ポラロイド写真

回り込み解除

こんばんは。
今日は大阪30K冬大会の総括記事。
本人もビックリの快走となった要因は何か、
思い当たることを備忘録代わりに書き記しておく。
少し長くなりますがご容赦願います。




◆要因その1:筋トレ効果。



昨年10月から始めた「カブトムシ改造計画」。
これまで記事にしてきたとおり、脚筋力を中心に間違いなく筋力アップしている。
また体幹メニューも含まれているのでこちらもアップしているだろう。
これまで自分で行ってきた30km走やそれ以上の距離を走るレースでは
フォームが維持できずにペースが落ちていくということがままあった。
筋力や体幹が強化されたことにより、今回の30Kでは最後までフォームを維持することができたのだろう。




◆要因その2:青トレのごく一部を実施。



カラダづくりの観点からいうともう一つ。
昨年12月の奈良マラソン後から「青トレ」に取り組み始めた。
「青トレ」とはもちろんご存知青山学院大学駅伝チームが取り組んでいるコアトレーニング・
ストレッチをまとめたもの。
ただし、本編のコアトレーニングはワタクシ的に全く感覚が掴めないので今のところはやらない。
後半の動的ストレッチと静的ストレッチのみ時間があればやるように心がけている。
ワタクシは股関節が人並外れて硬いので、すこしでもやわらかくすることにより
ストライドが無理なく伸びるようになるとタイムも上がると思っているのだ。
ただし取り組み始めて未だおよそひと月。
成果の程は定かではない。




◆要因その3:直前の3日間ランオフ



信太山以降ふくらはぎの張り、というかしこりが発見されたことに伴い
火曜日から木曜日まで3日間ランオフした。
もしランオフしていなかったとすると

火曜日:6~8kmジョグ
水曜日:インターバル走

のメニューをこなしていたはず(木曜はもともとランオフ)。
金曜日のジョグも5km程度に留めておいた。
結果的にこのランオフが脚をフレッシュな状態にすることができた、ということは考えられなくもない。
ただしホントにそうなのかどうかは確認しようがないのだが。




◆要因その4:ニューシューズとの相性



大阪30Kの前々日にまたもやニューシューズを入手していた。




















ミズノ・ウェーブライダー19。
レギュラーラストでサイズは26.0cm。
シューズ関連については別途記事を書きたいと思っているが、
ユリカモメ~丹後のウルトラ用として検討している。
大会前日のジョグで下ろしたが違和感がなかったため思い切って投入してみた。
30Kでダメならウルトラなんで当然あかんしね。






使用感はもちろん文句なし。
もう少し細かく言うと、道中10kmぐらいまでは少し違和感を持って走っていた。
右足の着地感がもう一つで「インソールを変えてみないといけないかも…」というような感じ。
ただそれ以降はシューズに関して何かを考えた記憶がない。
ということは相性が良かったと言えると思う。
adidasのBOOSTと比べると着地感は硬い。
ただいやな感じの硬さではなく、しっかりした感じで安定感がある類の硬さ。
また比較的軽い。GT-1000よりは間違いなく軽い。
したがって長距離になるほどいい感じになるのではないか、と期待している。
春までのフルマラソン3本のいずれかで再度投入してみるつもりだ。




◆要因その5:フォーム改造



今回の好結果につながった要因の中で、ワタクシが最も大きいと思っているのがこちら。
信太山の前日、シューズを探してスポーツ店巡りをしている最中にゼビオ梅田店に立ち寄った際に
あの決して広くはないシューズ売り場のスペースにトレッドミルが置いてある。
順天堂大学で箱根駅伝優勝メンバーとなった板倉具視さんという方がセミナーをやっておられた。
1,500円でワンポイントアドバイスと動画を送ってくれるとのことだったので、
なんの準備もしていなかったがとりあえずやってみた。
その動画がこちら。



<アドバイス前>












<アドバイス後>











「どこが変わった?」と思われるかもしれない^_^;
アドバイスを受けたのはホントにワンポイント。
「腕を下げてください」ということだった。
ワタクシの腕振りは極端に言うとこぶしが胸の横を通るぐらいの高さだが
(ブログ村のプロフィール写真ご参照。)
それでは腕を引きにくいし肩甲骨廻りの筋肉が緊張しっぱなしになるので疲労しやすいらしい。
なるほど、腕を下げて腕振りをしてみるとそれまでよりスムーズにできるし、より後ろまで引くことができる。
具体的にはこぶしが腰骨のあたりを通る高さで腕振りをすべし、とのこと。
こうするとスムーズになる分余計な力が抜けるので、長い距離を走ると効果テキメンですよ、とのこと。
アドバイス前は右肩が下がっているが、これも同時に矯正できる。
実はワタクシ自身も以前から自分のフォームに何となく違和感を感じていた。
どこがどう、というのがわからなかったのだが、何となく硬い。
このアドバイスでその原因が腕振りの高さにあったことに結び付き、瞬時に理解できたのだった。
試しに翌日の信太山で腕振りの高さを意識してみた。
…うーむ、効果の程はよくわからんが、とりあえずPBは出たぞ(^_^)







そして大阪30K本番。
それまで、例えば1月3日の長居練習会などでは比較的早い段階、10km過ぎぐらいでで脚の疲労を感じていた。
「前からこんなんだったっけかな?」と思っていたのだが、原因はこの辺りにあったのかもしれない。
それに比べて今回はそのような脚の疲労感は最後まで感じなかった。
先に指摘したランオフ効果などもあっただろうからどこまでこの要因が効いているかは定かではないが
大きな改善要因となっていたことは間違いないと考える。
ホントにワンポイントのアドバイスだったが、これで1,500円は安い(笑)







◆要因その6:アミノ酸ローディング+要因その7:クエン酸ローディング




まあレース前々日からNIを飲んでみたとか、当日朝のスポドリにクエン酸パウダーを混ぜてみたとか
その程度の取組なので詳細は割愛。






++++++++++





思いつく要因がこれだけあったらどれがホントに効いたのか、さっぱりわからない(笑)
そんなわけでこれからも手探り状態は続くんだろうな~と思うのであった。
最後に今回のデータを再掲。







大阪30K2016冬リザルツ






以上で大阪30Kの総括終了。
次は高槻ハーフだ








にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

No title

祝サブ3
ナイスランでしたね。

全部効果アリじゃないですか?
特にフォーム矯正が良い感じですよね。
1500円でPB出るなら安いw

今後のレースが楽しみですね^^

Re: No title

りょうたさん
サブ3祝福ありがとうございます(笑)
そうなんですよ。どれも効果がありそうなので
次走も全部やらないといけないという・・・。
けっこう大変ですwww



> 祝サブ3
> ナイスランでしたね。
>
> 全部効果アリじゃないですか?
> 特にフォーム矯正が良い感じですよね。
> 1500円でPB出るなら安いw
>
> 今後のレースが楽しみですね^^

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                                            2017.10.29 FAIRY TRAILびわ湖(18k)                                                    2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                                        2017.12.23 加古川マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム