FC2ブログ
ポラロイド写真
  • 2019年12月

回り込み解除

回り込み解除

あっという間に過ぎていった2019年も最終日。
ざっくりと今年一年を振り返っておく。
昨年、2018年は水都大阪で100km初完走という成果はあったものの
丹後は40kmぐらいでDNF。
フルマラソンも5時間前後を彷徨う体たらくで
とても充実した1年とは言えなかった。
そんな状況で迎えた2019年最初の記事がこちら





謹賀新年2019。





不甲斐ない1年を過ごした自分への苛立ちが見てとれる内容だ。
そんな決意を持って過ごした1年の主な成果は以下の通り。




▪️2月の姫路城マラソンで久々のサブ4.5(ネット4時間16分)もPBには届かず


▪️4月の水都大阪は2年連続の100km完走。
 前年比40分ほどタイムを縮めたが目標の14時間切りには14分余り届かず


▪️6月の飛騨高山71kmは前年比1時間10分速い9時間40分余りで完走も9時間半切りには届かず


▪️9月の丹後は過去最長、71.8km碇高原関門まで到達するも完走には届かず


▪️12月の加古川マラソンで3年10ヶ月ぶりにPB更新するもサブフォーには4分半届かず





全部「届かず」w
フルマラソン・ウルトラマラソンとも過去実績を上回る結果を残すことができ
まだまだやれるという手応えは十分に得ることができた。
しかし、自分の目標という観点からはまだ何も成し遂げてはいない。
そういう意味で来年は大事な1年になる。
悲願達成!の記事が書けるように全力で頑張る。













2019年はこのぐらい走りましたw
今年1年、様々なところでご一緒したくださった皆さま、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
良いお年を!




にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

昨晩通常更新を1日前倒しにしておいて、本日は来年の新年会について。
昨日いったん申し込みを締め切り、本記事の最後に出席者のお名前を記載しております。
ご参加の連絡をいただいている方はご確認願います。
また、締め切り後に参加できるようになった方もご相談いただければできるだけ対応しますので
何らかの形でご連絡ください。
開催要領を再掲しますのでご参照願います。



+++++++++++++++++++



【新年会のご案内】



恒例の新年会を以下の要領で開催します。



◆日時:2020年1月12日(日)17時スタート


◆場所:アサヒスーパードライ OCATモール(前回と同じ会場です。)

    
◆会費:4,000円程度


◆参加者(1月10日現在23名、順不同・敬称略)


山ちゃん
なーくん
サト
えむ
ごえもん
やべっち
じぇーてぃー
ちょーみん
sachi
とりしゅん
まるさき
マシュー
あっくん
KJ
Twilightユキ
やまけん
きんきん
かおりん
ハマー(ちょっと遅れるかも🏉)
マッキー(ちょっと遅れるかも🏉)
ストラト


秘密兵器まなみ
カブトムシ





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

<1週間の練習記録>


【12/23(月)】 OFF
【12/24(火)】 OFF
【12/25(水)】 OFF
【12/26(木)】 OFF
【12/27(金)】 ジョグ10km @641
【12/28(土)】 朝ジョグ10km @656+ハニワ祭りジョグ9.7km
【12/29(日)】 Eペース走10km @620



+++++++++++++++++++++++++++++



〈今週のトピックス〉



加古川翌日の記事に書いた通り、脚の筋肉痛はほぼ皆無だったが
通常のレース後よりカラダの疲労感がすごかったので無理せず4日連続ランオフ。
睡眠時間を1日9時間とかできるだけたっぷり取って回復に専念。
金曜日からジョグで再始動。
土日もキロ6分台~キロ7分のゆるジョグで疲労除去に専念。
ぼちぼちポイント練習を再開するかな。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

2020年の新年会、参加者募集中です。
新年会概要・参加表明は こちらの記事 まで。
締め切りは明日日曜日までです。
参加いただける方はお早めにお願いします。



++++++++++++++++++++



こんばんは。
加古川マラソン関連記事は昨日で終了したが、連続更新ついでにもう1発。
今回初投入したヴェーパーフライ ネクスト%(以下ネクストくん)のレビューを掲載しておく。
速いランナーのレビューは結構あると思うが、ワタクシレベルのランナーによるレビューは
もしかすると貴重かもしれないので、需要の有無にかかわらず書いておく(笑)
ちなみに初代ヴェイパーフライ・ヴェイパーフライフライニットは試し履きすらしたことがないので
旧モデルとの比較は困難な点はご容赦願いたい。





大阪マラソンを控えた11月中旬。
とあることがきっかけで我が家の秘密兵器(一説には最終兵器とも言うらしい)が
誕生日プレゼントとしてネクストくんを買ってくれることになった。
(ちなみに兵器は未だにヴェイパーフライのことを「よんぱー」と呼んでいるw)
兵器は大阪マラソンに間に合うタイミングでの購入も可、としてくれていたが
EKIDEN PACKが12月3日にリリースされるという情報を得たばかりだったので
そのタイミングで購入することにした。
今年に入ってからトップ選手がVFシリーズの練習用モデルとして使用していると評判の
ズームペガサスターボシリーズをレースシューズとして使用していたので
おそらくネクストくんは抵抗なく履けるだろう、と思っていた。





ネクストくん購入が決まってから喜び勇んでSTEP某店にて試し履きしたが
最初の感想は「これ、反則やん(笑)」
歩くだけで足が勝手に前に進んでいく。
数年前に初めてHOKAONEONE CLIFTON(たぶん3だったと思う)を履いた時も
あまりのふかふかさに「これ、反則やん」と思ったが、今回はそれ以上。
サイズはペガサスターボ2の27.0㎝からワンサイズ上げの27.5㎝がマイサイズ。
(ちなみに初代ペガサスターボは26.5㎝)
初代ズームフライを履いていた際にネックとなった右足小指がシューズにあたる不快感もない。
→実はこの不快感で購入を断念しているシューズは結構多い。(直近例)カーボンロケット





EKIDEN PACKが発売になってからNike.comでポチって自宅にネクストくんが到着したのは12月5日。
2日後の12月7日(土)に10kmペーランをする予定にしていたので、そこでネクストくんを初投入。
リザルツはこちら。ドン。











大阪マラソンから1週間足らずなので、脚には若干の疲労感を残した状態でのペーランだったが
スタート直後からネクストくんが火を噴いた。
というのも、入りの1㎞はものすごく抑えて入ったにも関わらずオートラップを確認すると531。
その後も楽なペースで走り、後半は少し力を入れて走っただけですっとキロ5分を切っていく。
噂にたがわぬ高性能シューズだと感じた。
着地方法が悪いとバコバコ音がする、という評判も聞いていたがそのようなことも特になく、シューズのフィット感も良い。
あまりにもったいないのでダウンジョグをするために別のシューズに履き替えに行ったほどである。





次にネクストくんを装着したのは加古川マラソンの1週間前の10kmペーラン。
こちらでも好感触は変わらず。
加古川マラソン当日の天気予報が雨と曇りの間を行ったり来たりしていたので
当日が雨予報でなければネクストくんを加古川マラソンに投入することとした。
(雨予報の場合は路面が滑ってストレスになる懸念があり、大阪マラソン同様ペガサスターボ2で行く予定だった)
ネクストくんを投入した加古川マラソンの結果は既報の通り。
フルマラソンを走った後の感覚は以下の通り。



・確かにスピードも出るが、利点はむしろ長い距離を楽に走ることができるような気がするところにあると思う。


・着地方法についてフォアフットは特に意識せずミドルフット着地を心掛けたが、それでも
 カーボンプレートの恩恵を受けることはできたような気がする。
 ヒールストライクだとどうなるかはよくわからない。


・一定の距離を超えると、具体的には脚の筋力が落ちてシューズを制御する力が衰えると
 反発をコントロールしきれずロスが多くなる、という評判をよく耳にするが、
 残念ながら自分の感覚ではその真偽のほどは判別できなかった
 ☞35km以降のハムストリングスや背中の攣りはネクストくんの影響だと思うが、
   プレートの反発がロスにつながったどうかについては体感できなかった。


・シューズのサイズ感や足幅については全く問題なし。





次走・姫路城マラソンまでに脚力を更に強化して、ネクストくんの威力をゴールまで使い倒せるように頑張る。




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

2020年の新年会、参加者募集中です。
新年会概要・参加表明は こちらの記事 まで。
締め切りは12月29日、今週日曜日までです。
参加いただける方はお早めにお願いします。




+++++++++++++++++++++++++++++




こんばんは。
加古川マラソン2019を振り返るシリーズの最終回は
次走・姫路城マラソンでサブフォーを必達するために気を付けることを何点か纏めておく。
昨日の記事で失速しないために注意するポイントを列挙したため、なんとなく暗い感じの記事になったが
もちろん好走することができた要因もあったため、こちらも忘れずに記して明るく年を越そうという趣旨だ。
それでは早速行ってみよう♪



◆レース序盤からガツガツ行かないこと(笑)


今回の出だしも実際には当初予定よりは速いのだが、気持ち的にはかなり抑えて入った。
結果的に速かったのはおそらく課金効果=VF効果だと思われる。
姫路城が加古川と決定的に違うのは、たぶん今年と同じBブロックスタートで
加古川ほど後ろのランナーに抜かれ続けることがなく
サブフォーペーサーをスタート直後からロックオンできるため
目指すペースを刻みやすい環境にあること。
(今年の姫路城においてサブフォーペーサーはBブロック先頭からのスタート。)
コース形状も前半16km付近、塩田温泉郷の折り返しまでは登り基調でもあるので
サブフォーペーサーを視界に捉えながら脚を使わずにゆったりと前半戦をやり過ごすことが肝要だ。




◆練習メニューは従来路線を踏襲すること


姫路城までの基本的な流れはおおよそ以下の通り。


年末年始の走り込み→高槻・大阪のハーフ2連戦→3週間前の30km走→テーパリング


ベースとなる練習メニューは加古川までと大きく変えるつもりはない。
平日に1回ポイント練習(スピード練習)・週末に距離走及びペーランという構成だ。
気を付ける点としては


・スピード出力をもう一段上げる→レースペースの余裕度を上げる

・ハーフ2連戦を効果的に活用する→「出たとこ勝負」ではなく明確な戦略を持って走る

・距離走はある程度アップダウンのあるところでも実施すること→脚力強化のため


となるが、より意識すべきは「設定タイムに拘る」ということ。
某著名陸上系Youtuberによると、レースで突っ込む癖のある人は練習でも設定ペースに抑えることができないケースが多いとのこと。
例えばペーラン・キロ540設定のところ、調子が良くて入りの1kmが530だったので「えーい、このまま行ってまえw」というのは結構心当たりがある話。
追い込む前提の練習で設定ペースを上回るというのはOKだそうだが
カラダが動くのをぐっとこらえて設定ペースを守る、という練習も必要という趣旨で
これはかなり納得感があると感じた。
(実は加古川1週間前のペーランを大阪1週間前より抑えたペースにしたのは、この動画を見たから。)
だから「速くもなく遅くもなく設定ペースに拘る」ことの重要性を肝に銘じたい。




◆レース直前は疲労抜きに徹すること


加古川マラソン直前は大阪マラソン直前と比べて練習を軽めに抑えた。
具体的な練習メニューは以下の通り。


           大阪直前               加古川直前
8日前(土)     LSD20km          10KmRP走@526+DJ2km   
7日前(日)   10kmRP走@517+DJ1km        JOG10km@635
6日前(月)      OFF                  OFF
5日前(火)     WALK3.3km             JOG5km@619
4日前(水)   5KmRP走@529+DJ2km       Tペース2km@457+DJ1㎞
3日前(木)      OFF                  OFF
2日前(金)   1km×1@438+UDJ4km       1km×1@446+UDJ2km 
1日前(土)      OFF                  OFF



その時々の体調や疲労度合いによってテーパリングのメニューは変わってくるが
1週間前のレースペース走は極力レースペースに近い形に抑え、
平日のメニューは距離を最低限に抑えるように努めた。
姫路城直前も体調や疲労度合いを見つつ、できるだけ強度を維持しながら距離を抑えることで
レース当日に万全のコンディションで臨めるよう調整したい。





加古川マラソン関連の記事は本日で終了。
今年最後に一定の成果を残すことができ良かった。
たくさんの応援ありがとうございました。




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

2020年の新年会、参加者募集中です。
新年会概要・参加表明は こちらの記事 まで。
締め切りは12月29日、今週日曜日までです。
参加いただける方はお早めにお願いします。



+++++++++++++++++++++++++++++



こんばんは。
加古川マラソン2019を振り返るシリーズの4回目はレース終盤の失速について
その要因と今後の対策を考えてみる。
前回の記事本文に記載した通り、失速の要因となったのは以下3点。


① 胃腸の不調

② ハムストリングスと背中の痙攣

③ 終盤のフラフラ感



1つずつ要因と対策を考えていく。



◆①胃腸の不調について
 
フルマラソン・ウルトラマラソンを問わず、ワタクシは胃腸がダメになるタイプ。
これまでの経験から
  
・電解質不足に対応するための電解質パウダー
 
・逆流性食道炎に対応するための主治医からもらったネキシウム
 
・胃酸過多をコントロールするためのガスター10
  
・胃腸回復目的の陀羅尼助丸
  

これらの薬を持参し、胃腸障害に対処しようとしていた。
通常の大会ならもっと早く不調になるところ、今回は妙に好調。
直前の32.5kmエイドでもベビーシュー2個とバナナ1切れを摂取できるほどだったため
35kmに至るまで持参した薬を全く服用していなかった。
そして急激に調子が悪くなったので、薬を飲むタイミングを失った。


 
…そら、飲まな効かんわなw

今後の大会では調子が良くても計画的に薬を服用すること!


それで問題が解決するかは知らんけどw



◆②ハムストリングスと背中の痙攣について
 
ふくらはぎは頻繁に攣るワタクシだが、ハムストリングスが攣ったのはたぶん初めて。
背中に至ってはなおさら初めてであった。
これはVF NEXTを起用したことと大きな関連性があると睨んでいる。
「VFを履くと足裏やふくらはぎのダメージは少ないかわりにハムや臀部に負担がかかる」
というのは、VF NEXTの使用感としてよく聞く話である。
これに関してはVF NEXTを着用して距離走をガンガンやればいいのかもしれないが
さすがにVFを練習には投入できないので(笑)
スクワットなどの補強運動を継続的に実施すること。



◆③終盤のフラフラ感について
 
この点に関しては大まかに2つの可能性があると考えている。
1つは「貧血」によるもの。
脚の着地衝撃による赤血球破壊や汗による溶出などが原因で
実は①に挙げた胃腸障害も貧血と関連性があると思われる。
対策としては日ごろの食事やサプリメント摂取による鉄分補給が考えられる。
  
そしてもう一つは「ハンガーノック」によるもの。
今回のレースでは特に20km付近・32.5km付近と空腹感を自覚した。
自宅で朝食を摂ったのがレース5時間前。
その後の補給用として
・おにぎり1つ
・カステラ1切れ
・どらやき1個
・バナナ1本
を持参していたのだが、実際に摂取したのはおにぎり1個(スタート3時間前)のみ。
移動やスケジュールの都合でやむを得ない部分はあったのだが
もう少し積極的に補給したほうがよかったかもしれない。
また、手持ちのジェルをもう1つ増やして10km以降5Kmごとに摂取するなども要検討。
ちなみに①の胃腸障害対策もハンガーノック対策になりうる(終盤でも補給できるため)。




次走・姫路城では同じことを繰り返さないように心がけたい。
そのためには大会前にこの記事を忘れずに読むことが重要だwww




(もう1回だけ続きます)



にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

2020年の新年会、参加者募集中です。
新年会概要・参加表明は こちらの記事 まで。
締め切りは12月29日です。




+++++++++++++++++++++++++++++




こんばんは。
加古川マラソン2019を振り返るシリーズの3回目は前回に引き続きレース展開について。
今日は30km以降のレース展開を振り返る。
30kmまでは恐ろしいぐらいに順調だったが、その後何が起こったのか。
加古川マラソンのコース・高低図は以下の通り。ドン。





kakogawa course

kakogawa updown







++++++++++++++++++++






30kmを2時間48分、サブフォーペースに対しておよそ2分の貯金を持って終盤戦に突入。
脚はまだしっかり動いていたし、貯金があるので少しならペースが落ちてもイケる。
32km通過、残り10kmでおよそ3時間=サブフォーまであと1時間。
キロ6で行けばサブフォー獲れるので無理せずブレーキを起こさぬよう慎重かつ大胆に。
空腹感を感じていたこともあり32.5kmのエイドで少しだけウォークブレイク。
ベビーシュー2つとバナナ1切れを補給するほど冷静だった。
34km手前、復路の加古川大堰登りはストライドは狭めてピッチを上げ
呼吸が上がり過ぎないように気を付けながらクリア。
大堰を渡り切って下った先にある35kmの給水所手前でカフェイン入りのジェルを摂取し
さあラストだと気合を入れなおす。






・・・最初の違和感はこの時に摂取したジェル。
比較的濃いめのジェルだったのが良くなかったのかどうかはわからないが
うまく胃になじまない感じがした。
そして直後の給水所で摂取した水分もカラダに吸収されず
胃のところで留まっている感触が残る。
「キロ550で十分」
そう声に出しながら前に進むも、36kmを過ぎてからさっきのジェルが逆流してきた。
以降、ゴールまでに立ち止まって嘔吐すること2回。☞ポイント①
このときの脚の状態。
これまでのレースで中盤以降痙攣してきたふくらはぎは2~3度「ピキッ」とは来たものの
ペースを落とさなければならないような痙攣は発生せず。
ただし、今回はハムストリング~臀部と背中が攣った。☞ポイント②
そしてカラダに力が入らなくなり、フラフラする症状も現れ始めた。☞ポイント③
これらの症状が合わさって大幅に失速。
なんとかPBは更新したものの、前半は信じて疑わなかった夢のサブフォーは掌から零れ落ちてしまった。







30km以降のランナーズアップデートはこちら。ドドン。











そして30km以降のGarminくんデータはこちら。ドドドン。













次回記事では失速の要因と今後の対策について考えてみる。



(続きます)



にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

2020年の新年会、参加者募集中です。
新年会概要・参加表明は こちらの記事 まで。
締め切りは12月29日です。




+++++++++++++++++++++++++++++




こんばんは。
加古川マラソン2019を振り返るシリーズの2回目はレース展開について。
今日は30kmまでのレース展開を振り返る。
加古川マラソンのコース・高低図は以下の通り。ドン。





kakogawa course

kakogawa updown




「河川敷は単調で退屈」という人もいるが、ワタクシは全く気にならない(むしろ好きw)。
それよりもアップダウンは加古川大堰を渡る2回のみであとはドフラットという
関西有数のスピードコースだ(と思っているw)。




++++++++++++++++++++




早速30kmまでのランナーズアップデートを再掲。ドドン。













今回のレースで心がけたことは




◆気温が低いこともあり、体が温まるまではゆったり入る。最初の5kmはキロ550ぐらいでもOK。



◆体が温まってからも無闇に飛ばさない。具体的にはキロ530より速く走らない。



◆ラップが遅くなってもムキになって取り返しに行かない。3~4kmかけてじっくり取り返す。




これら心がけたことがホントに実行できたかどうか検証タイムw
Garminくんベースのラップ(30kmまで)はこちら。ドドドン。













最初のラップが533。
どこが550やねんという話だがw
それでも自分的にはかなり抑えて走っていた。
以降は何とか節度を保とうとした形跡がみられる。
あまり時計を見ずにリズムを維持しながら走るように心がけると、なんということでしょう。
541と528が1つずつあるものの、それ以外はきれいに530~540の間に収まっている。
これもドフラットな加古川マラソンのコースだからこそなせる業なのだろうが
それにしても驚くほどうまく走れている→ホンマに自分か?ww





ところで加古川マラソンは登録と一般が時差スタート(一般スタートは登録の10分後)。
今回のように調子に乗って前の方に並ぶと(スタートロス4秒w)
ワタクシレベルではどのようなことが起こるかというと





◆スタート直後に登録ランナーの大半に抜かれまくり、3~4kmぐらいで周囲がいったんまばらになる



◆5Km前後から10分後スタートの一般ランナーが猛然と追い抜いていく(例えばいっちゃんw)



◆基本的に一般ランナーで追いついてくる人はワタクシより走力が上なので、延々と追い抜かれ続ける
 (今回でいうと高砂折り返し、25km手前ぐらいまでは追い抜かれ続けたw)





これだけ抜かれ続けるとどうしても後ろから煽られる形になり
適切なペースを維持することが難しくなるのだが
今回は集中力が凄かった。
一定のリズムを崩さないことに意識を置いて
周りの景色などは気にせず視線は少し落とし気味。
前のランナーの腰から下ぐらいをぼんやり視界に入れながら淡々と脚を動かす。






※LINEグループからお借りしています。ありがとうございます。





たぶんハーフ地点だと思うが、まさにこんな感じ。
後は1kmごとのオートラップだけGarminくんを確認するだけだ。
ちなみに補給は




◆10km:ジェル(ノンカフェイン・予定通り)


◆17.5km:ジェル(ノンカフェイン・予定通り)


◆20km:ブチシュー2個(予定外)


◆25km:メイタンクリアプロCC200(予定通り)




20km手前で少し空腹感があったので、エイドで止まらずに掴めたベビーシュー2つを追加補給。
ハーフ通過が1時間58分、30km通過が2時間48分。
いずれもサブフォーペースに2分程度の貯金を持って通過。
順調すぎるほどに順調だった。



(続きます)


にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
毎週月9の定時更新、掲載すべき先週の練習記録は加古川マラソン前日の土曜日に公開しているので
本日記載すべき事項は特にない。
よって更新をスキップしてもいいのだが、収穫・課題ともてんこ盛りの加古川マラソン2019を何回かに分けて振り返っておく。
初回の今日は大会翌日のカラダの状態について。




++++++++++++++++++++




カラダの状態に触れる前に、加古川マラソンでは満を持して秘密兵器を投入した。
それはこちら。ドン。











ZoomX Vaporfly NEXT% EKIDEN PACK。
我が家の秘密兵器がワタクシの誕生日プレゼントに購入してくれた秘密兵器→ややこしいw
EKIDEN PACK発売日にNike.comでポチっておいて
大会当日までに10kmのペーラン2回で足慣らししたうえで投入した。
VF NEXT%を履いて走ったことを前提に本日のカラダの状態は以下の通り。ドドン。




◆カラダ全体の重だるさはあるものの、大会翌日にしては脚のハリはほとんどない。



◆ただし、左足裏と30km地点エイド付近でグネった左足首はちょっと痛い。



◆そのほか故障系の痛みはない。





…やはり巷の評判通りレース後のダメージの残り方がかなり軽減されているようだ。
特に頻繁に脚攣りを起こすふくらはぎのダメージ感は他のシューズと全然違うと感じている。
ただし昨晩はカラダ全体が熱くほとんど眠ることができなかった。
細切れに取った睡眠時間は2時間あまり。
おかげで今日のシゴトは辛いことこの上なしw
年内はジョグのみの予定。
しっかりリカバリーしていこうと思う。
次回以降はレース展開について振り返り。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

グロス 4時間4分27秒
ネット 4時間4分23秒




2016年2月の紀州口熊野マラソンで出したPBを
3年10ケ月ぶりに5分更新しました!





しました!が…











35kmまでは「今日はサブフォー獲れる!」と思っていたのでわりと悔しいです(笑)
でも、35km過ぎてからはどうしようもなかった。
この4分半を2ケ月後の姫路城までになんとか削り出したいと思います。
1週間前に53歳になったおっさんでもまだまだやれる。
ということが確認できて嬉しいです。
一緒に走った皆さん、お疲れ様でした。
そして寒い中、たくさんの熱い応援ありがとうございました。




<おまけ>







すべてを出し尽くしたおっさんを介抱する保護者TH(敬称略)w
→ありがとうございましたm(._.)m



にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

2020年の新年会、参加者募集中です。
新年会概要・参加表明は こちらの記事 まで。
締め切りは12月29日です。




+++++++++++++++++++++++++++++




<1週間の練習記録>


【12/16(月)】 OFF
【12/17(火)】 ジョグ5Km @619
【12/18(水)】 Tペース2km @457+ダウンジョグ1㎞
【12/19(木)】 OFF
【12/20(金)】 1,000×1 @446+アップダウンジョグ 計3.5km
【12/21(土)】 OFF
【12/22(日)】 加古川マラソン42.195km(予定)



+++++++++++++++++++++++++++++



〈今週のトピックス〉



練習はとにかく最低限に留めた。
ピーキングがうまくいくと、練習の3倍に走れるという説があるらしい。
とある著名ランニングYouTuberさんが仰られていた。
ピーキングがハマると、例えば練習で10kmしか走れないペースで
レースでは30 kmまで走れるということのようだ。



・・・頼む。3倍、カモン( ゚д゚)














明日は年内最後の大勝負。
どんな結果になっても目標に向かって全力を尽くしてきます。
応援よろしくお願いします。




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

2020年の新年会、参加者募集中です。
新年会概要・参加表明は こちらの記事 まで。



+++++++++++++++++++++++++++++



<1週間の練習記録>


【12/29(月)】 OFF
【12/10(火)】 ジョグ7km @622+WS×3
【12/11(水)】 OFF
【12/12(木)】 1,000×5+アップダウンジョグ 計10km
【12/13(金)】 OFF
【12/14(土)】 RP走10km @526+ダウンジョグ2km
【12/15(日)】 ジョグ 10km @635



+++++++++++++++++++++++++++++



〈今週のトピックス〉



奈良マラソン10km明けの月曜日は安定のランオフ。
火曜日は少しペースを落としたジョグを軽めにWS3本を添えて。
テーパリング期間に入っているので平日練習は負担のかかり過ぎない2日が望ましいのと
忘年会明けということもあり水曜日はランオフ。
木曜日はスピード練習。
今回のメニューは王道・センバル5本。
フルマラソンでの再現性を考慮して設定ペースは落としめの510-520。
ただしレストはやや短めの90秒でスタート。
リザルツ、ドン。









気持ちペースは速めだがそれほど無理なく走れているので悪くない感じ。
金曜日をランオフして加古川1週間前週末に突入。
土曜日はペーラン10km。
リザルツ、ドドン。











最初のラップは150mぐらいロストしてるので実際は542ぐらい。
大阪マラソンの1週間前にも10kmぺーランをやっていて、その時の平均ペースは517。
レース想定ペースよりは少し速すぎたし、それが大阪マラソン序盤の突っ込みにつながったのかもしれないので
今回は少し落ち着いて走るように心がけた。
知らんけどw
楽に走ることができたし、カラダの動きも良かったので決して調子は悪くないと思っている。
日曜日は調整ジョグ10km。
年内最後の勝負レースまで1週間を切った。
しっかり疲労を抜いて万全の状態でスタートラインに立ちたい。




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

本日はイレギュラー更新。
告知をさせていただきます。
恒例の新年会を以下の要領で開催します。



********************



【新年会のご案内】



恒例の新年会を以下の要領で開催します。



◆日時:2020年1月12日(日)17時スタート


◆場所:アサヒスーパードライ OCATモール(前回と同じ会場です。)

    
◆会費:4,000円程度


◆第一次締め切り:12月29日(日)



ブログ村村民もそうでない方も
ブロガーもノンブロガーも
ランナーもそうでない方も、もちろんオッケーです。
みんなで楽しく、ワイワイやりましょう。
ご参加いただける方はこの記事にコメントをお願いいたします。
(出席者管理のために参加表明は本記事コメントに集約させていただきますのでご了承願います。)
なお、「我こそはシークレットゲストだ!」という方は鍵コメでお願いしますwww
奮ってご参加ください(^^)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

<1週間の練習記録>


【12/22(月)】 OFF
【12/23(火)】 ジョグ6km @758
【12/24(水)】 ウォーキング40分 @935
【12/25(木)】 OFF
【12/26(金)】 Eペース走10km @556
【12/37(土)】 RP走10km @521+ダウンジョグ2k
【12/18(日)】 奈良マラソン10km 48分48秒→PB



+++++++++++++++++++++++++++++



〈今週のトピックス〉




大阪マラソン明けのリカバリーは木曜日までで
金曜日から通常メニューに復帰。
金曜日はEペース走。
今後はEペースを少し速めるように、具体的にはキロ6を切るくらいとなるよう努力してみるつもり。
土曜日はペーラン。
レースペースより速いペースを意識してスターティン。
リザルツ、ドン。











加古川2週間前なのでホントは20km走っておくべきなのだが
大阪マラソンのダメージを考慮して10kmに留めておいた。
その代わりラスト3kmは翌日の奈良マラソン10kmを念頭に置いて少し追い込んでみた。
悪くない感じ。
そして日曜日は奈良マラソン10km。
リザルツ、ドドン。
















これまでの10kmPBであった51分03秒(2018年1月:高槻シティマラソン10km)を大幅に上回るPB達成。
・・・なのだが、距離が少々短いようで若干複雑。
今回初めて手動ラップに挑戦。
ラップの取り忘れもなくいい感じで処理できたのだが、ラップボタンを押すたびに
4分22秒とか4分6秒とかワタクシのとってはあり得ない数字が表示されて大混乱していたw
レース前は「5分10~20秒ぐらいのペーランになれば」という目論見だったが
なぜか最前列に並んでしまい(さすがにスタート時には3列目ぐらいに下がったけれど)
最初の下り坂を気持ちよく突っ込んだ結果、最初の1kmが4分29秒。
(これは陸連公認のフルマラソンと同じコースなので距離は正確なはず。)
こうなったからには「行くしかない」と腹を括ってぶっ飛ばした結果(当社比)、こんな出来上がりとなった次第。
フルマラソンほどではないけれど結構アップダウンの激しいコースで
基本的にはペースアップ=下り坂、ペースダウン=上り坂という極めてわかりやすいペース配分となっているが
最後の上り坂は特に頑張った。
ラスト1kmをキロ5(ちょっと零れてるけどw)で走れたのはかなりうれしい。
スピード出力は少しは強化されたかな?





2018takatsuki





そういえば高槻10kmも若干距離が短かったんだったw
Garminくんベースで高槻@510→奈良@505なので、やはりPB更新ということでいいですかね(゚∀゚)
加古川まであと2週間。
引き続き調子は悪くないので、体調管理を含めて慎重に仕上げていく。




にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除






故障やアクシデントではございません。
分不相応に突っ込んだ結果、派手に激沈するという
よくあるやつでございます。
5km出前、二手に分かれて陣取った応援隊の両方から
「速過ぎる~」という悲鳴のような声があがってましたが
仰る通りの結末となってしまいました(涙)
練習メニューの中で「レースペースの距離走が欠けている」と考えているので
「30kmRP走+激沈」という裏目標も叶わず。
今日の結果を踏まえて加古川~姫路城の戦略をリスケします。
またもや不甲斐ない結果で恐縮です。
応援ありがとうございました。





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2020. 4.19 水都大阪ウルトラマラニック(中止)                                                                    2020. 5. 3 ユリカモメウルトラマラソン(中止)                                                                                              2020. 6.14 飛騨高山ウルトラマラソン(中止)                                           

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日常のできごと (78)
ご挨拶 (6)
京都マラソン2013 (25)
RUNにまつわるあれこれ (682)
2013丹後ウルトラ (72)
2013大阪マラソン (35)
2013加古川マラソン (29)
2014泉州国際市民マラソン (36)
チャレンジ富士五湖2014 (45)
2014丹後ウルトラマラソン (63)
奈良マラソン2014 (21)
2014淀川市民マラソン (11)
トレイル関連 (5)
2014福知山マラソン (14)
2015京都マラソン (12)
2015丹後ウルトラマラソン (43)
2015篠山ABCマラソン (10)
2015チャレンジ富士五湖 (18)
2015大阪マラソン (5)
2015奈良マラソン (17)
カブトムシ改造計画 (17)
2016京都マラソン (1)
2016篠山ABCマラソン (16)
2016泉州国際市民マラソン (1)
2015福知山マラソン (20)
2016紀州口熊野マラソン (11)
2016とくしまマラソン (17)
2016丹後ウルトラマラソン (50)
2016大阪マラソン (18)
2016ユリカモメウルトラマラソン (8)
2016奈良マラソン (15)
2016神戸マラソン (2)
2016福知山マラソン (9)
2016加古川マラソン (16)
2017紀州口熊野マラソン (7)
2017姫路城マラソン (5)
2017篠山マラソン (3)
2017丹後ウルトラマラソン (46)
2017神戸マラソン (4)
2017大阪マラソン (10)
2017水都大阪ウルトラマラニック (19)
2017鯖街道ウルトラマラソン (13)
2017飛騨高山ウルトラマラソン (19)
2017エア柴又 (3)
2018東京マラソン (4)
2018丹後ウルトラマラソン (21)
2018FAIRY TRAIL高島朽木トレイルランレース (3)
2017加古川マラソン (7)
2017奈良マラソン (4)
2018さが桜マラソン (1)
2018水都大阪ウルトラマラニック (14)
2018ユリカモメウルトラマラソン (5)
2018飛騨高山ウルトラマラソン (2)
2018神戸マラソン (3)
2018加古川マラソン (10)
2018大阪マラソン (2)
2018奈良マラソン (2)
2019姫路城マラソン (10)
2019大阪30K (2)
2019とくしまマラソン (4)
2019丹後ウルトラマラソン (29)
2019水都大阪ウルトラマラニック (8)
2019ユリカモメウルトラマラソン (2)
2019飛騨高山ウルトラマラソン (8)
2019大阪マラソン (2)
2019加古川マラソン (20)
2019金沢マラソン (2)
2020姫路城マラソン (8)
2020丹後ウルトラマラソン (7)
2020キャノンボールラン春 (2)

ブロとも申請フォーム