ポラロイド写真

回り込み解除

こんばんは。
本日のテーマは一昨日、昨日に引き続いて長居ぐるぐる2017の振り返り。
最終回は装備について。
当日の主な装備はこんな感じ。





・Patagonia ダックビルサンバイザ
・水都Tシャツ
・Houdini トレイルショーツ
・X Socks
・HOKAONEONE CLIFTON4
・yurenikui SPEED





まず、冷感タオルを首に巻くのを失念。
その結果首筋が剥き出しとなり、非常に暑かったコンディションも相まって体力消耗につながったと思われる。
冷感タオルがいいのか、それともハットがいいのかは今後の練習で再検証が必要だ。
また、今回ロング走で初めて試したのはHoudiniのトレイルショーツ。









vic2_442-152747









トレイルランナーのヤマケンさんが愛用しておられるもので、速乾性がウリ。
当日は走り出して間もなく全身汗でべちゃべちゃになり、その際は当然トレイルショーツも
もれなくべちゃべちゃになったのだが、確かに乾くのは速かった。
丹後当日はPatagoniaのナイントレイルショーツとの2択だが、パタゴニアはポケットが使いやすいという利点がある。
これも今後のロング走で再検証していきたい。









ウエストポーチについてはボトルホルダーの付いていないyurenikui SPEEDを起用して、250mlのフラスクを併用した。
長居ぐるぐる当日のように酷暑のコンディションだと、250mlのフラスクでは焼け石に水。
更に、背面のポケットにフラスクを入れるとジェル等を入れる容量が不足しそうな気もする。
ボトルポーチ付きのyurenikui TANTOの起用も含めて、最善策を探っていきたい。
最後にシューズについて。
発売されたばかりのHOKAIONEONE CLIFTONの新作である4を起用した。





















HOKAONEONEが「史上最高のクリフトンが誕生した」と力こぶを入れているだけあって
ウリであるクッション性は健在であり、かかとのホールドも悪くない。
ただ、ひとつだけ気になる点があって、それはアッパーが柔らかすぎるあまり、シューレースを結んだ感じがバチッと決まらず、道中何度か結びなおした。
この日は購入して履き下ろしということもあり、通常使用するシューレースに変えず、デフォルトのシューレースを使用したことが原因の一つかもしれない。
・・・と思っていると、わがままなおっさんがワタクシのシューズを一瞥して同じようなことを言い放った。
珍しく意見が合った模様w
今後のロング走でシューレースを変えて試してみるとともに、代替策についても準備を完了したので
こちらも最善策を探っていきたい。










ここまで読んでいただいてわかる通り、今夏の長居ぐるぐるでは装備の懸案事項は何一つ固まらなかったという話。
うーむ、なにやってんだかwww





にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                                            2017.10.29 FAIRY TRAILびわ湖(18k)                                                    2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                                        2017.12.23 加古川マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム