練習。


*週末はセット練。一日は坂道対策、もう一日はジョグないしは距離対策。





まず平日のスピード練習について。
余裕を持って長い距離を走るには、全体的なスピード強化は欠かせない。
・・・スピード強化と言っても、あくまで当社比なので誤解なきよう(笑)
スピード練習と言えばインターバル走、ビルドアップ走などが挙げられるが
今回は5kmTペース走を軸に置きたい。
より長い距離を走るためなので、長い距離でのスピードを向上させたい、というシンプルな考えだ。
ダニエルズさんに聞いてみると、ワタクシのMAX-VDOTは大阪ハーフを基準にしたこちら。



















しかし、フル3時間47分なんて無理だし、10km50分切りも5km24分切りもとても無理。
ハーフだけ突出しているように感じるのはこれ如何に




気を取り直して改めて確認してみると、Tペースはキロ5分3秒。
5分10秒で5km、キッチリ走るところから始めて、当面の目標はキロ5分に設定したい。
・・・考えただけで今から憂鬱だw







そして週末のセット練について。
基本的には土曜日=坂道練、日曜日=距離練の構成。
坂道練は満を持してあそこに行く。







勝尾寺








聖地・勝尾寺。
これまで聖地と言いながら、実のところそれほど多く通っていたわけではなかった。
おそらく1シーズン3~4回程度か。
それを今年はできるだけ毎週末登る
基本ルートはモノレール豊川駅 ⇔ 勝尾寺までの片道7.5kmを往復。
荷物は万博記念公園駅のコインロッカーにデポして、万博記念公園駅から豊川駅の間はアップダウンジョグだ。
練習メニュー表を作成してみると、丹後までに20回ほど登る機会が持てそう。
もちろん天候不順やコンディション不良もあるので20回満額回答は無理かもしれないが
15回ぐらいを一つのメルクマールにしておきたい。
・・・考えただけで更に憂鬱だwww








週末もう一日の距離対策はロングジョグないしはLSD。
週末2日間でしっかり距離を踏んでいくのだ。
基本的なメニュー構成は以上の通りだが、これらを如何にして時系列で展開していくのか。
については、次回の記事で(手





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
昨日、週末の名古屋ウィメンズ応援に関して記事にいたしましたが
集合場所・応援ポイントについて隊長より拡散指令が出ましたので、開示させていただきます。
まず集合場所は以下の通り。















応援団集合は朝7時30分。
選手の方も時間があれば是非お寄り下さい。
(集合場所は地図の2階通路上の☆印です。)
※なお、通路で集合していると、他の選手の方々の通行の邪魔になりますので、
隣のイオンへの連絡橋上に集まって下さい。






次に応援ポイントは以下の通り。
















例年通り



①1km付近:100ローソン前


②15km付近


③38~40km付近




の3か所で盛大に、かつ全力で応援させていただきます。
ランナーの皆さん、ファイトです







++++++++++








さて、本日のテーマは、ワタクシにとってのメインレースである丹後ウルトラ100kmについて。
既に大会開催日は9月17日(日)、エントリー開始日は3月17日に決定している。
四万十のように抽選ではなく、サロマのようにクリック合戦でもないので
悠々エントリーできるはずである。
今年の丹後はあんな人やこんな人(具体名は自粛w)もエントリーを表明しておられ
たいそう盛り上がりそうで非常に楽しみにしている。








ワタクシにとって丹後は今年で5年連続5回目の参戦。
1年目は60kmの部で制限時間20秒前完走という死闘を繰り広げた。
ブログ村メンバーと初めて対面させていただいた思い出の大会だ。
その後、2年目から4年目は100kmにステップアップ。
ただし走力自体はステップアップしていなかったらしく、3回連続でDNFと苦杯を舐め続けている。
昨年は「3度目の正直」とばかりに意気込んで参戦したものの、意気込みすぎたのか早々と失速。
弥栄関門でタイムオーバーに終わってしまった。
今年こそは悲願達成のために万全を期して臨みたいと思っている。








丹後に向けた強化ポイントは極めてシンプルで




① 長い距離を走り続ける走力を身に付ける



② 登り坂を攻略する




の2点。
①についてはほとんどそれがすべてなので特にコメントなし。
特に②についてもう少し述べると、七竜峠や碇高原などラスボス級の登り坂を走って登ろうとは思っていないが
通常ルートに潜む登り坂、例えば60kmスタートの久美浜を越えてすぐにある登り坂とか
昨年コース変更になった50km近辺の登り坂とか
走ることができそうな坂道は少しでも負担少なく走って行きたい、ということである。
コースを知っている人で「そんなところに坂あったか?」と思う方は、
坂道に強い恵まれた方だと思うw
極度に登り坂に弱いワタクシは、ちょっとの坂にも敏感なのだwww







現在エントリー中のレースは以下の3つ(PCでご覧の方は→の通り)。




・3/26 熊野古道中辺路マウンテンラン(18km)


・4/23 水都大阪ウルトラマラニック(100km)


・5/21 鯖街道ウルトラマラソンBコース(43km)





これらのレースにエントリーしたのも、一応丹後に向けた強化の意味合いがあって



・熊野古道・鯖街道 → ②登り坂の走力強化対策。


・水都大阪 → ①距離対策。100kmという距離に対する経験値獲得。



となっている。
練習メニューについても、例によってテンコ盛りのメニューを考えているのだが、
それらについては今後の記事で明らかにしていきたい。
「全ては丹後のために。」
9月17日のために全力を注ぎたいと思っている。
丹後まであと半年かけて完走できる走力を積み上げていく。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
















激沈T、届きました
うーむ、かっちょええなぁ





…Tシャツがwww
キミ兄さん、ありがとうございます(・∀・)








さて、2月初旬から3月初旬にかけてブログ更新をサボっていたので
口熊野・姫路城のレポが済んでおりません。
加えて先週末の篠山レポもあり、書かねばならないことは満載なのですがどれも未だ未着手。
気が向いたらwそのうち書き出すと思うので、今しばらくお待ちください。








ところで今週末は年に一度のお楽しみw
名古屋ウィメンズマラソンの応援だ。
4年連続4回目の参戦となるワタクシ。
3年前はレース当日に新幹線の始発で名古屋入りしたが
2年前からは前泊して前夜祭から参加させていただいている。
もちろん今年も前泊(笑)
スケジュールは例年通りで




レース前日お昼ぐらいに名古屋到着

     ↓

何らかのナゴヤメシを摂取
 
     ↓

ランステに移動していつかレースに参戦する日のために(笑)コース下見ラン

     ↓

ナゴヤドームのEXPOに参戦して華やかな雰囲気を味わう

     ↓

ランステに戻り着替え、シャワー

     ↓

前夜祭参戦。ランナーの皆さんの迷惑顧みず飲みまくり(スマン

     ↓

二次会後、前泊

     ↓

当日は応援に全力投球

     ↓

ドーム横のイオンであんかけスパ

     ↓

アフター参戦。今年のお店はシャレオツだぜw

     ↓

楽しかった2日間を思いつつ、後ろ髪をひかれる思いで名古屋を後にする・・・。





となる予定。
当日の応援ポイントは下の通り。












・・・地図を貼ろうと思ったが、誰も記事にしていないみたいなので自粛。
要するにあそことあそことあそこの予定(笑)
今年も例年通り例の格好で応援させていただきます。
自分のレースじゃないけど、大サービス。当日の天気予報。ドドン。







20170307








すこし暑いかもしれないので給水要注意
ランナーの皆さん、ガンバッテくださいね
応援ご一緒する皆さん、宜しくお願いします。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
昨日の速報記事にコメントいただきありがとうございました。
今日は無事有休を取得することができたので終日のんびり。
岩盤浴でしっかり汗をかいてカラダをほぐし
夜は接骨院で治療してもらいました。







そんな今日のテーマはレース翌日恒例、カラダの状態シリーズ。
まずカラダ全体は相当疲労している模様。
そらそうよ。
昨晩はカラダが熱く、あまり眠ることができなかった。
脚の筋肉痛は通常通りだが、それに加えて腕やら肩やらいろんなところが痛い(笑)
また懸案の右股関節は、股関節のみならず腸頸靭帯、腰の辺りまでハッキリ痛い。
しかも痛いところが時々刻々と移動していくことに加えて
痛かったり違和感だったり、なんとなく詰まっているようだったりとその症状も変化するのは厄介だ。
昨日はだいぶ無理したからなぁ。
当面はランオフないしはゆるジョグで回復に努めるしかないと思われる。
次のレースは3週間後のトレイルまでないし、場合によってはトレイルはDNFでもやむを得ないであろう。
とにかくしっかり休養を摂ろうと思うのであった。





テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

グロス 4時間34分47秒
ネット 4時間34分22秒






2週連続ではこれが限界でした(*^^*)
前半我慢して30km過ぎてから上げることができたので
いい経験になりました。
まぁ前半我慢し過ぎかもしれませんがw






これで今シーズンのフルは終了。
しばらくゆっくり休みます。
応援ありがとうございました





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
姫路城マラソンの結果報告記事に暖かいコメントをいただき、ありがとうございました。
なぜ結果が出なかったのか、いろいろと思いを巡らせていますが
なかなか「これだ!」という要因が見つからない。
ま、「走力が足らない」と言えばそれまでなのですが・・・(笑)
またワタクシ、基本的にはフルマラソンの翌日に有休取りたい派ながら
姫路城の翌日は月末2日前で流石に有休取得は叶わず。
月末月初の業務を乗り越えて、漸くひと息ついたところです。








さて、明日の篠山マラソン。
当初の目論見では、姫路城で一定の成果を残すという前提の下
篠山はウルトラマラソン対策として走るつもりだった。
イメージとしてはウルトラマラソンの後半。
疲労の残っている脚でキロ7分ぐらいのペースを刻み
ザック背負ってエイドに立ち寄り、しし汁を楽しみにファンラン。
しかしながら、姫路城の結果に伴いそんな楽しげな妄想は儚くも打ち砕かれ、
ファンランなんかしている場合ではない、ということになってしまった。







ただし、気持ち的には「篠山でもう一勝負」となったとしても、
カラダのコンディションが回復するかが肝心。
もうええ歳やし、1週間でカラダが回復する自信がない。
そんなわけで少し遅れてしまったが、レース後恒例 脚の状態シリーズ。
レース翌日の状態は以下の通り。




・筋肉痛:通常のレースよりキツめ


・内臓系:疲労感はあるものの、大きな問題なし


・体の怠さ:通常のレースよりキツめ


・故障系:右股関節~臀部~腰にかけて痛みあり




このうち特に気になる故障系の痛みについて。
レース前からあまり調子のよろしくなかった右股関節。
前々から右臀部にハリがあったのだが、口熊野以降、痛みが股関節から膝の方に降りてきたり
または腰の方に上がって行ったり、痛かったりそうでもなかったりといった状態を繰り返していた。
いずれにしても走れない痛みではないので、練習メニューの強度を調整して様子を見ていた。
その結果、姫路城直前では特に気にならない程度にまで回復していたのだが
やはりレース中に痛みが出てしまった。
レース後は結構痛くて、脚を引きずりながら歩くような感じとなっていた。
正直言って、姫路城直後は「篠山DNS」の文字が頭をよぎっていた。








姫路城終了後、篠山に出走するために調整に専念した。
この間の練習メニューは以下の通り。




27日(月) RUN OFF

28日(火) RUN OFF ※接骨院受診

91日(水) RUN OFF ※コナミでプールウォーキング30分

92日(木) 5kmジョグ

93日(金) RUN OFF

94日(土) 3kmジョグ+流し3本 ※接骨院受診 




とにかく回復最優先。
通常のフルマラソン後と比べて、筋肉痛はしっかり残った。
水曜夜にプールウォーキングでカラダをほぐして、木曜朝に軽くジョグ。
本当は金曜日も短いジョグで繋ごうと思っていたが、疲労回復を優先してランオフ。
今朝、最終刺激入れで流し3本。
何とか筋肉痛も取れたし、問題の右股関節も小康状態。
ようやく「篠山走る」と宣言できるところまで戻して来た。






・・・というわけで、篠山で追試に臨むことに決定(*^_^*)
走るからには今週末もガチで行くのだ
ただ、明日のコンディションがどうなっているのか読めない部分もある。
カラダの深いところには疲労が溜まっていることも覚悟しなければならない。
だから、目標タイムやペース設定は明日のスタート時点で最終判断する。
思い描いているレースプランはあるのだが、思うようにカラダが動くかわからないので
特に慎重を期してレースに入っていきたい。
ただ、せめて姫路城よりは速く走りたいなあ、と思っている。
先週の悔しさを晴らすために、もう一度気持ちを切らさずに頑張って行こう♪







・・・ああ、ファンランしたかったなあwww






++++++++++





明日の天気予報。 ←久しぶりw






20170304








コンディションは文句なしだが少し暑いかもしれない。
脱水要注意






それでは明日ご一緒する皆さま
静岡・鹿児島その他各地のレースに出走される皆さま
ハリキッテまいりましょう





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 6.11 飛騨高山ウルトラマラソン(71k) 2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム