ポラロイド写真

回り込み解除

こんばんは。
先週末から続いていた寒波はとりあえず一段落した模様ですが
また週末には寒くなる予定とのこと。
分厚い自前のミートテックを身に纏っているワタクシ、気温が多少低いのは歓迎ながら、
強風や吹雪はできれば勘弁願いたいと思っていますが果たしてそううまくいくかどうか。
そんな今日のテーマは今週末から始まる三連戦、
高槻ハーフ→大阪ハーフ→口熊野の取組み方について考えてみるの巻。
エントリー当初は昨年のこの時期は絶好調だったイメージもあり、
全部ガチで行けばホップ・ステップ・ジャンプやんか♪と思っていた。
ただ、今年に入ってから思うように調子が上がっていないため
あらためて取組み方を見直してみようという趣旨だ。








まず3つの大会のうち、一番ガチで臨みたい大会はどれなのか。
普通に考えれば最後に控えるフルマラソン・口熊野となりそうなものだが
今回に限って言えば、最もガチ志向なのは実は真ん中の大阪ハーフなのだ。
理由はいくつかある。
まず初めて走る大会であること。
そしてなんといっても大阪国際女子マラソンの裏番組なので注目度が高いこと。
そもそも大会自体が極めてガチ志向の大会であること。
エントリーフィーが3つの中で一番高いことw
また、コースもフラットでハーフの記録が狙えそうだというのも理由の一つだ。
大阪ハーフの翌週に控える口熊野についても、
その時点で持ち合わせている力を振り絞って頑張るつもりではあるのだが、
今シーズンのガチフルは2月26日の姫路城にするつもりで臨機応変に臨もうと思っている。








では、この点を踏まえて今週末の高槻ハーフをどう走るのか。
基本コンセプトは「大阪ハーフにつながる走り」。
具体的なタイム設定は前日の状態をみて決めるつもりなのだが
イメージでいうとビルドアップ的に走りたいと思っている。
高槻ハーフはコース形状の都合でスタートしてから2kmぐらいまでの間は大混雑する区間が生じるため
最初から想定ペースで走ることは難しい。
この特徴を逆手にとって、前半は抑えて後半上げていく形にすればハーフを気持ちよく走り終え
翌週の大阪ハーフにつながる走りとなるのではないか、と考えたのだ。








そして大阪ハーフでは撃沈上等、最初からガンガン突っ込んでいくつもり(あくまで当社比w)。
口熊野はこれら2戦の結果を見た上で、どのようなレースプランにするか冷静に判断したいと思う。
うーむ、我ながらなかなか名案だ。
あっ、高槻で最初から突っ込まない言い訳をしているわけではないですからね~www
そんな高槻当日の天気予報はこちら。ドドン。







20170118-2






おおっ、風があまりないo(^▽^)o
よかよか






にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 6.11 飛騨高山ウルトラマラソン(71k) 2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム