ポラロイド写真

回り込み解除

こんばんは。



今日は一日有休を取り、両親を連れてこちらに行ってきました。










男子プロゴルフツアーのパナソニックオープン。
両親が一度見てみたいと言っていたところ、首尾よくチケットが入手できたため、実家までの送り迎え付きで連れていってきました。
風は強かったもののいい天気で楽しんでもらえたようで良かったです。










それでは本題。
丹後レポ続編、スタートです。




**************************************************************************



弥栄庁舎のエイドを後にして後半戦に臨むのだが、何かやけにランナーの数が少ない。
いや、正確に書くと少ないのではなく『一人もいない』
エイドを出て横断歩道を渡って左折し、すぐのところにある自動販売機でアクエリアスを購入して保冷ボトルに補充。
体がヴァームウォーターを受け付けないので、ここからの給水は自販機を頼るか水しかない。
自販機の前で補充していると、背後から視線を感じ思わず振りかえる。
振り返ると一台の車がゆっくりと通りすぎようとしており、助手席のおっちゃんと目があった。
そう。その車のボンネットには黄色い布に大きな『後尾』の文字。
噂に聞いた最後尾を走る例のクルマである。






制限時間ギリギリまで休憩していたので、どうやら60kランナーの最後尾となってしまったようだ。
最後尾ランナーを追尾するクルマも、まさか自販機の前でランナーが停滞していることは想定していなかったようで
ワタクシを発見してあわてて急停車www
再度走り出すとワタクシの後ろをゆっくりとクルマがついてくる。
うわ、まさかの最下位wwww
何度後ろを振り返ってもゆっくりと一定の距離を開けてついてくる。
めっちゃプレッシャーwwww
よっぽどおっちゃんとクルマと一緒に記念撮影をしようかとも思ったのだが
さすがにそれはレース中のランナーとしてやったらまずいやろ、という考えのもと実行せず。
およそ2kmぐらいは最後尾カーとの並走となったが、男性ランナー2人と女性ランナー1人を抜いてようやく最後尾脱出。
最後尾カーははるか後ろに小さくなっていった。





最後尾の危機はとりあえず脱したのが、この後更に予想だにしなかった事態が発生する。
丹後60kコースは、100kコースの20k前後地点をスタートし当分の間は同じコースを走る。
ただし100kランナーの方が先行しているため関門時刻は早くなっている(例えば弥栄関門…100k:12時15分、60k:14時)。
そして弥栄庁舎を出て少しすると碇高原の方に大回りする100kのコースとショートカットする60kのコースの分岐が現れる。
コース図で見ると下記の通り。





丹後ルート図分岐






青実線が100k、赤点線が60kのコース。
もともと100kランナーの方が先行しているので最初から周囲に100kランナーはいないのだが
関門によって振るい落とされた60kランナーがいなくなるとほとんど一人ぼっちRUNが続く。
弥栄庁舎の34.2km地点から再び100kコースト合流する丹後庁舎の47kmまでのおよそ13kmの間、
ほとんどが一人ぼっちRUNとなってしまった。
はるか100m先にランナーとおぼしきシルエットがぽつんと見えるとか、そんな感じ。
孤独感満載。強い雨が降りしきる道路で車の往来もたまにしかない。非常に寂しい感じのRUNが続いた。
まさかウルトラマラソンに申し込んで一人で延々と走り続ける、というか歩き続けることになるとは思わなかった。
そんな状況なのでペースも上がらず、ズルズルと落ちてゆく。





40km通過タイム  6時間06分37秒(ラップ 1時間44分37秒)





ありゃ、㌔10分超えてる。
しかもペース表で引き直すと40kmは6時間01分48秒だからおよそ5分負けている。
ペース表のゴールタイムは9時間25分だから、ゴール地点での余裕時間5分を既に食いつぶしていることになり
きっちりペース表通りに走って制限時間キッチリというスリリングな展開となる。
このときワタクシが緊急で立てた作戦は
『100kランナーと合流する丹後庁舎まではできるだけ力を溜める』
というもの。
丹後庁舎まで辿り着けば100kランナーと合流するので一定のペースで引っ張ってもらえるはず。
その地点まではムリに走らず力を溜めておこう、という作戦。
ただ残り10kmの時点で一定の時間が残されていないとこの作戦は不発に終わるのでこの点には十分な注意が必要。
一応50km地点の通過タイム下限を8時間ちょうど、つまり残り1時間半は残そうというふうに算段。
あとは残りの時間を残りの距離で割り算しながら、一線を越えてしまわないように歩いたり走ったり。
進めども進めどものどかな田園風景は変わらない。
コース上曲がったりするところのポイントにはスタッフの方が待っていて下さる。
制限時間内で走っているのでワタクシが通ろうが通るまいが、彼らはそこに立っているのだが
何かワタクシが立たせているようで何か申し訳ない気がする。





そうこうしているうちに遠くの方にランナーが横切っている道路が視界に入る。
ようやく100kランナーと合流だ。
消耗しきっていた体に少しづつ力がみなぎってくる。
100kランナーに引っ張ってもらいながら丹後庁舎を目指す。
ほどなくお洒落な建物が見えたら、それが丹後庁舎。




丹後庁舎通過  7時間28分(制限時間 7時間38分)




丹後庁舎

(京丹後市HPより拝借。)


丹後庁舎エイドももちろんスルー。
おいしそうなエイド食とかマッサージのサービスとかいろいろあったみたいだけど、四の五の言わずにスルー(涙
ちなみに弥栄庁舎エイドでガッツリ休憩取って以降はエイドは全てスルー。
食料の補給は全くなしで、水分も弥栄で買ったポカリのみ。それもほとんど飲んでいない。
さあ、ラスト10㌔余り。いよいよ最後の勝負である。。。


(続く)





おまけフォト。今日は夕方5時から嫁と焼き鳥( ・∇・)
こんなことやってるから痩せへんねや(ToT)












***ブログランキング参加中です。とても励みになるので、応援Clickよろしくお願いします!!***



にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

丹後庁舎で合流した時、明らかに元気そうだったのは60kの部ランナーであったような…。100kの皆様はほぼゾンビではなかったですか?
人が増えて嬉しかったしこちらこそヨロシク、でした!
私は丹後庁舎通過が16時20分前後だからこのあとカブトムシさんとランデブーしてるんですね!小学校へと向かうダラダラ坂のとこかな~とか想像しました。

Re:

まちゃさん
いやいや、100kの皆さんはお元気でしたよ@対ワタクシ比ww
ご想像通りだとすると小学校前の坂辺りで追い抜かれたんですかね(笑)



>丹後庁舎で合流した時、明らかに元気そうだったのは60kの部ランナーであったような…。100kの皆様はほぼゾンビではなかったですか?
>人が増えて嬉しかったしこちらこそヨロシク、でした!
>私は丹後庁舎通過が16時20分前後だからこのあとカブトムシさんとランデブーしてるんですね!小学校へと向かうダラダラ坂のとこかな~とか想像しました。

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                                            2017.10.29 FAIRY TRAILびわ湖(18k)                                                    2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                                        2017.12.23 加古川マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム