ポラロイド写真

回り込み解除

21kmの磯部神社エイドでその時持参していた胃腸関係に関連する薬
ガスター10、陀羅尼助丸、五苓散をまとめて投入する。
これで症状が改善してくれることを願って。
22km前後で60kmの部スタート地点を通過する。
60kmに出走するなーくん、おぐらさん、やべっち夫妻が応援してくれている。
長居ファイトクラブのカツオさん、ゆきさんも声をかけて下さった。
この辺りは何とか走っていたからいいようなものの、
少しするとまた気分が悪くなって吐く。
本来ならば久美浜湾の景色を楽しみながら、淡々をLAPを刻んでいるはずの場所。
オレはいったい何をやっているんだ。










26km手前の碧翠御苑前エイド。
完全に足が止まった。
とりあえずトイレに並んで問題解決を図るよう努力してみる。
並んでいると後方からだれやねんさん通過。
何でも20分以上遅れてのスタートとのことだが、走ってないという割には元気そう。
トイレの順番が来て、不調はやや軽減。
時計を見ると、第一関門でタイムオーバーになる可能性が出てきた。
いくらなんでもそれはマズイ。
何とか足を前に進めて・・・










第一関門は制限時間7分前に到着した。









◆リザルツ<20km~30km>

丹後2016-3









第一関門を通過し、少し落ち着いて考えてみる。
事前に作成していたペース表では第一関門は制限時間の35分前通過。
つまり現時点で28分遅れている。
そして携帯しているペース表には記載していないが、
海山園で3分、七竜峠展望台で3分、浅茂川で5分、弥栄庁舎で10分の休憩を織り込んでいるので
ペース表に記載しているペースと比べて20分以上遅くても弥栄の関門は通過できる計算になる。
弥栄で制限時間ギリギリだとその後は極めてキビシイ戦いになるのだが
関門を通過しないことにはその先の戦いはあり得ない。
まずは目の前の関門を通過することに専念しよう。
そう思い直して再び走り出す。










身体面の不調に一区切りついたからか、
あるいは目標があらためてはっきりしてメンタル面で立ち直ったからか
少しずつマイペースで走ることができるようになってきた。
復路の浜詰駐車場を通り過ぎ、tenkoさんの幟の前を通過。
tenkoさんは既に浅茂川に移動した模様。
復路の七竜峠。
キロ10分設定だが、それを上回るペースで歩いていく。
一番最後のキツい登りをクリアすると復路の七竜峠展望台エイド。
ペース表比30分遅れぐらいで通過。
つまり海山園から七竜峠展望台まではペース表+2分ぐらいで到達している。
これは弥栄を通過できるかも。
一筋の光が見えたような気がした。










◆リザルツ<30km~40km>

丹後2016-4




(続きます。)




にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 6.11 飛騨高山ウルトラマラソン(71k) 2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム