ポラロイド写真

回り込み解除

こんばんは。









昨日で奈良マラソンの振り返りを終えたので、
早速次のフルマラソンである京都マラソンまでの練習計画を考えてみる。
なお、京都マラソンの2週間後、篠山ABCマラソンにもエントリーしており、
実質的にはこれら2つのマラソンを一括りとして考えていくこととなる。









練習計画を考える前提として、今年の秋シーズンを簡単に振りかえっておく。




①丹後向け練習の後半、主に8月中旬以降調子を落とす。



②その結果、丹後は故障でDNF。



③回復までに1ヶ月余りランオフ。



④秋シーズン初戦の淀川市民はハイキング状態。



⑤その後何とか立て直して福知山→奈良で連続PB更新。









振りかえってみて感じるのは、
「走力向上のための練習」がほとんどできなかったということ。
具体的には「スタミナ強化のための走り込みの欠如」である。
福知山や奈良で感じた30km以降のスタミナ不足。
これらを改善するためには徹底的に走り込むしかない。
ただ、その際に留意しなければならないのは故障リスクの回避。









今年6月以降、丹後ウルトラ完走を目指して走り込みの強化を行なった。
目標は3ヶ月間で1,000km。
1ヶ月目の6月は順調に走り込めたのだが、やはり疲労が蓄積して抜けなかったのだろうか。
7月中旬に体調を崩し、8月中旬にはプチ故障で練習ペースが大幅にダウン。
結局これが丹後DNFの1つの要因となってしまった。








決して走り込みを否定するつもりはない。
むしろ、いくらでも走り込める体力とメンタルが欲しいとすら思っている。
ただ、自分の走力に見合った努力をしないと潰れてしまうというのも、残念ながら事実だ。
今回、京都・篠山に向けた練習計画を立てるのに一番考えたところはそこ。
具体的に言うと、
「ポイント練習ではキッチリ追い込む。
つなぎ練習ではリラックスして無理しない。」
ということだ。
前述の丹後向け練習では、距離を伸ばそうとするあまり平日のつなぎジョグまで通常の2割増しとか1.5倍とか
とにかくガンバロウと思って走った。
今回はそうではなく、つなぎジョグは自分の気持ちいいペースで気持ちいい距離に留める。
でもポイント練習ではしっかりと追い込む、というメリハリをつけようと思っている。
そんなことを気に留めながら立てた練習計画。
年明け以降の週末ポイント練習だけ抜粋するとこのようになる。







京都練習20141222








ポイントは3つ。
最も重要なポイント練習はレース3週間前、1月25日の30km走だ。
ペース設定は直前になってから。
ただ、自分の中でこう走れたらいいな、というプランは持っている。
2つ目はレース4週間前のハーフマラソン。
30km走の前週にスピード練習代わりに走る。
こちらもペース設定は直前に行うが、同様に現時点での青写真はある。
そして3つ目はLSDを多用すること。
㌔7分半から8分より早くならないようにペースをきっちり守ること。
加えてペース管理はピッチを落とすのではなく、ストライドを狭めることで行うこと。
時間が長くなるが、集中力が途切れてフォームが崩れないように緊張感を持って行うのが大事。









これらのメニューへの橋渡しとなる年末年始の練習計画は明日の記事で。





にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                                            2017.10.29 FAIRY TRAILびわ湖(18k)                                                    2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                                        2017.12.23 加古川マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム