ポラロイド写真
  • 2017年09月

回り込み解除

回り込み解除

こんばんは。
今朝、久しぶりに走ってみました。
先週土曜日の30km走以来なので中6日。
ジョグペースでスタートしましたが、カラダが温まってくると咳がドイヒー(>_<)
3km余りで辞めときました。
復調までもう少し時間がかかるかな。
ま、焦らずじっくり行きます。







というわけで、30km走の結果を書くはずだった本日のブログネタが飛んだのでw つなぎ記事にて対応。
今日のテーマは今年度下半期の大会予定について。
まず、何度か書いているが年内は以下の通りで確定。






◆10/28  Fairy Trail びわ湖 18km


◆11/26  大阪マラソンフル


◆12/10  奈良マラソンフル


◆12/23  加古川マラソンフル







トレイルと奈良はファンランで、大阪と加古川がガチレース。
年内はこの2レースに照準を合わせてしっかり調整していくのだ。
一方懸案の年明け。
現時点で確定しているスケジュールは以下の通り。







◆1月28日  大阪ハーフマラソン(※エントリーは10/4から)


◆2月25日  東京マラソンフル







大阪マラソンは今年も走ったが、ハーフPBを出した大会で好印象。
次回もガチハーフとしてエントリー予定。
年明けのフルで確定しているのは2月25日の東京のみ。
もちろん今シーズン最大のガチレースにする予定だ。
まさか東京に当たるとは思っていなかったので、当初思い描いていた予定を大きく変えなければならない。
まず、年初シーズンの勝負レースにしようと思っていた京都・泉州は東京前週のためパス。
また、昨年まで3年連続で走った篠山や、密かに参戦を考えていて、宿も確保していた静岡も
東京翌週のため今回の参戦は見送りだ。







というわけで、年明けはフル1本・ハーフ1本。
・・・で済むはずがないwww
ワタクシに関係のある年明けの大会開催日程を簡単にまとめてみた。ドン。







2018年初3









左側はエントリー可能性のある大会、右側はエントリーはしない(できない)が応援に行く可能性のある大会。
あ、静岡は応援には行けないです。ゴメンなさいwww
ちなみに大阪在住のワタクシ目線でピックアップしている点は了承願いたい。
まず年初1発目は恒例の信太山クロスカントリー(10km)。
今年まで4年連続で出走している。
今年の大会が雨風が強く悪コンディションだったのと、年々チーム関西の参加者が減っているのが
エントリーを決めかねている要因だ。
仮に大会にエントリーしないとしても、今年同様この日に新年会をやりますので、今からご予定を調整願います(笑)







1週飛んで、21日は隣町の大会である高槻シティハーフ。
その翌週に大阪ハーフを走るので、2週連続のハーフをどう考えるかということになる。
今年は高槻ハーフ→大阪ハーフ→口熊野フルと3週連続で参戦し、大阪ハーフはPBだったが口熊野は撃沈。
口熊野にエントリーしないのであれば、高槻→大阪ハーフのルートは十分にあり得る。
そんな高槻エントリーの鍵を握る口熊野は大阪ハーフの翌週。
昨年・今年と秘密兵器を引き連れて参戦し、アフターが大いに盛り上がった大会であり、
かつ昨年の口熊野はワタクシのフルPBを記録した大会でもある。
ただ、今シーズンの秘密兵器帯同遠征は東京マラソンとなるため、今のところ口熊野にはエントリーしない予定。








もし姫路城が当選していれば、東京へのステップとして最適なスケジュールになったのだが、
落ちてしまったものはどうしようもない。
とすると、もう1本フルを入れるとすれば東京マラソンの後、ということになる。
ただ、4月には水都大阪100kmが待ち受けている。
フルマラソンを東京で終わりにして、3月からウルトラ向けの練習をスタートさせるか
もう3~4週間フルの練習を続けるか、の選択になるとも言える。
また、3月予定の2レースはいずれも遠征。
東京→名古屋WM応援と遠征が続くのでいいのかなあ、といったところだ。
ウルトラの練習期間を確保するのなら、3月の大会にはエントリーせず、
どうせ遠征となるのだから口熊野にエントリーするという考え方もある。
そんなわけで週明け3日はさが桜のエントリー。
うーむ、弱ったwww




にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
いやはや今週はエライ目に逢った(>_<)
先週末の30km走終了後に発熱(37.7℃)していたのだが、それが意外に長引いた。
水曜日になっても熱が下がらず午後休を取って病院へ。
「肺炎の恐れあり」と言われレントゲンからCTまで撮らされて、結局「肺炎ではない」との診断。
それは良かったのだが、翌日の木曜日になっても熱が下がらず一日会社を休んでようやく本日平熱に。
もちろん今週は1mmも走ってない。
フルマラソンシーズンのスタートから出鼻をくじかれた感満載ではあるが
むしろ大会直前だったら目も当てられない、とあえてポジティブに考えることにする。
健康管理は大切ですな(・∀・)







さて本日のテーマは昨日に引き続いて「F.O.R.M」診断の結果について。
肝心の診断結果を見てみることとする。
昨日も記載した通り、マーカーをつけて走るフォームを撮影、解析した結果5つの項目に分類して得点化される。
その5つの項目と評価内容は以下の通り。





① Safety(体への負担)・・・ランニング中の身体の左右のブレやBMIなどを中心に評価。


② Posture(ランニング姿勢)・・・主に上半身の姿勢を評価。


③ Relax(リラックス)・・・リラックス度合いや腕振りについて評価。


④ Ride(乗り込み)・・・体重移動と足の着地位置を評価。


⑤ Swing(脚の動き)・・・脚の蹴り出しや動きを評価。





それでは、さっそくそれぞれの項目について評価結果を見ていく。
まずは上半身項目、①~③について。ドドン。















①Safetyについては、BMIが評価項目となっているためワタクシにとっては捨て項目w
アドバイザーの方も苦笑いでこの項目にはあまり触れなかったwww
②Posture、③Relaxについてはまずまず及第点との評価だった。
強いて言えば、腕振りの拳の位置をもう少し下げたほうが、よりリラックスして走ることができるでしょう、とのこと。
おおっ、これ、前にも同じことを言われたことがある。
これだな。



大阪30K冬大会総括



ゼビオ梅田でやっていたフォーム診断を飛び込みで受けた際にいただいたアドバイス「腕を下げてください」。
これでこの後PB連発したんだっけ。
うーむ、また腕の位置が上がっていたとは・・・。








続いて問題の多い(笑)下半身項目。ドドドン。















下半身で真っ先に指摘されたのは足の着地位置。
わずかだが重心より前で着地しているとのこと。
うーむ、たのくる師匠のアドバイスが未だ活かせていない(>_<)
また、足の接地時間が長く、脚が後ろに流れてしまっているとのこと。
これらを改善するためのアドバイスとしては、「足を重心の真下で着地する」ことを意識するというよりは
腰を早く足の上に追いつかせることを意識してください、とのこと。
イメージがわきづらいというと、ワタクシが走っている時に後ろから腰を軽く押してくださった。
おおっ、これもいつぞやの練習会でし~やんになってもらったことがあるぞ。
腰骨の辺りを少し押してもらうと、ものすごく楽に走ることができた。
なるほど、やはりブログ村講師陣は優秀だwww















改善策として提案されたのは以下2点。




① 左右ブレ軽減のための体幹トレ→フロントランジと種目名がわからないのだが、片足立ちでバランスを取るような感じのやつ。


② スピード練習→脚が後ろに流れすぎず、足の着地時間を短くするためにはスピード練習を増やすこと、
とのこと。




点数は落第点だったが、あらためて現状が再認識できて良かったと思う。
最後におまけ動画。
左端が改善後、ということらしいwww













にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日のテーマは先々週末の三連休の翌日、火曜日のお話。
丹後で疲弊するはずのカラダを癒すため有休を取っていたのだが
カラダが疲弊しなかったのでただの休日になってしまうのは何とも惜しい。
そんな時に閃いた。
休日だとなかなか予約が取れないアレが空いているのではないか??
早速調べてみると空きあり。
すかさず予約して乗り込んだのはこちら。













FORM







ミズノのランニングフォーム診断システム「F.O.R.M」。
ミズノホームページによると「F.O.R.M」について以下の通り記載されている。







F.O.R.M.について

今までに、ある特定の人のランニングフォームの理論を聞いたり、教わったりということがありませんか?これもまた一つの考え方で間違いではないのですがさまざまな意見があり、迷うところです。
では、「走る」ということについて同じ人間である以上共通点はないのでしょうか?
そこで「F.O.R.M.」は
まず、複数の研究者のランニング、スポーツ科学の知見と、複数のランニングコーチの実践の知見を融合させた暗黙知(知識や経験)とさまざまなレベルのランナーのスポーツバイオメカ二クスデータの形式知(力学・動作データなど)の関係を統計的に導き出すことにより、よいとされる共通のランニング動作のポイントを発見し、それを得点に結びつけた独自のランニングフォーム診断技術なのです。



(以上、ミズノホームページより転載)






ワタクシは2013年1月に一度受けたことがある。
その時の様子はこちら。





京都マラソンへの道vol.10 FORM編





前回はベーシックコースだったが、今回は奮発して所要時間60分のプレミアムコースだ。
ミズノ大阪店に到着し、走るカッコに着替えてアドバイザーの下へ。
2度目ということもあり流れもスムーズ。
「F.O.R.M」診断の流れは概ね以下のとおりだ。




① 現状(走力・練習量・目標タイムなど)のヒアリング


② 専用カメラで計測するためのマーカー付きサポーターを肩・ヒジ・手首・骨盤・ヒザ・足首に装着


③ トレッドミルで試走。カメラでフォームを撮影。


④ フォームを三次元動画解析の上、5つの項目に分けて得点を算出。


⑤ 診断結果を元に改善点をアドバイス






まずはシートにワタクシの情報を書き込む。
「PB 4時間9分」と記入すると、「次はサブ4狙いですよね」。
うむ、話がよくわかっていらっしゃる。
測定のために走るペースはキロ6に指定して、測定のためのマーカーを装着し、さっそく測定スタート。
その様子を盗撮したのがこちらw














何か右下がりに見えるけれど、これって黒い測定用のサポーターががズレてるからってことでいいのかな??
5~6分走って測定終了。
その結果については…






次回に続くwww





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日のテーマは大阪マラソンまでの練習計画について。
ワタクシの年内大会予定は



◆10/28  Fairy Trail びわ湖 18km


◆11/26  大阪マラソンフル


◆12/10  奈良マラソンフル


◆12/23  加古川マラソンフル





このうちは10月のトレイルは完全ファンラン。
というか、おそらく実態はハイキングwww
鏑木毅さんプロデュースの大会なので、トレイルの雰囲気を存分に楽しんできたいと思っている。
18kmといっても、コースはエグそう(特に最初の5km)なので楽しめるかどうか自信はないのだがw
大会HPでオフィシャルムービーが公開されているようなので、よろしければご覧下さい。





FAIRY TRAIL 高島朽木トレイルランレース2017





また、12月の奈良もファンランの予定。
加古川があることを考えると本来奈良はパスして、同日開催の亀岡ハーフなどにエントリーするのが良いのだろうが
やはり奈良県出身のワタクシとしては外せない大会。
加古川に向けたロング走として大会の雰囲気を楽しみたいと思っている。
ただこちらも中盤に控える登り坂はエグいので、楽しめるかどうか自信なしwww







話を戻すと、2017年秋冬のガチレースは11月の大阪と12月の加古川。
本来は加古川まで見通して練習計画を立てるべきなのだろうが、
ひとまず大阪までの計画を立てておいて、加古川については大阪終了後に検討することとする。
というのも、大阪~奈良~加古川は2週間おきのフルマラソンとなるので
テーパリングとリカバリーの繰り返しになる可能性が高いからである。






では大阪に向けた練習計画はどうするのか。
基本的な構成は以下の通り。



◆ポイント練習は


* 平日(基本的には水曜日を想定)⇒スピード練習


* 週末(基本的には土曜日を想定)⇒ロング走       


の週2回とする。



◆それ以外の平日・週末(基本的には日曜日を想定)はジョグないしはランオフとする。






週末についてはロング走+スピ練ないしはロング走+LSDのセット練としたいところだが
昨日も書いたように「やりたい練習≠出来る練習」であることを考慮。
日曜日についてはフリーとしてコンディショニング維持に努める。
その代わり、週2回のポイント練習はしっかりとこなすように心がける。








水曜日のスピード練習はTペース走を軸に据える予定。
ワタクシのTペースは5分10秒~5分20秒あたり。
したがってTペース走4km=20分あまりをターゲットにする。
インターバルよりも「スピード持久力」養成を主眼に置いた結果、Tペース走を採用してみた。
また、土曜日のロング走はできるだけ毎週30km走を実施したい。
当面の目標はキロ6分で30kmを走り切ること。
できるだけ早い段階で目標をクリアし、サブ4ペースでの30km走実施にこぎつけたい。
また、多少の疲労がある場合にはペースを落としてでも粘って走ることも有効な練習だと考えているので
そのあたりは機動的にペースを設定していく。
そして平日のジョグについては、コンディションを見ながら流動的に実施。
ポイント練習に向けてのコンディショニングを最優先する計画だ。







先週末に最初の30km走を実施したので、これを合わせると大阪マラソンまで週末は9回。
このうちトレイルに参加する週と大会2週間前・1週間前は30km走はしない予定なので
30km走に取り組めるチャンスは6回。
このうち何回実施できるか、そしてどの程度のペースで走ることができるかが
大阪マラソンの出来を左右することは言うまでもない。
また、平日・週末のジョグについては距離の目標を設けない。
ポイント練習に最大限集中するために、それ以外の練習は緩くしてコンディショニング維持に努めるつもり。
本人はあまりそうは思っていないのだが、たまに「走り過ぎ」というご指摘をいただくことがあるので
今回はメリハリをしっかりつけてみることにする。
さあ、どこまでやれるか、楽しみだ♪






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
さっそく今日の本題へ。
先週、丹後に向けた練習計画について振り返ってみた。






丹後までの練習総括 その1。



丹後までの練習総括 その2。



丹後までの練習総括 その3。









これらを踏まえて、来年の自分に向けて丹後に向けた練習を行う際の留意点を提言しておく。
来年の丹後に向けて練習を開始する際の自分は、今よりも走力が増しているはずなので ← ホンマか??ww
具体的な練習メニューについては来年になってから立案していくこととなるが
その中でも注意すべき点を3つほど挙げておく。






注意点その1 : 「やりたい練習≠出来る練習」を肝に銘じるべし




これは丹後に向けた練習計画に限った話ではないのだが、
練習計画を立てる際に「あれもやりたい」「これもやりたい」と考えるあまり、
結果として実現不可能な練習計画をたててしまうことがままある。
特にワタクシはその傾向が強いことを自覚した上で、実施すべき練習メニューを厳選すべきだ。
具体的に言うと昨年は走りすぎだったかもしれない。
走行距離に囚われるわけではないが、ワタクシにとって月間300kmを2ヶ月以上続けるのはリスクが高い。
多くて250~280kmに収まるようなメニューに留めるべきだろう。






注意点その2 : ポイント練習に拘るべし




メニューは厳選した上で、ポイント練習の実施には徹底的に拘るべきだ。
来年もロング走を実施する機会を可能な限り多く設ける構成になると思うが
今年に比べて平均ペースを少し上げる。
酷暑の時期にペースを上げて走るのは厳しいかもしれないが、その分メニューを厳選して
毎回のポイント練習の質を上げていきたい。







注意点その3 : スピード練習は確実に実施すべし




今年の結果を見て愕然としたスピード練習の少なさ。
来年、ロング走の質を上げるためにもスピード練習は必須だ。
距離はそれほど長くなくてもいい。
1km×3でも構わないので、週に1度は確実にゼイハアする機会を設けること。










・・・ここまで書いてきてふと思ったのだが、これってウルトラ向け練習メニューに限った話ではないな(笑)
現在進行中のフルマラソンに向けた練習計画立案にも同じことが言えそうだ。
いずれにしても、来年この記事を書いたことを覚えているかどうかが最大のポイントかも知れないwww
これで今年の丹後に関連した記事はおしまい。
さ、秋冬のフルマラソンに向けてがんばろう





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

2018tokyo






プラチナチケット、遂に降臨。
久々にカラダが震えたwww
精一杯頑張ります。
ご一緒する皆さま、応援して下さる皆さま
よろしくお願いしますm(._.)m






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除










レギュラーシーズンを観戦するのは今日で最後。
CSは抽選結果次第だ。
今シーズンはここまで7勝2敗と好調。
本日も勝って観戦勝率8割なるか?
















勝負の行方は如何に





++++++++++





21時20分追記。
今シーズンは7勝3敗でした(>_<)





にほんブログ村

テーマ:阪神タイガース
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

30km走、今シーズン最初のチャレンジ!
コースはマイコース2kmぐるぐる修行コース!
ペース設定はキロ6分半より速く→ゆるゆる!
リザルツ。ドドン!!







20170923-1





20170923-2

20170923-3








15kmぐらいまではキロ6分10秒前後で推移。
そこから少しずつ落ち出して20km以降はグダグダ(>_<)
ま、これが今の走力。
今シーズンはここからスタート








++++++++++






という記事を書いてから所用のために外出したが
なんか寒気するし、身体の節々が痛い。
もしやと思って帰宅すると















…うーむ。
今日の記録はなかったことにしてよろしいかwww





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も一昨日・昨日に引き続いて丹後までの練習を総括するシリーズ。
一昨日は過去3年間について、4月から丹後までの走行距離と平均ペースを確認した。
昨日は練習の中でもロング走にスポットをあてて考えてみた。
本日は練習のもう一つの柱となるべきスピード練習にスポットをあててみる。








・・・実はいやな予感がしていた。
ロング走には力を入れていたのだが、スピード練習に取り組んだ記憶がほとんどない。
うーむ、と思いながら練習記録から実績をピックアップしてみた。
ドン。




◆2017年5月11日(木) ビルドアップ走 3km×3
→3段目を終えてペースアップした際に右ふくらはぎ痛



◆2017年6月22日(木) ビルドアップ走 4km+3km+3km



◆2017年7月12日(水) ビルドアップ走失敗 3km+3km+1km



◆2017年8月2日(水)  インターバル走 1km×3



◆2017年8月31日(木) インターバル走 1km×3














・・・いじょ。
思った通り少なすぎる。
たったこんだけかよw
練習方法がどうとか、設定ペースがどうとかいうレベルではないww





来年のワタクシ、1km×3でいいから毎週やりなさい。





これしか書けんわwww
もう1回まとめ記事を書いて、今年の総括としておきたい。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も昨日に引き続き丹後までの練習を総括するシリーズ。
昨日は過去3年間について、4月から丹後までの走行距離と平均ペースを確認した。
本日は練習の中でもロング走にスポットをあてて考えてみる。








今年は、4月~8月までの5か月間で、少なくとも1ヶ月に1回は50km走をやろうと考えていた。
7月は長居ぐるぐるがあるし、8月は大会が目前に控えているのでほっといてもやるだろうw
ということで、4月~6月に積極的にウルトラの大会にエントリーしてみた。
そんな今年のロング走の軌跡は以下の通りだ。
ちなみにロング走の定義は30km以上の距離を走った(中には歩いたものもあるww)ものとする。





◆2017年4月23日 水都大阪ウルトラマラソン(DNF):73km(平均ペース8分28秒)


◆2017年5月3日  ユリカモメウルトラマラソン応援:51km(7分24秒)


◆2017年5月21日 鯖街道ウルトラマラソンBコース:43km(10分7秒)


◆2017年6月11日 飛騨高山ウルトラマラソン71km:71km(9分14秒)


◆2017年7月15日 ポンポン山リベンジ:30km(12分49秒)


◆2017年7月22日 長居ぐるぐる:61km(9分35秒)


◆2017年8月12日 丹後合宿初日:46km(9分13秒)


◆2017年8月26日 50km走:50km(7分48秒)




大会やイベントとしてはそれぞれ楽しめているので特に不満はないのだが、
ウルトラ向けの練習と捉えた場合、やはりペースが遅すぎる。
鯖街道やポンポン山のようにトレイルを含むものについてはどうしてもペースが遅くなるのだが
それにしてもペースが遅いなあ、というのが第一印象。
具体的には例えば7月の長居ぐるぐる。
ワタクシは朝4時半のアーリースタートから15時まで、集合→挨拶の30分を除く10時間が持ち時間。
ここをキロ8分(休憩込み)で走りたい。
そうすると距離にして75kmということになる。
なかなか額面通りに事は運ばないと思うが、もう少し上積みがなのだろう。





また、レースやイベントで走ったものが多く、単独で実施したのは7月のポンポン山リベンジと8月の50km走のみ。
メンタルを鍛えるという意味合いを考慮すると、もう少し単独実施を増やした方がいいのかな、と思ったりもする。
できれば来年も水都→半鯖→飛騨高山という流れで行きたいと考えているので、単独ロング走実施は
6月後半、7月前半、8月後半の3回ぐらいか。
ほんとは酷暑の時期にもう少しトレイルをうまく活用できるといいのだが、
ワタクシの場合トレイルに行ってしまうとハイキングとなってしまい練習効果に疑問符が付くのが難点だ。
ちなみに過去3年間の4月~丹後までに実施したロング走(30km走以上)を纏めてみたのがこちら。
ドドン。







ロング走一覧








いや、ホンマに去年はよく走っとるわ・・・(・∀・)
明日は更に別の視点で振り返ってみる。






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日から社会復帰、気持ちをしっかり切り替えて秋冬大会での目標必達に邁進するのだ。
でも、しばし待たれい。
丹後のレポは書けないけれど、練習内容はしっかり総括して
来年のために記録として残しておかなければならぬ。
というわけで、丹後に向けた練習を振り返るシリーズ。
本日は走行距離とペースについて。








マラソンの練習において、最低限の距離は踏まねばならないだろうが、
走行距離に拘るかどうかは意見の分かれるところだと思う。
フルマラソンだと走り込みとスピード練習のバランスについて
ある程度考慮する必要があるのだろうが
ことウルトラマラソンに関して言えば、故障しないことを前提に
走れるだけ走った方がいいような気がしている。
では、ワタクシの走行距離はいかほどだったのか。
丹後に向けて練習を始めたのは篠山が終わり、ある程度疲労も抜けた4月。
そこで4月以降の走行距離と平均ペースを纏めてみた。
ドン。







tanngorennshuusoukatu 1








2015年は4月のチャレ富士で故障。
5月は全く走れなかった。
6月中旬に復帰し、その後距離を伸ばしていったが月間300kmに到達した月はなし。
2016年は我ながらよく走りこんでいたと思う。
ペースもまずまず。
練習面だけ見ていると完走していてもおかしくない(・∀・)
そして今年。
距離はなんとなく踏んでいるように見えるが、平均ペースがグダグダ。
原因の一つに「信号待ち・休憩」で時計を止めているか(2015・2016年は止めている。2017年は止めていないことが多い。)
というのがあるにせよ、絶対的にペースとして遅い。
ちなみに毎年7月のペースが遅いのにはちゃんと理由がある。
これらのデータを頭に焼き付けていただいて、明日は別の視点から見てみることとする。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日は有休を消化しておいた。
本来なら丹後でボロボロになったカラダを癒やすための有休だったが
今となっては特に目的のないただの有休。
とりあえず朝はゆっくり起きてからのラン。














昨日のリベンジでペース走を、とも思ったが
右足踵~アキレス腱の辺りがびみょーに痛むので、自重してジョグ。
原因は自分なりにわかっていて、右股関節の動きの悪さに端を発し、
腸頸靭帯~ふくらはぎが張ることにより、踵からアキレス腱近辺に
過度の負担がかかっていることによるもの。
この辺りを全般的にケアしつつ、痛みが酷くならないように練習していくしかない。








午後からもいろいろあったのだが、それについては後日





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

◆9月16日(土)

















雨が降り出すまでラン。
キロ6ペース走10km+ダウンジョグ。
フルマラソンモードに切り替えるために、当面はキロ6ペース走の距離を伸ばしていきたい。
できるだけ早いタイミングでキロ6でも30km走をやっておきたい。
それができればペースを更に上げていく。





















昼からコナミで筋トレとトレッドミル。
マシントレーニングは負荷を上げて追い込む努力をする。
ついにスミスマシン、デビュー。
フォームがイマイチ決まらないので要研究。








◆9月17日(日)














前日夜に遅くまで痛飲したこともありランオフ。
台風の雨風がひどくなるまでに、街まで行って書籍を購入。
いろいろと学ぶべきことが多い。







◆9月18日(祝)

















今日もキロ6ペース走。
・・・と思ったら7kmでアウト。あれ??
残り3km敗戦処理でうなだれて帰宅。
うーむ。








これにて三連休は終了。
なんとなく冴えない三連休だったが、まあ仕方ないよね。
明日からもう一度切り替えて、モチベーション上げて行こう(・∀・)







・・・と思ったら、明日もムダに有休。
うーむ、切り替わらんwww





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
もちろん、速報記事を書く事はできません(笑)
昨晩は既報のとおり、丹後メンバーで残念会を開催しました。
当然といえば当然、みんなとても残念だったのか、お酒のピッチも普段より速い。
いろいろと事件が起こっていたようです(爆)
次の大会に向けて気持ちをスッパリと切り替えたつもりでしたが
さすがに今日は何度か「もし丹後を走っていたら、今頃あの辺を・・・」と思いました。
台風の影響がなく普通に大会が開催されていたら、果たして結果はどうだったんでしょうか。
こればっかりは永遠に謎のままですが。







次の大会は10月29日のFairy Trail 18kmですが、これはファンランというかハイキングwなので
実質的には11月の大阪が次のレース。
そこに向けての練習計画も立てたし、取り組みたいことも固まりつつあるのですが
それを今日の記事で書いてしまうと明日から書く事がなくなる。
なんせ予定していた丹後レポが飛んだおかげで、これから2週間分ぐらいのブログネタを捻り出さねばならない。
これはなかなか大事ですw
わがままなおっさんみたいに休息してやろうかとも思いましたが
よく考えると先月1ヶ月間休息していたので、あまりにもサボりすぎだwww
そんなわけで当分の間は数少ない手持ちのネタを小出しに小出しにしながら繋げていきたいと思います。
うーむ、今日も内容が極めて薄いなwww






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除









丹後メンバーの悶々とした想いをほんの少しでも軽くできれば。
そんな緊急企画。
来年頑張りましょう




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
丹後直前特集も本日で最終回、いよいよ大会当日が明後日に迫ってきた。
毎年、丹後直前の金曜日と言えば、その年の丹後に賭ける意気込みを思い入れたっぷりに書いてきた。
3年前は「目いっぱいがんばってくる」と書いて大してがんばれなかった。
一昨年は「死ぬ気でがんばってくる」と書いて、某ヘリで運ばれていった。
昨年は「感謝」をテーマにしたけれど結果が奮わず、感謝も不十分に終わった。
さて、今年はどうする?










あらためて自分が書いた昨年の丹後レポを読み返してみた。
その時の気持ちや心の動きが昨日のように蘇ってきた。
総括記事の最後に自分へのメッセージとしてこう書いてある。





>でも来年の9月、丹後に向かう自分にこう声をかけたい。


>「準備はできた。後は自分を信じてしっかり楽しんで来い」と。




いやーーー、どうなんだろうなwww
「準備はできた」かと問われるとあんまり自信ない(>_<)
でも、一つだけ考えていることがある。
それは




「完走」に囚われすぎないこと。




以前から特に丹後に関してはたくさんの皆さんに応援してもらっていて、
自分でもその期待を肌で感じている。
だから毎年完走できず、不甲斐ない結果を繰り返すにつれて情けないと思うし
何としても完走して期待に応えなければ、と強く思うようになった。








・・・もちろん今でも強く思っていることに変わりはない。
でも、「完走」の2文字に囚われすぎていないか。
プレッシャーを必要以上に感じるあまり、前日夜に眠れなかったり体調不良を引き起こしたり。
そもそも自分がなぜ丹後100km完走を目指そうと思ったのかを思い出してみる。




楽しそうだから。


ワクワクするから。


今の自分にできる最大限の冒険だから。





だとしたら、楽しもう。
ワクワクしよう。
冒険なんだから、細かいことに拘りすぎずにチャレンジしよう。
冒険の結末が「完走」になれば言うことなし。
そんな気持ちを大切にしながら、今年の丹後に挑んできます。








例年通り明日現地入り。
例年と違って、今年は秘密兵器が前日からフル参戦(>_<)
ヤツにペースを乱されないように注意したいと思いますwww







++++++++++





という記事を用意していましたが、こうなりました。





2017丹後中止






「大変残念」という四文字では表しきれないぐらい残念ですが、安全第一ということを考えればやむを得ません。
でも、積んできた練習はきっと今後のレースに役立つはず。
秋から来年春のレースでその成果を存分に発揮したいと思っています。
今年の丹後はこれで終了(>_<)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も丹後直前特集。4回目のテーマはiPhoneのミュージック・プレイリストについて。
昨年「TANGO 100 Tunes」と銘打って、丹後のお供用にプレイリストを作成した。
そのことについて書いた記事がこちら。




丹後2016直前特集その7 ~TANGO 100 Tunesについて




記事にも書いてる通り、浅茂川以降でBluetoothイヤホンのスイッチを入れようと考えていたが
昨年はそれ以前に撃沈してしまったため、陽の目を見ることはなかった。
ただそれ以降、ロング走の際などに活用している。
今年の丹後に挑むにあたり、一部プレイリストの入れ替えを実施した。
また8月下旬の50km走の際に、8時間はもつと思っていたイヤホンが7時間しかもたないという事実が判明したため
曲数を100曲→86曲(演奏総時間を8時間→7時間)に厳選した。
そんな今年のプレイリストはこれだ!ドドン。









2017 TANGO 100 Tunes-1

2017 TANGO 100 Tunes-2









昨年と入れ替えた曲を中心にご紹介していく。
1曲目に記されている聞き慣れないタイトル。
これは箱根駅伝のオープニングテーマ曲である。
放送のオープニングで函嶺洞門を走る選手の映像などをバックに流れるあの曲である。
演奏は東京佼成ウィンドオーケストラ。
元ブラバン男子だったワタクシにとっては、青春時代によくお世話になったバンドだ。
最近のヒット曲、SISHAMOの「明日も」や星野源の「恋」もリストアップしている。
19曲目から20曲ほど続く怒涛のaiko様ゾーンは今年も健在だw
後半戦に目を移すと、バラードゾーンの締めくくりにチューリップの名曲「青春の影」をピックアップ。
そして今回追加した曲のうち目玉となるのは、後半戦に追加したオザケン2曲。
特に「強い気持ち 強い愛」はその当時から大好きな曲だったのだが、
iTunesなどになかなか音源がなくラインアップに加えることができなかった。
今回、このプレイリストのためにアルバムを1枚購入したったww
ラスト2曲は昨年と入れ替えて、今年は佐野元春の「SOMEDAY」がラストチューン。
予定では弥栄の関門を通過後にイヤホンのスイッチを入れて、ラスト1kmぐらいでSOMEDAYとなるはずなのだが、果たしてどうなるのかwww







++++++++++






そんなことよりTALIMの行方が気になる大会当日の天気予報。







20170914-1


20170914-2








うーむ( ̄▽ ̄;)






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も丹後特集。3回目のテーマは装備と補給について。
まずは装備から。
さっそく今年の装備表をご覧いただこう。ドン。










2017丹後装備










丹後100kmも今年で4回目。
装備もほぼほぼ固まってきている。
帽子関連については当日の天候によってPatagoniaのダックビルキャップ・バイザーをフレキシブルに起用。
今の予報ならバイザーで行くかな。
シューズについては昨日の記事の通り。
短パンはPatagoniaのナイントレイルショーツとHoudiniのトレイルショーツ、どっちにするか未だに決めかねている。
タイツはロング・ハーフとも着用せず、ゲイターのみで臨む所存だ。
あとはあんまり凝ったアイテムを使用する予定はないが、強いて言えばモンベルのスポーツ腹巻をどうするか。
ワタクシ、走り出して程なくまるで集中豪雨に遭遇したかのごとく、全身汗まみれになるのはご存知の方も多いと思うが
その汗が冷える際に、同時にお腹も冷えて調子が悪くなることがある。
それを回避するためにスポーツ腹巻を・・・と思っているのだが、腹巻自体も汗まみれになって
お腹を保護するどころかむしろ冷却を促進しかねない恐れがあるので、起用を躊躇しているところだw
また、当日雨が強いようであれば、冷え対策としてファイントラックも用意しておかねば。
あと、ビニールポンチョも必携だな。






次に補給について。
持参する補給用ジェル・サプリはこちら。ドドン。









2017丹後補給










基本的には1時間ごとにジェル1つないしはエイドの補給食を摂取。
MAGMAは10kmごと、VESPAは20kmごとに摂取。
岩本コーチのショップから購入したL-グルタミンの持参を検討したが、オブラートに包んだ粉末を運搬することが困難であり断念。
(丹後合宿の際に持参したが、汗や水分でオブラードが破れ粉だらけになったwww)
あとはガスター10・陀羅尼助丸は胃に変調をきたす前に早めに摂取して予防に努める。
できればロキソニンは飲まずに終えたいが、飲まざるを得ないような事態になったら
躊躇せずさっさと摂取して勝負する。
あとはへしこおにぎり・うどん・パン・バラ寿司・スープ・つみれ汁などのエイド食を楽しみに走る。
・・・って、ワタクシ、へしこって食えたかな??←密かに好き嫌い多いヒトwww
また、昨年までは弥栄庁舎・碇高原2か所ともドロップバッグを預けていたが、
今年は中間地点に近い弥栄のみに集約する。
碇高原にも一応何らかの補給食・ドリンクは預けるが非常用であり、
基本的には碇高原でのドロップバッグ受け渡しを省略することでタイム捻出を狙うのだ。
ま、ザックリしているが、事前にいろいろと細かく取り決めておいても本番は想定通りにいかないので
臨機応変に対応していくしかないからこれでいいのだ







++++++++++






大会当日の天気予報。







20170913-1


20170913-2






むしろ気になるのはこちら。







20170913-4








少し冷静に考えてみよう。
予報円が広すぎて、現時点ではなんと言えないのだが
台風の東側・南側が風雨とも強くなるはずなので
おそらく予報円の南側に逸れてくれれば影響はかなり抑えられるはず。
南側に逸れていく条件としては、高気圧の勢力が弱く偏西風の威力が優ればいいはずだ。
そうなる可能性は十分にあると思う。
もうひとつのシナリオとしては、台風の速度が予報より遅ければなんとかなりそう。
この場合の条件は、逆に偏西風の威力が弱く台風の速度が上がらないケースが想定される。
さあ、どっちに転ぶか(・∀・)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も丹後直前特集。2回目は丹後のシューズについて。
・・・いやぁ、今回は相当迷走した(>_<)








当初は昨年も起用したHOKAONEONE CLIFTON3を投入するつもりだった。
昨年の丹後⇒今年の篠山⇒飛騨高山と起用し、何の不満もなかったからだ。
一つだけ難を言えばシューズの耐久性は格段に劣る。
昨年購入したCLIFTON3はまだ400km走っていないけれどソールの劣化が激しいことから
早くもペロンチョ状態だったので、今年も1足購入しようと思っていた。
6月中旬、飛騨高山を終えたワタクシはランウォークスタイルに行って新しいCLIFTON3を購入しようとしたら
店員さんがこう囁いた。
「もうすぐ新モデル、CLIFTON4が出ます。いいらしいですよ。」
なるほど。
素直なワタクシは1月ほど待って発売されたCLIFTON4を購入し、
さっそく長居ぐるぐるで起用してみた。
その時の感想がこちらの記事に書いてある。





長居ぐるぐる2017 振り返りその3~装備補給編。





ワタクシの嗜好によるものと思うが、CLIFTON3で感じた反発力を感じることができず
フィット感もイマイチ。
残念ながら丹後本番での起用は見送らざるを得ない結果となった。
そのため旧モデルとなったCLIFTON3の在庫を探し回り、ようやく1足入手。
便宜上CLIFTON3-2と標記するが、こちらのシューズは丹後合宿の初日に起用した。
やはり4に比べるとワタクシの足に合っている。
これで丹後のシューズは決まり・・・








のはずだったが、RWSのブログ記事を見たことにより状況は更に変化する。
その記事にはCLIFTONとTRACERの中間的シューズとして新しく発売されたCLAYTON2が紹介されていた。
もともとCLIFTON3も厚底シューズの割には軽く265g(27cm)。
これに対し、CLAYTON2は235g(27cm)と更に軽いらしい。
もしかしてこれか?と思いつつ、RWSを再訪し足を入れてみる。
おお、素晴らしい。
すかさずお買い上げし、8月ラストの50km走で試してみる。
CLIFTON3で感じる跳ね上がるような反発力ではないが、しっかりとクッションは効いており
しかもほどほどの反発力はある。
予想通り軽く感じられ、足運びはスムーズ。
かかとのフィット感も問題なく、より広くなったという前室によりCLIFTON3と比べてワンサイズ小さくしたが
足指付近にも余裕がある。

















というわけで、今年の丹後はHOKAONEONE CLAYTON2で走ります。
・・・これこれ、シューズ代にいくらかかったか計算しないwww






++++++++++




シューズへの投資が生きるかw 大会当日の天気予報。








20170912-1


20170912-2






・・・というよりも気になるのはこちら。







台風18号進路 20170912






うーむ、ホンマに来るのか??
・・・と思ったら、昨年も同じような状況だったみたいだ(*^_^*)







2016台風16号







こればっかりは運を天に任せるしかない。






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
いよいよ丹後まで1週間を切ったので、当ブログも丹後直前特集を集中掲載。
と言っても9月に入ってブログ再開以降、ほとんど丹後に向けた話しか書いていないのだけれど・・・w。
そんな初回はいきなり最重要ネタ、当日のペース表について。
出来るだけ早く晒して、皆さんの目でもチェックしていただこうという魂胆だ。
まず毎度おなじみ、丹後のコース図・高低図はこちら。ドン。








丹後コース図2017





丹後高低図2017







昨年は結構コース変更があったが、今年は11km付近のエイド位置が変わる以外の変更はなさそうだ。
ちなみに60kmの部は弥栄庁舎から丹後庁舎の間でコース変更があるようなのでご注意を。
先月の丹後合宿でようやくコースの全体像が把握できたので、しっかり完走できるイメージがわ・・・



かない(>_<)
これらコース図・高低図を踏まえた今年のペース表はこちら。ドドン。








2017丹後ペース表【確定版】その1


2017丹後ペース表【確定版】その2










基本戦略は毎年変わらない、というか変えようがない。



① 53km弥栄庁舎までの平地はできるだけキロ7分をキープ。

② 七竜峠・碇高原の登りはしっかり歩く。ただし走れるところはできるだけ走る。

③ 碇高原の下りは飛ばし過ぎない←こんな心配はする必要ない??

④ 間人以降はとにかく粘る。





以上の戦略を表現したペース表となっているはずである。
また、先日分析した昨年完走者データとワタクシのペース表を比較するとこうなる。
比較対象はもちろん「13時間55分以上」の皆さん方だ。ドドン。









別案】丹後ペース表_2016Ave比較










昨年の完走者平均と比べると

① スタートはロス3分を見込んでいることもあり平均比遅い。
② 10km~30kmの平地で平均比頑張る計画。
③ 上りの弱いワタクシは七竜峠は平均比時間がかかるとみている。
④ 50km~60kmが平均比速いのは、弥栄庁舎での休憩を短縮することにより捻出。
⑤ あとはがんばるだけw

という構成になっており、我ながら納得性はあるww
なお、このペース表は走行時間以外に各エイドでの休憩時間合計30分を織り込んでおり
実際にはこの30分をバッファとしながら進んでいくこととなる。
ウルトラの大会などに出ると「丹後のペース表、参考にさせてもらいました」とお声掛けいただくことがあり、作成する方も力が入る。
作成者自身が未だ完走したことがないのが大変残念ではあるがwww、
今年こそは何とかしとめたいと思っているのだ。
さぁ、ペース表がブログに登場するといよいよ感が高まってきた(・∀・)






++++++++++






大会当日の天気予報。






20170911-1


20170911-2







降水量0mmということで、それほど雨が降らないのであれば
また蒸し暑くならないのであれば、これぐらいの方がいいのかもしれない・・・。
雨対策も講じておかなければ(>_<)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

◆9月9日(土)




LOG20170909-1


LOG20170909-3


LOG20170909-2








勝尾寺往復練。
丹後前ラストということもあり、拝観料を払って参拝。















丹後メンバー全員の無事完走をお願いしてきた。
ただし、ワタクシの完走を最優先にお願いしたので
ご利益が回りきらなかったら申し訳ないw
練習は全般的に余裕を持って走りきれたので良し。








◆9月10日(日)






来週の丹後本番を睨んで、前日は夜8時に就寝、夜中の1時に起床して朝食と
当日と同じスケジュールにした。
ホントはスタート時刻と同じ朝4時半から軽く走るつもりだったが
ふくらはぎのハリが強くアキレス腱が痛みそうだったので自重。
軽いウォーキングに留めておいた。
昼間も筋トレはパス。
買い出しに行ったあとはスーパー銭湯でのーんびり。
いよいよあと1週間







++++++++++






当日の天気予報。
























うーむ、毎日予報が変わる( ̄▽ ̄;)
どんな天候でも大丈夫なように、装備・メンタルとも準備すべし。






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日のテーマは「2016年丹後完走者のデータから読み解く」。
数日前に関西のエース、なーさまがこんな記事を更新しておられた。
ほっほー、なるへそ。
過去大会完走者のデータを分析するというのは、切り口としてはかなり有力。
さすがなーさま。
昨年丹後60kmを快走し、今年は100kmでサブ10を目指すなーさまは
60kmと100kmの相関性について分析しておられるが
ワタクシにとってはむしろ100km完走者のデータのみを分析する方が有用だ。
というわけでさっそくやってみた。
手順は以下の通り。



① 公式HPに掲載されている完走者のデータ(タイム)をエクセルに落とす。

② データとして掲載されているスプリットタイムに加えて10kmごとのラップタイムも計算する。

③ カテゴリーごとにスプリットタイム・ラップタイムの平均値を計算する。
  (最大値・最小値もピックアップしたがあまり意味なし)

④ さらにイメージをつかむためにカテゴリーごとに「30km/ゴールタイム」「50km/ゴールタイム」
  「70km/ゴールタイム」の係数を計算する。



なお、今回データとして使用したのはゴールタイムが13時間半を超えた方のみ。
それより速いタイムはワタクシの参考にはならないw
そしてカテゴリーはゴールタイムごとに「13時間半以降」「13時間40分以降」「13時間50分以降」「13時間55分以降」に分類してみた。
それではさっそく分析結果を見ていただこう。
まずカテゴリーごとのスプリットタイム・ラップタイムはこちら。ドン。







2016TANGOデータ_SPLIT LAP









13時間半以降」はゴールタイムが13時間半~14時間未満、「13時間40分以降」はゴールタイムが13時間40分~14時間未満という要領なので
ゴールタイムが遅い集団ほどスプリット・ラップが遅くなるのは当然の傾向。
ワタクシが気が付いた点は以下の通り。


◆どのカテゴリーも最速ラップは10km~20km
 →この区間は七竜峠の下り後半が含まれており、また時間的にも朝早いためコンディション面も良好
  であることが好タイムの要因と思われる。

◆一方、時間を要している区間は50km~60kmと60km~70km。
 →60km~70kmは碇高原の上りなので想像通り。
  意外だったのは50km~60km。どのカテゴリーも60km~70kmと遜色ないぐらい時間を要している。
  碇高原の上りはじめが少し引っかかっているのは一つの要因だと思うが、それでも時間がかかり過ぎている。
  ワタクシが立てた仮説は弥栄エイドで休憩し過ぎ説。
  ドロップバッグが置かれており第2関門となっている大エイドなので、
  しっかり休憩を取っている人が多いと思われる。


◆80km~90kmより90km~ゴールの方がペースアップしている。
 →コースの難易度的に両者にはそれほど大きな差はないと思うが、やはりゴールが近づくとペースが上がるのか。
  また、面白いのは90km~ゴールのラップについてのみ、ゴールタイムが遅いカテゴリーの方が
  ラップタイムが速くなっている。
  これはおそらく速く走らないと制限時間に間に合わないからと推測される。



次に30km・50km・70km地点でのゴールタイムに対する係数は以下の通り。ドドン。









2016TANGOデータ_係数










当たり前と言えば当たり前だが、どの地点も基準となる数値(例えば30kmなら0.3)より少ない数値となっている。
目安としては30km→0.26、50km→0.46、70km→0.68程度か。
これらをタイムに置き換えると



・30km→3時間38分
・50km→6時間26分
・70km→9時間31分



程度となる。
係数面でも面白いのは13時間55分カテゴリー。
70km地点の係数が0.6929と基準である0.7に極めて近い数値となっている。
アップダウンの多い丹後のコース、もちろん最後まで細かいアップダウンは続くのだが
特に大きな上りである七竜峠往復と碇高原の上りは70kmまででほぼ終わっている。
それ以降のコースも制限時間14時間ペースで平均的に刻むことができる人たちが
制限時間ギリギリに滑り込んでいるのかもしれない。







一通り分析してみたところで、これらを自身のペース表に活かしてみたのだが、
そのペース表は後日公開w





++++++++++





丹後当日の天気予報。





20170909-1


20170909-2






雨マークが消えて、気温が少し上がった(゚д゚)
少し暑いかもしれないが、これくらいにしておいて~♪





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
丹後まで1週間余り。
大会直前週末の前日、金曜日と言えば大会当日の10日間予報解禁日だ。
今年の丹後は灼熱なのか?それとも昨年のような蒸し暑い雨模様なのか?
ちなみに昨年まで3年間の天候は以下の通り。ドン。







2014-2016丹後天候

(「参加のご案内」より)







なるほど。3年前・一昨年は最高のコンディションだった。
昨年は雨模様。
では、今年はどうなんだ??
さっそくご覧いただこう。ドドン。








20170908



20170908-2









どうやら灼熱は免れそうな感じ。
ただ、雨マークが付いているので昨年のように蒸し暑くなる懸念がある。
そういえば昨年の湿度はどれくらいだったのか?
大会案内に記載されているのは気象庁のデータと思われるが、
気象庁HPで検索してみても湿度のデータがない。
近いところでYahoo天気「京都北部(舞鶴)の過去の天気」によると
湿度は98%とのこと。
うーむ、それに比べれば快適か。
しかも昨年は午後からかなり雨が降ったが、今年の予報ではそんなことはなさそうだ。
あと、風がけっこうあるのねーー。
いずれにしてもこれから10日間、日本気象協会から目が離せないwww





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日のテーマは「丹後直前の練習計画」について。
ある程度の負荷をかけて走り込んだ8月から調整の9月へと移行するわけだが
具体的にどのように練習メニューを組み立てていくのか。








話は少しそれるが、最近ランニング月刊誌(ランナーズ・ランニングマガジンクリール)に加えて
トレランの雑誌も読んでいる(RUN+TRAIL、マウンテンスポーツマガジン)。
全国各地、いや海外も含めて山の写真はきれいだし、ギアもカラフルで見ていて楽しい。
また、あれだけ登りが遅い(下りもw)にもかかわらず、
トレイルランへの興味だけはあるのでトレラン雑誌を読んでいるのだが
実はフルマラソンやウルトラマラソンの参考になるような記事が掲載されていることも多いのだ。
ひとつ例を挙げると、「ウルトラマラソンでの胃腸の不調に対応するために、予め胃酸を抑える薬を飲んでおく」
というのは、ウルトラトレイル対策として書かれていたものを参考にさせていただいている。








話を本題に戻す。
今回気になったのは、RUN+TRAIL25号に掲載されている、サッカー日本代表コンディショニングコーチ、早川直樹氏の記事。
記事自体は「トレーニングの期分けについて」という、割とよくある内容なのだが
ワタクシが注目したのは以下のような内容。



「トレーニングの強度を落とさなければ、頻度をある程度落としても持久力は低下しないが
 トレーニングの強度を落とすと、頻度を維持しても持久力は低下する」




ちなみにこれ、ワタクシがそう解釈したということで、もしかしたら間違っているかもしれないので
気になる方は実物を当たってください。

















話を戻すと、これってテーパリングに生きるんじゃね?ということです。
テーパリングというと、とにかく練習の負荷を落として疲労を取ること一辺倒だったが
練習頻度は落としても1回の練習強度を維持することで、持久力の低下を抑えることができるというのは
決して悪い話ではない。
そこで問題は練習の強度をどう考えるかということだ。
そもそも通常の練習強度がどれくらいか、数値化されたデータなどがあるわけではない。
かといって、これまでと同じ練習(例えばジョグ10kmとか)で頻度を落とすというのも
なんとなく芸がないような気がする。
またこれとは別の話で、8月まで練習を続けてきて心肺能力が心配(ダジャレではないw)になっていた。
丹後の平地をできるだけ楽に走るには、心肺能力を上げておく必要があるような気がしていた。
というわけで、強度を維持するテーパリングメニューは



「ジョグの距離を短くする代わりにペースを上げる」ないしは「短めのスピード練習を行う」



ことに決定。
そんなわけで9月に入ってからジョグのスピードを少し速めているのだ。
9月に入ってから本日までの練習経過は




1日(金):ランオフ

2日(土):20kmペース走(@615)

3日(日):ランオフ (コナミでスイムと筋トレ)

4日(月):ジョグ10km(@623)

5日(火):ジョグ7km(@630) ※1kmガチ×2 … 458-455

6日(水):ランオフ(コナミで筋トレ)

7日(木):ジョグ7km(@612) ※WS×3






ジョグのペースを気持ち速めるとともに、1kmガチ・WSといった心拍を刺激するメニューを意識的に増やしている。
そして明日から大会当日までの練習予定は以下の通り。





8日(金):ジョグないしはランオフ

9日(土):ジョグ15km

10日(日):ジョグないしはランオフ(コナミでスイムと筋トレ)

11日(月):ジョグないしはランオフ

12日(火):ジョグないしはランオフ

13日(水):ジョグ

14日(木)~16日(土):ランオフ




脚の状態を見ながらフレキシブルに対応する方針。
土曜日に最後のポイント練習を実施し、それ以降はジョグでつなぐ。
もちろん昨日までと同様に心拍を刺激するメニューを織り込んでいく。
大会前最後の練習は水曜日。
木曜日以降はランオフ(ウォーキングはするかもしれない)で疲労を抜いていく。
さぁ、やることは決まった。
あとは本番を迎えるのみ(メラメラ




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日は「8月の練習を振り返る」シリーズの最終回。
8月全体をざっくり振り返っておく。
まずは8月のジョグノートをご覧いただこう。ドン。









2017年8月-2









過去記事に書いた通り、月初は月間310kmを目標にスタートしたものの
ポイント練習となるべきロング走が満足にこなせず軌道修正。
つなぎジョグの距離を抑えつつロング走に集中した結果、何とか2度のロング走を実施。
ただし、タイムはグダグダやけどね・・・(汗
本当はもう1回~2回、30km走をやっておきたかったのだが、今の走力はこの程度ということだろう。
また、後半については右足アキレス腱の状態と相談しながら少々ペースダウンした。
相変わらず「やりたい練習」と「できる練習」の乖離が大きいようだ(>_<)
最終的に走行距離は282kmで平均ペースはキロ7分44秒。
ちなみに一昨年・昨年の8月度走行距離・平均ペースは



一昨年(2015年8月)… 236km・キロ8分12秒
昨年 (2016年8月)… 305km・キロ7分19秒



平均ペースについては、信号待ちなどで時計を止めるかどうか
(昨年・一昨年は基本的に止めていて、今年は基本的には止めていない)
など条件の違いがあるので一概に比較はできないが、概ね一昨年よりは走れているが
昨年ほど走れていないというのは、感覚的にもある程度合致している。






いずれにしても、あとは9月の調整具合にかかっている。
どのように調整していくかについても少し考えるところがあるので、
その内容については明日。






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も引き続き「8月の練習を振り返る」シリーズの続編。
丹後合宿を成果半分・落胆半分で終えた後、8月後半戦タタカイの記録です。







++++++++++







お盆休みを終えた後の週末は丹後4週間前。
岩本コーチの赤本では「ソツケン」として60km走が設定されているなど、
練習メニューとしてはピークを迎える週になる。
1週間前の週末に丹後合宿で長い距離を走っていたが、この週末にもう一度ロング走をしようと思っていた。
赤本では「ソツケン」は60km走だが、実際に60km走った長居ぐるぐるでのダメージから回復するのに結構時間を要したので
今回は50km走に留めておくことにした。
8月19日(土)。
サトさん・えむさんを中心にポンポン山ハイキングが開催され、
ウチの嫁もお邪魔させていただいたのだが
ワタクシは参加せず、「男は黙って50km」のつもりだった。






・・・そう、「つもりだった」。
結果は10km余りで終了。
右足踵からアキレス腱あたりが痛み始めたので自重して中断。
接骨院で診てもらうと「故障には至っていないが、このまま無理するとヤバいかも」だった。
特にふくらはぎのハリが強く、原因の一つとなっているようだ。
翌日の日曜日は感触を確かめるようにジョグ15km。
走れないことはないのだが、やはり痛みが気になる。
翌週の平日は水曜日に10kmジョグした以外はランオフで回復を図る。
そして丹後3週間前の週末。
ロング走ができるラストチャンスだ。
26日(土)。万感の思いでスタート。

















結果は以下の通り。








20170826-1



20170826-2



20170826-3









ペース面では不満があるけれど、右足を決定的に痛めないように加減しながら走ったのでやむ無し。
とりあえず50km移動することはできた。
…これが今の自分の走力だと捉えて、あとは本番でベストエフォートだ。







あと1回、8月全体を総括する予定。






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日のテーマは、昨日に引き続いて「8月の練習を振り返るシリーズ」の3回目で丹後合宿について。
丹後合宿のあれやこれやについてはご一緒したT氏S氏がそれぞれ詳細に書いてくださっているので
ワタクシは自分の結果のみ記しておく。







++++++++++







1日目の結果は以下の通り。







20170812-1




20170812-2



20170812-3








昨日の繰り返しになるが、丹後合宿に参加したのは「未知のコースを確認したかった」から。
そういう意味では大きな収穫だった。
ワタクシの頭の中で、ようやく丹後100kmが繋がった(・∀・)
でも、ホントは最後までしっかりと走っておかなければいけなかったのだろう。
1日目終了時点ではまだ余裕があり、少し調子が上向いて来たのではと思ったりしたが





…錯覚だった(>_<)
そんな2日目の結果は以下の通り。







20170813-1




20170813-2




20170813-3








S氏とT氏は七竜峠を往復しっかり走られたが、
ワタクシは片道でギブアップ。
両足カカト(特に右)が痛かったせいもあるが、とにかく脚が出ない。
帰りの行程もあったので片道で自重したが、極めて情けない結果に終わってしまった。























2日とも好天に恵まれ、景色は最高だった。
遅くなりましたがご一緒いただいたS氏、T氏に厚く御礼申し上げます。







…ただし低空飛行は未だに続く(>_<)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

丹後2週間前週末練。
9/2(土): 20kmペース走。









20170902-1








9/3(日) : ランオフ


朝、走りに行こうとしたが、右足かかと~アキレス腱に少し痛みが出たので
大事をとってランオフ。
走ろうと思えば走れる程度の痛みだが、もはや無理する必要もないので自重した。
代わりにコナミで普段より1~2セット多めに筋トレ+プールでスイム、ウォーク各500m。
いわゆるアクティブレストっていうやつですか







そして昨晩は聖地へ(・∀・)

























これで今シーズン7勝2敗。
レギュラーシーズンはあと1試合。









++++++++++








さて本日のテーマは、昨日に引き続いて「8月の練習を振り返るシリーズ」の2回目。
8月第1週を終えて、未だ満足の行く練習がこなせずにいたワタクシ。
果たして、その後どうなったのだろうか。







時は少しだけ遡って7月下旬の週末。
朝早くからロング走にチャレンジしたものの、思うように走れずうなだれて帰宅している道中
スマホに1通のLINEが届いた。





「丹後の下見するの?」





こんなLINEを送りつけてくるのはわがままなおっさんに決まっているw
タイミング的にノリノリでレッツゴー、という感じではなかったので
とりあえず「一両日考えてみる」と返事をしたのだが、
その後話が進みいつのまにか宿舎の検討に。
大会当日に宿泊する予定のホテルは取れないようだったが、近隣ホテルは首尾よく空室があったので
すかさず予約可能なシングル3室を予約。
「一両日考えてみる」暇もなく、実質的に丹後合宿の開催が決まったww
メンバーはわがままなおっさんとワタクシ、そして「なんか楽しげですね」という謎のフレーズと共に登場したT氏www








ワタクシが丹後合宿に参加した理由。
それはまだ見ぬ63km以降ゴールまでのコースを確認しておくこと。
今年の飛騨高山。
前半の厳しい上り坂に翻弄され、早くも第二関門で制限時間との戦いを繰り広げることになった。
特に一番ヤバかった第二関門「飛騨高山スキー場」の直前。
コース形状詳細を把握していなかったので、関門通過できるかどうか本当にヒヤヒヤした。
この時、コース下見の重要性をあらためて再確認した。
話を戻して丹後。
ワタクシは4年前の60kmで丹後庁舎からゴールまで一応走っている。
ただ2年前にリタイヤした旧コース63km付近から丹後庁舎までは一度も走ったことがない。
ここはやはりコースを確認しておく必要があるだろう。
そんなわけでお盆休みの真っ只中、3人のおっさんは一路丹後へ向かうこととなったのだ。
合宿の成果は明日の記事ご参照。








にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
昨日の更新再開記事、ごく短い記事にもかかわらず暖かいコメントをいただきありがとうございましたm(_ _)m
マイペースで更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。
さて、本日より「8月の練習を振り返る」として、休載期間中の練習メニューや取組状況を記しておきます。
いろいろと試行錯誤した8月、ワタクシ的にも備忘録として今後に活きるような気がするので
出来るだけ詳細に記載するつもりです。
初回のテーマは「練習メニューの見直しについて」。







++++++++++








そもそも7月末時点で「練習がうまくこなせない」状態に陥っていた。
長居ぐるぐるで距離だけはそれなりに踏んだものの走るペースは上がらず
その翌週末も思うように距離を踏むことができなかった。
特に故障をしているわけではなかったので、考えられる要因は以下の3つ。





① 体調面のコンディション不良(疲労蓄積など)


② 精神面のコンディション不良(燃え尽き症候群など)


③ 走力不足(走力と練習メニューの乖離など)





これらの3つのいずれかなのか、あるいは複数の要因なのか。
自分なりにしっかりと状態を把握した上で立て直したいと思ったのでブログ休載を決定。
まずは8月の練習計画をしっかり立て、それをこなしていくことに集中しようと考えた。








当初立てた8月の計画は「月間310kmペース」。
1日10km走れば目標達成なのだが、休養日が入る分週末ロング走で距離を踏む計画。
とりあえず8月第1週、取り組んでみた。





8/1(火):ジョグ10km

8/2(水):インターバル走1km×3+アップダウンジョグ 計11.7km

8/3(木):レスト

8/4(金):ジョグ7.4km





そして週末のいずれかで30kmレースペース走を実施する腹積もりだった。





8/5(土):17.8km

8/6(日):16.9km





・・・いずれも目標未達。
15kmを過ぎると脚が動かない感じ。
さて、困った。
上記3つの要因のうち、②精神的なコンディション不良(燃え尽き症候群など)はたぶん大丈夫。
燃え尽きるどころか燃え盛っているw
③については今さら悩んでも仕方がないww
そこで一昨年・昨年の7月・8月・9月練習データをひっぱり出してきて眺めてみることにした。
すると大きな発見があった。








自分では夏の間は距離重視、ロング走にしっかり取り組んでいるつもりであった。
しかし一昨年・昨年の7月~9月に30km以上のロング走を実施した回数は以下の通りだった。





一昨年(2015年) : 7月 1回、8月 0回、9月 1回 → 計2回

昨年  (2016年) : 7月 1回、8月 2回、9月 1回 → 計4回





す、少ないw
大してやってないやんwww
7月はいずれも長居ぐるぐる。
これまでで一番丹後の結果が良かった一昨年なんて、8月に1回もロング走をやってないという事実が発覚。
このデータを目前にして、ワタクシが取ろうとした選択肢は以下2つ。




① ロング走に拘らず、月間を通して距離を踏むことを優先する。


② ジョグの距離・頻度を落としてロング走に集中する。





ワタクシが採用したのはいずれか?
については、明日に続くwww





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
そしてご無沙汰しておりました。カブトムシです。
7月30日の記事を最後におよそ1ヶ月間休載していましたが、本日より更新再開です。
休載期間中にやったこと、考えていたことは追々記事にしていく予定です。
毎晩9時、夜のひとときのお供にw
あらためまして「カブノート」をお引き立てのほど、宜しくお願いいたします。








++++++++++








さていよいよ勝負の9月を迎えたところで、現在のコンディションを確認しておく。





◆体調は普通。


◆大きな故障はなし。


◆両足踵からアキレス腱にかけて多少の傷み有り(特に右)。


◆原因はふくらはぎのハリから来るもの、と言われている。


◆ただし、走るのに支障はない模様。





・・・うーむ、微妙だw
でも丹後本番までもう2週間余り。
四の五の言わずにしっかり仕上げていかねば。
8月中をどんな風に過ごしていたかは明日以降に書いていくのだ。







にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                                        2017.12.23 加古川マラソン(フル) 2018. 1.21  高槻シティハーフマラソン(10k)                2018. 1.28 大阪ハーフマラソン                                            2018. 2.25  東京マラソン(フル)                                                                     2018. 3.18 さが桜マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
日常のできごと (76)
ご挨拶 (3)
京都マラソン2013 (25)
RUNにまつわるあれこれ (646)
2013丹後ウルトラ (72)
2013大阪マラソン (35)
2013加古川マラソン (29)
2014泉州国際市民マラソン (36)
チャレンジ富士五湖2014 (45)
2014丹後ウルトラマラソン (63)
奈良マラソン2014 (21)
2014淀川市民マラソン (11)
トレイル関連 (5)
2014福知山マラソン (14)
2015京都マラソン (12)
2015丹後ウルトラマラソン (43)
2015篠山ABCマラソン (10)
2015チャレンジ富士五湖 (18)
2015大阪マラソン (5)
2015奈良マラソン (17)
カブトムシ改造計画 (17)
2016京都マラソン (1)
2016篠山ABCマラソン (16)
2016泉州国際市民マラソン (1)
2015福知山マラソン (20)
2016紀州口熊野マラソン (11)
2016とくしまマラソン (17)
2016丹後ウルトラマラソン (50)
2016大阪マラソン (18)
2016ユリカモメウルトラマラソン (8)
2016奈良マラソン (15)
2016神戸マラソン (2)
2016福知山マラソン (9)
2016加古川マラソン (16)
2017紀州口熊野マラソン (7)
2017姫路城マラソン (5)
2017篠山マラソン (3)
2017丹後ウルトラマラソン (46)
2017神戸マラソン (4)
2017大阪マラソン (5)
2017水都大阪ウルトラマラニック (19)
2017鯖街道ウルトラマラソン (13)
2017飛騨高山ウルトラマラソン (19)
2017エア柴又 (3)
2018東京マラソン (2)
2018丹後ウルトラマラソン (1)
2018FAIRY TRAIL高島朽木トレイルランレース (3)

ブロとも申請フォーム