ポラロイド写真

回り込み解除

こんばんは。
一目散に今日の本題。
4月号のランニングマガジンクリールに「レースウィークにやるべき10のこと」という記事が掲載されている。
6人のランニングコーチがそれぞれ10個ずつ「やるべきこと」を挙げておられるのだ。
結構共通することを挙げておられるケースもあるし、中には個性的なポイントもある。
その中からワタクシが共感したポイントを10個、備忘録がわりに掲載しておく。






①睡眠時間を確保する


これは6人中5人が挙げており、まあそうだよなという感じがする。
ただしどうやって睡眠時間を確保するかが問題だ。
前日は当日と同じ時間(=大概は早朝)に起床して、昼寝はしないなどが基本パターン。
あとは寝る前にスマホやTVを見ない、とか
アイマスクをして寝る、とか。


②ポジティブシンキング


これは6人中3人が指摘。
ワタクシ的には直前1週間よりもレース当日、走っている最中に
「絶対イケる!」と思うことは結構大事なような気がする。


③当日の流れを把握しておく


これも3人指摘。
篠山は昨年も走っているのであまり戸惑うことはないだろうが念のためもう一度確認しておこう。



④天候チェックとその対策を準備する


これも3人指摘。
天気予報は弊ブログはバッチリ(笑)なので、あとは天候に沿った装備を検討することが大切だ。



⑤カーボローディング


これは意見の分かれるところ。
積極的な意見が2名、炭水化物の過剰摂取を避けるべきが1名。
栄養のある食事という指摘が1名。ほどよくカーボが1名。
ワタクシ的には体重が増える方が嫌なのでいつもどおりで臨む。
なーに、エネルギー源は人並み以上に背負っている(笑)



⑥湯船につかる


3人指摘。
ワタクシは普段はシャワーのみ派だが、来週1週間は湯船に浸かろう。



⑦アルコール・カフェイン抜き


4人指摘。これは文句なしに採用。



⑧忘れ物防止のために前日までに持ち物を準備しておく


2人指摘。当日朝や現地についてからあたふたしないためにも大事な項目だと思う。
ワタクシはいつも持ち物リスト作成派。



⑨練習メニューを調整する



5人指摘。
テーパリングのやり方については、練習回数・走るスピードは変えずに
走る距離のみを減らすのがいいと聞いたことがあるので、そのやり方でやってみる。




⑩慣れないことはしない


5人指摘。
なるほど、焦っていきなりジャンピングランジなんかやって故障したら元も子もない(笑)
要するに平常心で臨むということなのだろうが、これがなかなか難しいんだなあ~。





さて、いくつできるだろうか。
今日の日本気象協会。






















昨日の予報と気温が全然違う(>_<)
こりゃどうなるか直前までわからないパターンのやつ。
でも曇り空なら多少気温が上がっても大丈夫なはず。
ポジティブシンキングは大切だ








東京マラソン、姫路城マラソンはじめ明日出走される皆さま、
ファイトでーす





にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017. 4.23 水都大阪ウルトラマラニック(100k)                                         2017. 5.21 鯖街道ウルトラマラソン(43k)                                        2017. 6.11 飛騨高山ウルトラマラソン(71k) 2017. 9.17 歴史街道丹後ウルトラマラソン(100k)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも申請フォーム