ポラロイド写真
  • 2017丹後ウルトラマラソン

回り込み解除

回り込み解除

こんばんは。
丹後直前特集も本日で最終回、いよいよ大会当日が明後日に迫ってきた。
毎年、丹後直前の金曜日と言えば、その年の丹後に賭ける意気込みを思い入れたっぷりに書いてきた。
3年前は「目いっぱいがんばってくる」と書いて大してがんばれなかった。
一昨年は「死ぬ気でがんばってくる」と書いて、某ヘリで運ばれていった。
昨年は「感謝」をテーマにしたけれど結果が奮わず、感謝も不十分に終わった。
さて、今年はどうする?










あらためて自分が書いた昨年の丹後レポを読み返してみた。
その時の気持ちや心の動きが昨日のように蘇ってきた。
総括記事の最後に自分へのメッセージとしてこう書いてある。





>でも来年の9月、丹後に向かう自分にこう声をかけたい。


>「準備はできた。後は自分を信じてしっかり楽しんで来い」と。




いやーーー、どうなんだろうなwww
「準備はできた」かと問われるとあんまり自信ない(>_<)
でも、一つだけ考えていることがある。
それは




「完走」に囚われすぎないこと。




以前から特に丹後に関してはたくさんの皆さんに応援してもらっていて、
自分でもその期待を肌で感じている。
だから毎年完走できず、不甲斐ない結果を繰り返すにつれて情けないと思うし
何としても完走して期待に応えなければ、と強く思うようになった。








・・・もちろん今でも強く思っていることに変わりはない。
でも、「完走」の2文字に囚われすぎていないか。
プレッシャーを必要以上に感じるあまり、前日夜に眠れなかったり体調不良を引き起こしたり。
そもそも自分がなぜ丹後100km完走を目指そうと思ったのかを思い出してみる。




楽しそうだから。


ワクワクするから。


今の自分にできる最大限の冒険だから。





だとしたら、楽しもう。
ワクワクしよう。
冒険なんだから、細かいことに拘りすぎずにチャレンジしよう。
冒険の結末が「完走」になれば言うことなし。
そんな気持ちを大切にしながら、今年の丹後に挑んできます。








例年通り明日現地入り。
例年と違って、今年は秘密兵器が前日からフル参戦(>_<)
ヤツにペースを乱されないように注意したいと思いますwww







++++++++++





という記事を用意していましたが、こうなりました。





2017丹後中止






「大変残念」という四文字では表しきれないぐらい残念ですが、安全第一ということを考えればやむを得ません。
でも、積んできた練習はきっと今後のレースに役立つはず。
秋から来年春のレースでその成果を存分に発揮したいと思っています。
今年の丹後はこれで終了(>_<)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も丹後直前特集。4回目のテーマはiPhoneのミュージック・プレイリストについて。
昨年「TANGO 100 Tunes」と銘打って、丹後のお供用にプレイリストを作成した。
そのことについて書いた記事がこちら。




丹後2016直前特集その7 ~TANGO 100 Tunesについて




記事にも書いてる通り、浅茂川以降でBluetoothイヤホンのスイッチを入れようと考えていたが
昨年はそれ以前に撃沈してしまったため、陽の目を見ることはなかった。
ただそれ以降、ロング走の際などに活用している。
今年の丹後に挑むにあたり、一部プレイリストの入れ替えを実施した。
また8月下旬の50km走の際に、8時間はもつと思っていたイヤホンが7時間しかもたないという事実が判明したため
曲数を100曲→86曲(演奏総時間を8時間→7時間)に厳選した。
そんな今年のプレイリストはこれだ!ドドン。









2017 TANGO 100 Tunes-1

2017 TANGO 100 Tunes-2









昨年と入れ替えた曲を中心にご紹介していく。
1曲目に記されている聞き慣れないタイトル。
これは箱根駅伝のオープニングテーマ曲である。
放送のオープニングで函嶺洞門を走る選手の映像などをバックに流れるあの曲である。
演奏は東京佼成ウィンドオーケストラ。
元ブラバン男子だったワタクシにとっては、青春時代によくお世話になったバンドだ。
最近のヒット曲、SISHAMOの「明日も」や星野源の「恋」もリストアップしている。
19曲目から20曲ほど続く怒涛のaiko様ゾーンは今年も健在だw
後半戦に目を移すと、バラードゾーンの締めくくりにチューリップの名曲「青春の影」をピックアップ。
そして今回追加した曲のうち目玉となるのは、後半戦に追加したオザケン2曲。
特に「強い気持ち 強い愛」はその当時から大好きな曲だったのだが、
iTunesなどになかなか音源がなくラインアップに加えることができなかった。
今回、このプレイリストのためにアルバムを1枚購入したったww
ラスト2曲は昨年と入れ替えて、今年は佐野元春の「SOMEDAY」がラストチューン。
予定では弥栄の関門を通過後にイヤホンのスイッチを入れて、ラスト1kmぐらいでSOMEDAYとなるはずなのだが、果たしてどうなるのかwww







++++++++++






そんなことよりTALIMの行方が気になる大会当日の天気予報。







20170914-1


20170914-2








うーむ( ̄▽ ̄;)






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も丹後特集。3回目のテーマは装備と補給について。
まずは装備から。
さっそく今年の装備表をご覧いただこう。ドン。










2017丹後装備










丹後100kmも今年で4回目。
装備もほぼほぼ固まってきている。
帽子関連については当日の天候によってPatagoniaのダックビルキャップ・バイザーをフレキシブルに起用。
今の予報ならバイザーで行くかな。
シューズについては昨日の記事の通り。
短パンはPatagoniaのナイントレイルショーツとHoudiniのトレイルショーツ、どっちにするか未だに決めかねている。
タイツはロング・ハーフとも着用せず、ゲイターのみで臨む所存だ。
あとはあんまり凝ったアイテムを使用する予定はないが、強いて言えばモンベルのスポーツ腹巻をどうするか。
ワタクシ、走り出して程なくまるで集中豪雨に遭遇したかのごとく、全身汗まみれになるのはご存知の方も多いと思うが
その汗が冷える際に、同時にお腹も冷えて調子が悪くなることがある。
それを回避するためにスポーツ腹巻を・・・と思っているのだが、腹巻自体も汗まみれになって
お腹を保護するどころかむしろ冷却を促進しかねない恐れがあるので、起用を躊躇しているところだw
また、当日雨が強いようであれば、冷え対策としてファイントラックも用意しておかねば。
あと、ビニールポンチョも必携だな。






次に補給について。
持参する補給用ジェル・サプリはこちら。ドドン。









2017丹後補給










基本的には1時間ごとにジェル1つないしはエイドの補給食を摂取。
MAGMAは10kmごと、VESPAは20kmごとに摂取。
岩本コーチのショップから購入したL-グルタミンの持参を検討したが、オブラートに包んだ粉末を運搬することが困難であり断念。
(丹後合宿の際に持参したが、汗や水分でオブラードが破れ粉だらけになったwww)
あとはガスター10・陀羅尼助丸は胃に変調をきたす前に早めに摂取して予防に努める。
できればロキソニンは飲まずに終えたいが、飲まざるを得ないような事態になったら
躊躇せずさっさと摂取して勝負する。
あとはへしこおにぎり・うどん・パン・バラ寿司・スープ・つみれ汁などのエイド食を楽しみに走る。
・・・って、ワタクシ、へしこって食えたかな??←密かに好き嫌い多いヒトwww
また、昨年までは弥栄庁舎・碇高原2か所ともドロップバッグを預けていたが、
今年は中間地点に近い弥栄のみに集約する。
碇高原にも一応何らかの補給食・ドリンクは預けるが非常用であり、
基本的には碇高原でのドロップバッグ受け渡しを省略することでタイム捻出を狙うのだ。
ま、ザックリしているが、事前にいろいろと細かく取り決めておいても本番は想定通りにいかないので
臨機応変に対応していくしかないからこれでいいのだ







++++++++++






大会当日の天気予報。







20170913-1


20170913-2






むしろ気になるのはこちら。







20170913-4








少し冷静に考えてみよう。
予報円が広すぎて、現時点ではなんと言えないのだが
台風の東側・南側が風雨とも強くなるはずなので
おそらく予報円の南側に逸れてくれれば影響はかなり抑えられるはず。
南側に逸れていく条件としては、高気圧の勢力が弱く偏西風の威力が優ればいいはずだ。
そうなる可能性は十分にあると思う。
もうひとつのシナリオとしては、台風の速度が予報より遅ければなんとかなりそう。
この場合の条件は、逆に偏西風の威力が弱く台風の速度が上がらないケースが想定される。
さあ、どっちに転ぶか(・∀・)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
本日も丹後直前特集。2回目は丹後のシューズについて。
・・・いやぁ、今回は相当迷走した(>_<)








当初は昨年も起用したHOKAONEONE CLIFTON3を投入するつもりだった。
昨年の丹後⇒今年の篠山⇒飛騨高山と起用し、何の不満もなかったからだ。
一つだけ難を言えばシューズの耐久性は格段に劣る。
昨年購入したCLIFTON3はまだ400km走っていないけれどソールの劣化が激しいことから
早くもペロンチョ状態だったので、今年も1足購入しようと思っていた。
6月中旬、飛騨高山を終えたワタクシはランウォークスタイルに行って新しいCLIFTON3を購入しようとしたら
店員さんがこう囁いた。
「もうすぐ新モデル、CLIFTON4が出ます。いいらしいですよ。」
なるほど。
素直なワタクシは1月ほど待って発売されたCLIFTON4を購入し、
さっそく長居ぐるぐるで起用してみた。
その時の感想がこちらの記事に書いてある。





長居ぐるぐる2017 振り返りその3~装備補給編。





ワタクシの嗜好によるものと思うが、CLIFTON3で感じた反発力を感じることができず
フィット感もイマイチ。
残念ながら丹後本番での起用は見送らざるを得ない結果となった。
そのため旧モデルとなったCLIFTON3の在庫を探し回り、ようやく1足入手。
便宜上CLIFTON3-2と標記するが、こちらのシューズは丹後合宿の初日に起用した。
やはり4に比べるとワタクシの足に合っている。
これで丹後のシューズは決まり・・・








のはずだったが、RWSのブログ記事を見たことにより状況は更に変化する。
その記事にはCLIFTONとTRACERの中間的シューズとして新しく発売されたCLAYTON2が紹介されていた。
もともとCLIFTON3も厚底シューズの割には軽く265g(27cm)。
これに対し、CLAYTON2は235g(27cm)と更に軽いらしい。
もしかしてこれか?と思いつつ、RWSを再訪し足を入れてみる。
おお、素晴らしい。
すかさずお買い上げし、8月ラストの50km走で試してみる。
CLIFTON3で感じる跳ね上がるような反発力ではないが、しっかりとクッションは効いており
しかもほどほどの反発力はある。
予想通り軽く感じられ、足運びはスムーズ。
かかとのフィット感も問題なく、より広くなったという前室によりCLIFTON3と比べてワンサイズ小さくしたが
足指付近にも余裕がある。

















というわけで、今年の丹後はHOKAONEONE CLAYTON2で走ります。
・・・これこれ、シューズ代にいくらかかったか計算しないwww






++++++++++




シューズへの投資が生きるかw 大会当日の天気予報。








20170912-1


20170912-2






・・・というよりも気になるのはこちら。







台風18号進路 20170912






うーむ、ホンマに来るのか??
・・・と思ったら、昨年も同じような状況だったみたいだ(*^_^*)







2016台風16号







こればっかりは運を天に任せるしかない。






にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

回り込み解除

こんばんは。
いよいよ丹後まで1週間を切ったので、当ブログも丹後直前特集を集中掲載。
と言っても9月に入ってブログ再開以降、ほとんど丹後に向けた話しか書いていないのだけれど・・・w。
そんな初回はいきなり最重要ネタ、当日のペース表について。
出来るだけ早く晒して、皆さんの目でもチェックしていただこうという魂胆だ。
まず毎度おなじみ、丹後のコース図・高低図はこちら。ドン。








丹後コース図2017





丹後高低図2017







昨年は結構コース変更があったが、今年は11km付近のエイド位置が変わる以外の変更はなさそうだ。
ちなみに60kmの部は弥栄庁舎から丹後庁舎の間でコース変更があるようなのでご注意を。
先月の丹後合宿でようやくコースの全体像が把握できたので、しっかり完走できるイメージがわ・・・



かない(>_<)
これらコース図・高低図を踏まえた今年のペース表はこちら。ドドン。








2017丹後ペース表【確定版】その1


2017丹後ペース表【確定版】その2










基本戦略は毎年変わらない、というか変えようがない。



① 53km弥栄庁舎までの平地はできるだけキロ7分をキープ。

② 七竜峠・碇高原の登りはしっかり歩く。ただし走れるところはできるだけ走る。

③ 碇高原の下りは飛ばし過ぎない←こんな心配はする必要ない??

④ 間人以降はとにかく粘る。





以上の戦略を表現したペース表となっているはずである。
また、先日分析した昨年完走者データとワタクシのペース表を比較するとこうなる。
比較対象はもちろん「13時間55分以上」の皆さん方だ。ドドン。









別案】丹後ペース表_2016Ave比較










昨年の完走者平均と比べると

① スタートはロス3分を見込んでいることもあり平均比遅い。
② 10km~30kmの平地で平均比頑張る計画。
③ 上りの弱いワタクシは七竜峠は平均比時間がかかるとみている。
④ 50km~60kmが平均比速いのは、弥栄庁舎での休憩を短縮することにより捻出。
⑤ あとはがんばるだけw

という構成になっており、我ながら納得性はあるww
なお、このペース表は走行時間以外に各エイドでの休憩時間合計30分を織り込んでおり
実際にはこの30分をバッファとしながら進んでいくこととなる。
ウルトラの大会などに出ると「丹後のペース表、参考にさせてもらいました」とお声掛けいただくことがあり、作成する方も力が入る。
作成者自身が未だ完走したことがないのが大変残念ではあるがwww、
今年こそは何とかしとめたいと思っているのだ。
さぁ、ペース表がブログに登場するといよいよ感が高まってきた(・∀・)






++++++++++






大会当日の天気予報。






20170911-1


20170911-2







降水量0mmということで、それほど雨が降らないのであれば
また蒸し暑くならないのであれば、これぐらいの方がいいのかもしれない・・・。
雨対策も講じておかなければ(>_<)





にほんブログ村

テーマ:マラソン
ジャンル:スポーツ

プロフィール

カブトムシ

Author:カブトムシ
丙午生まれの典型的なB型です♪

今後の出走予定

2017.10.29 FAIRY TRAILびわ湖(18k)                                                    2017.11.26 大阪マラソン(フル)                                         2017.12.10 奈良マラソン(フル)                                        2017.12.23 加古川マラソン(フル) 2018. 1.21  高槻シティハーフマラソン(10k)                2018. 1.28 大阪ハーフマラソン                                            2018. 2.25  東京マラソン(フル)                                                                     2018. 3.18 さが桜マラソン(フル)                  

最新記事

おひとつどうぞ

ランキング

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (4)
日常のできごと (76)
ご挨拶 (3)
京都マラソン2013 (25)
RUNにまつわるあれこれ (632)
2013丹後ウルトラ (72)
2013大阪マラソン (35)
2013加古川マラソン (29)
2014泉州国際市民マラソン (36)
チャレンジ富士五湖2014 (45)
2014丹後ウルトラマラソン (63)
奈良マラソン2014 (21)
2014淀川市民マラソン (11)
トレイル関連 (5)
2014福知山マラソン (14)
2015京都マラソン (12)
2015丹後ウルトラマラソン (43)
2015篠山ABCマラソン (10)
2015チャレンジ富士五湖 (18)
2015大阪マラソン (5)
2015奈良マラソン (17)
カブトムシ改造計画 (17)
2016京都マラソン (1)
2016篠山ABCマラソン (16)
2016泉州国際市民マラソン (1)
2015福知山マラソン (20)
2016紀州口熊野マラソン (11)
2016とくしまマラソン (17)
2016丹後ウルトラマラソン (50)
2016大阪マラソン (18)
2016ユリカモメウルトラマラソン (8)
2016奈良マラソン (15)
2016神戸マラソン (2)
2016福知山マラソン (9)
2016加古川マラソン (16)
2017紀州口熊野マラソン (7)
2017姫路城マラソン (5)
2017篠山マラソン (3)
2017丹後ウルトラマラソン (46)
2017神戸マラソン (2)
2017大阪マラソン (2)
2017水都大阪ウルトラマラニック (19)
2017鯖街道ウルトラマラソン (13)
2017飛騨高山ウルトラマラソン (19)
2017エア柴又 (3)
2018東京マラソン (2)
2018丹後ウルトラマラソン (1)
2018FAIRY TRAIL高島朽木トレイルランレース (1)

ブロとも申請フォーム