ポラロイド写真

回り込み解除

こんばんは。




さて、ウルトラマラソンを終え、フルマラソンにターゲットを変えて再び練習を始めたわけだが、
またもや、というか再びある疑問がわき上がってきた。
実は6月にも こんな記事 を書いている。
そう、ジョグのスピードについて。
6月の記事内容を要約すると、ジョグのスピードを少し早めることによって走力の底上げができるのではないかと考えたが
ジョグのペースをグッと落とさないと(具体的にはポイント練習の2倍のペースが目安)故障リスクが高まる、という記事を読んで、
はてどうしたものか?というもの。




ちなみにその時に読んだ記事というのは、もちろん昨今俄然注目をあびている 『マイマイナミクス』!! 


…ではなく、田中猛雄氏の書籍『マラソンはゆっくり走れば3時間を切れる』だった。




ところが、上記記事を書いて程無く丹後向けの練習に特化し始めたため、スピード練習の類はほとんどやらなくなり
ジョグのペースについても㌔7分半とかのウルトラレースペース仕様に収斂していった。
このたび再びフルマラソン向けの練習に取り組み、スピード練習のようなもの(あくまでも当社比ww)を始めると、
また先般の疑問が頭を持ち上げてきたというわけである。





さてこの点について、ワタクシは今どのように考えているのか。
現時点での結論は『できるだけゆっくり走るようにしている』ということ。
ここ数か月、とにかくゆっくりしか走っていなかったのでそのペースが身についているという側面は否めない。
ただ、自分なりに大事にしたいと思っているのは『ゆっくりじっくり走ると疲れが取れる』という感覚が、なんとなくではあるけれどもようやく体感できるようになったことである。
6月に記事を書いた時には、正直言って『疲労抜きジョグ』の意味がよく分かっていなかった。
どれだけゆっくり走っても、結局疲れるやん。疲労抜きになんかならへんで、と思っていた。
ところがここ最近ゆっくりと、日によって違うのだが㌔7分半を超えるようなペースでちんたら走っていると
脚がだんだん軽くなり疲労が抜けていくような感覚を得られるようになったのだ。
これが『疲労抜き』か!?と眼から鱗が落ちるような感じである。





というわけで具体的に㌔●分というようにペースを定めるのではなく、体から疲労が流れ出るような感覚を感じながら
できるだけゆっくり走るように心がけている。
本日はランオフにしたが、この疲労が抜ける感覚を得るようになってからは、練習の休息日はランオフにしたほうがいいのか
あるいは疲労抜きジョグをしたほうがいいのかを迷うようになっている。


とはいえ、あんまりゆっくりとしたペースで走っていると、たまに早歩きのオバチャンとかに抜かれることがあり
それはそれでガッカリする。
いつの日か『㌔6分?軽いジョグペースですね、ふふっ。』などと言える日が来ればいいなあ、などと妄想するのであった。




***ブログランキング参加中です。とても励みになるので、応援Clickよろしくお願いします!!***



にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                                            2017.10.29 FAIRY TRAILびわ湖(18k)                                                    2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                                        2017.12.23 加古川マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム