FC2ブログ
ポラロイド写真

回り込み解除

こんばんは。
本日はランニングに全く関係ない話ですがご容赦のほど。


ここのところの週末は将棋がアツい。
いきなり将棋??と思われるかもしれないが
実は将棋ファン歴は相当長い。
自分でもネット将棋などで指すことは指すが、残念ながら圧倒的に弱いので趣味と呼ぶにもおこがましい状況。
ただ観る将棋ファンとしては相当熱心で、こちらは趣味といっても差し支えないと思う。


で、何がアツいかというと
3月23日から4月20日まで、毎週土曜日に『将棋電王戦』なるものが開催されている。
普通の棋戦との大きな違いはプロ棋士の相手が人間ではなくコンピュータである点。
つまり人間vsコンピュータによる5対5の団体戦なのだ。


『そんなん、コンピュータの方が強いんちゃうん?』というのが一般的な感覚だろう。
ちなみにチェスの世界では1997年にコンピュータソフトが世界チャンピオンに勝っているそうだ。
しかし、将棋においては今年まで男性プロ棋士はコンピュータに負けたことがなかった。
コンピュータとの対局を興行化するために公式での対局を制限していたという側面や、
女流棋士、引退棋士は既に負けているなどあと一歩のところまで来ていたが、
その一線は死守していた。


そして本格的な対抗戦としては初めての試みとなる今回の電王戦。
23日の第1局は人間の勝ち。30日の第2局はコンピュータが初めての勝利をおさめ、そこそこのニュースになった。
そして先週土曜日の第3局、ワタクシはニコニコ生放送にてじっくりと観戦した。


通常人間とコンピュータの対局だと、序盤から中盤は大局観に優れた人間が有利で詰みを読む場面となる終盤はコンピュータ圧倒的有利、というのが定説。逆に言えば序・中盤で優位を築かないとコンピュータには勝てない、ということになる。


第3局に登場したのは船江恒平五段。関西若手の俊英で直前公式戦は8連勝と好調を維持していた。対局開始後、序盤にコンピュータが意表の一手を指すもさしたる影響はなく小競り合いが続く。常に船江五段がやや優勢に進めていたように感じられるも、コンピュータの形勢判断はコンピュータ有利という不思議な、しかしある意味当然の状況が続く。


最終的に勝負を決したのは持ち時間であった。終盤の入り口でコンピュータ側に明らかな疑問手が出て、人間圧倒的優位の形勢になった時、船江五段の残り時間は30分を切っていた。人間ならばあきらめて形づくりや投了も考えられるところ、コンピュータに『諦める』という概念はない。ニコ生の観戦者も圧倒的に船江五段の応援が大勢を占める中、時間に切迫し細かいミスを付け込まれて最終的には187手で人間敗戦…。


しかし誰も敗れた船江五段を責めることはしないと思う。対局自体は非常に熱戦だったし、途中までは優勢だったわけで、一番人間らしい敗れ方をしてとも言える。何より、ニコ生の演出と人間に対して送られる声援の大きさが感動的でもあった。


もしご興味を持たれた方は、ワタクシのつたない文章よりこちらの観戦記をご一読あれ。
そして、明日は『塚田スペシャル』で一世を風靡した塚田泰明九段が登場する。
『人間の底力』を見てみたいものだ。


明日はちゃんとRUNの話を書くつもりでーす…。



↓↓↓ クリックお願いしまーす ↓↓↓



にほんブログ村
スポンサーサイト



テーマ:将棋
ジャンル:ゲーム

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2019. 9.15 丹後ウルトラマラソン(100k)                                                                     2019.10.13 あざいお市マラソン(ハーフ)                                                                       2019.10.27 金沢マラソン(フル) 2019.12. 1  大阪マラソン(フル)                                                               2019.12. 8  奈良マラソン(10k)                                                                                2019.12.22 加古川マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (5)
日常のできごと (78)
ご挨拶 (5)
京都マラソン2013 (25)
RUNにまつわるあれこれ (669)
2013丹後ウルトラ (72)
2013大阪マラソン (35)
2013加古川マラソン (29)
2014泉州国際市民マラソン (36)
チャレンジ富士五湖2014 (45)
2014丹後ウルトラマラソン (63)
奈良マラソン2014 (21)
2014淀川市民マラソン (11)
トレイル関連 (5)
2014福知山マラソン (14)
2015京都マラソン (12)
2015丹後ウルトラマラソン (43)
2015篠山ABCマラソン (10)
2015チャレンジ富士五湖 (18)
2015大阪マラソン (5)
2015奈良マラソン (17)
カブトムシ改造計画 (17)
2016京都マラソン (1)
2016篠山ABCマラソン (16)
2016泉州国際市民マラソン (1)
2015福知山マラソン (20)
2016紀州口熊野マラソン (11)
2016とくしまマラソン (17)
2016丹後ウルトラマラソン (50)
2016大阪マラソン (18)
2016ユリカモメウルトラマラソン (8)
2016奈良マラソン (15)
2016神戸マラソン (2)
2016福知山マラソン (9)
2016加古川マラソン (16)
2017紀州口熊野マラソン (7)
2017姫路城マラソン (5)
2017篠山マラソン (3)
2017丹後ウルトラマラソン (46)
2017神戸マラソン (4)
2017大阪マラソン (10)
2017水都大阪ウルトラマラニック (19)
2017鯖街道ウルトラマラソン (13)
2017飛騨高山ウルトラマラソン (19)
2017エア柴又 (3)
2018東京マラソン (4)
2018丹後ウルトラマラソン (21)
2018FAIRY TRAIL高島朽木トレイルランレース (3)
2017加古川マラソン (7)
2017奈良マラソン (4)
2018さが桜マラソン (1)
2018水都大阪ウルトラマラニック (14)
2018ユリカモメウルトラマラソン (5)
2018飛騨高山ウルトラマラソン (2)
2018神戸マラソン (3)
2018加古川マラソン (10)
2018大阪マラソン (2)
2018奈良マラソン (2)
2019姫路城マラソン (10)
2019大阪30K (2)
2019とくしまマラソン (4)
2019丹後ウルトラマラソン (21)
2019水都大阪ウルトラマラニック (8)
2019ユリカモメウルトラマラソン (2)
2019飛騨高山ウルトラマラソン (8)
2019大阪マラソン (1)

ブロとも申請フォーム